REONAわーるど

日々の暮らしについて、仕事・趣味・旅行について覚えておきたい出来事の記録です。

Take a look at this

吉報まだですね〜昨日の韓国記事から「パク・ユチョン事件」に戻り、スターの誣告罪議論

 30, 2016 06:04
ぶこくざい【誣告罪】

人に刑事処分または公法上の懲戒処分を受けさせる目的で,

関係官署に虚偽の告訴・申告をする罪。虚偽告訴の罪。




昨日の韓国記事


「 パク・シフとイ・ジヌク向け180度異なる視線、なぜ? 」

副題

「パク・ユチョン事件」に戻り、大衆スターの誣告罪議論


http://www.sisapress.com/journal/article/155986




翻訳機にかけました。




*********



性的暴行容疑で訴えられたパク・ユチョンに警察が容疑なしで糸口をつかんだ。



検察段階でどのような結論が出るまだわからないが、



一応はパク・ユチョンに有利な状況になった。



警察は、かえってパク・ユチョンを告訴最初、2番目の女性に誣告罪容疑を適用した。



誣告罪とは他人を刑事処分又は懲戒処分を受けることにする目的で虚偽の事実を申告した犯罪をいう。



パク・ユチョンから性的暴行をされていないのに虚偽の申告をしたという話だ。



警察は、パク・ユチョンは売春と詐欺の疑いを適用した。


パク・ユチョンを告訴した女性の一人がパク・ユチョンに金品を受けることにして性交をしたが、



パク・ユチョンが支払われていない状況があるということだ。



ところが、その女性は、検察から売春容疑を否定する可能性が高い。



売春を認める瞬間、自分の虚偽申告を告白するわけになるからである。





最終的には誣告罪が事件の核心になった。


パク・ユチョン事件がこのように性暴行事件で無実の事件に変わり、誣告罪への関心が大きくなっていく。










芸能人誣告罪の残酷史の始発、「チュ・ビョンジン事件」



当代最高のスターだったチュ・ビョンジンは、2000年に強姦致傷の疑いで起訴された。

1審で有罪が出てきたチュ・ビョンジンは最高裁判所まで行って無罪を受けた。

女子学生といってい被害者は、バーホステスだった、右の痕跡は知人に自分自身を打つもらって作成しており、

合意金を証人たちに配った情況まで明らかになった。

チュ・ビョンジン側でこの事件が強姦致傷ではなく、

自傷行為恐喝事件だったと、その女性を誣告と恐喝の疑いで告訴した。

大衆の脳裏に芸能人対象性犯罪誣告罪を最も鮮明に刻印させた代表的な事件だった。

その後も芸能人への誣告罪が、多くの場合、話題になった。

2009年に女性記者がソン・イルグクに暴行を受け全治6ヶ月が出たと主張している途中

誣告罪が認められ懲役8ヶ月を宣告された。 (中略)

芸能人対象はありませんが、

最近、無実の事件がさらに猛威を振るった。(中略)

パク・ヒョンジョン前ソウル市響代表にセクハラされたという暴露が出て大きな衝撃を与えた事件も、

結局無実でまとめた。

最初に加害者に国民的非難を受けた朴前代表は、無実を受けた被害者になった、

国民的英雄だったチョン・ミョンフン前ソウル市響の芸術監督とその妻が

誣告罪を教師したものはないかという疑いを受ける状況になった。




このようににぎやかな事件が誣告にまとめながら大衆の脳裏に誣告罪が深く刻印されてきうち

最近米国で姜正浩選手が性的暴行論議に包まれた事件でも、

現地ネチズンたちが女性の主張を疑うというニュースが伝えられ、

俳優イ・ミンギが今年の初めにに性的暴行告訴を受けたが無嫌疑でまとめたというニュースも最近発表された。




このような中でパク・ユチョン事件まで、警察が無実に向かって整理した。



もう大衆が芸能人提訴のニュースを聞いても、一度誣告罪から疑う状況になった。





その最大の受益者がすぐにイ・ジヌクである。

過去パク・シフが性的暴行疑惑を受けた時は、

大衆が事件当初からパク・シフを叱咤した(この事件も、結果は無嫌疑で終了した)。

一方、最近の起こったイ・ジヌク事件では、相手の女性が性的暴行の被害を主張するのにもかかわらず、

多くの大衆がイ・ジヌク肩を持った。

誣告罪学習効果が作用したためである。

むしろ相手の女性は、一般に美人局に集まっ非難を受けた。

もし、その女性が、実際の性的暴行を受けたことが正しければ、

大衆は許されない2次加害行為を犯したわけでなることもある。





芸能人を対象とした罪がどんどん表示されるのは、

芸能人がイメージと大衆正書法に絶対に影響を受ける特殊な身分だからである。

チュ・ビョンジンは無実の犠牲者であるにもかかわらず、

壊れた画像を回復していなかった。

のために芸能人は相手が泥の戦いをかけてくるとしたら、

合意に拡散しようとする傾向を示す。

まさにこのような弱さのため誣告罪の餌になるのだ。

誣告罪が特に性犯罪部門で現れやすいのは、性犯罪が非常に秘密の領域であり、

一度議論だけになっても、相手に与える打撃が大きく、

客観的な証拠がなくても被害を認められる可能性があるからである。






誣告罪の餌になりやすい「芸能人」と「性犯罪」




性犯罪の罪誣告罪質が特に良くないことは、これが性犯罪被害者への2次加害をもたらすからである。

性犯罪の無実事件を頻繁に接した大衆は性犯罪にあった人が表示されたら、

一度疑わからになって、手放しで美人局と烙印撮ることもできる。

または性的暴行の状況を細かく明らかと問わになることもある。

このような過程自体が2次加害となるものであり、

実際に保護されるべき本当の性犯罪被害者が、

このような恐怖のせいで問題を明らかに道自ら放棄する事態が生じる可能性があるのだ。


一部のメディアの報道姿勢も問題だ。

メディアは一度性的暴行を受けたと主張する人の方から入る傾向がある。





パク・ユチョンの事件の時も


多くの媒体の記事や放送パネルが


一方的に相手の女性の肩を持って性的暴行を既定事実化した。


事実上誣告に参加したのである。



マスコミがこれを行う理由は、当為意志が強いからである。

性的暴行を受けた人を守ってくれなければならず、

風俗店の従業員であっても、性犯罪から保護されるべきであり、


隠密な性犯罪は供述だけでも処罰しなければならないという当為的認識があまりにも強く、

女性の方から聞いた。

パパク・ヒョンジョン前代表に対する誣告事件の時も、

性犯罪は権力関係で発生するもので、

弱者の言葉に耳を傾けなければならないという当為的認識があまりにも強く、

事事態の初期のマスコミが市響の団員たちの言葉を既成事実として受け入れた。





被害を主張する人を頭から金を目的に近づく女とする一部の大衆の態度や、


被害を主張する人の言葉を最初から事実だと見なしてくれる一部メディアの態度ともに問題がある。


性急な断罪はいつももう一つの誣告に流れかねないからだ。


徹底的に事実関係を考えて慎重にアプローチする態度のみが、誣告の氾濫を防ぐことができるはずだ。





*********




こんな歴史があったんですね。。。。。

「チュ・ビョンジン事件」

冤罪事件ですね。

それでも、まだ繰り返そうとしていたんだ。

韓国社会。。。。。



ユチョン、、、、、、、、、、、



でも、


気を取り直して、



この文章は、もう一度。





その女性は、検察から売春容疑を否定する可能性が高い。



売春を認める瞬間、自分の虚偽申告を告白するわけになるからである。






最終的には誣告罪が事件の核心になった。





パク・ユチョン事件がこのように性暴行事件で無実の事件に変わり、



誣告罪への関心が大きくなっていく。







ああ〜本当に

吉報が待ち遠しいです。


もう、そろそろでしょうか?



静かに良い結果を待っています。








にほんブログ村 芸能ブログ JYJへ
にほんブログ村










COMMENT 2

Sat
2016.07.30
10:06

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
Tue
2016.08.02
01:03

れおな

URL

To 鍵コメさん

鍵コメさん

コメントありがとうございます。

はい。吉報待ち遠しいですね。

仰る様なちょっと息を潜めた様な気持ちになります。

ワタシには、煩く騒いでる様子は、本末転倒にも見えて来ましたよ。

結果が出るまで、静かに待ちたいですね。

いつも応援ありがとうございます。

れおな

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?