REONAわーるど

日々の暮らしについて、仕事・趣味・旅行について覚えておきたい出来事の記録です。

Take a look at this

フォトブック「ゆちょんへ」

 15, 2016 06:04





20160915023450a50.jpeg










昨日は、

2012年の9月14日は、ユチョンの台北ファンミだったんだ〜って

ちょっと思い出していました。



この時のユチョンって、

とてもかわいかったですね。



私にとっては、

この時が

韓国以外の海外の国での

初めてのイベントへの参加だったんです。




台北に行く決心をして、オマケに一人旅でしたが、

でも、どうしてもこの時、ユチョンに会いたかったみたいです。



そして、台北のイベントってなぜかいつも日程が、

平日になっていた様に記憶しています。

タイリク(土日)と他の東南アジアの国(土日)との間の日程?

まあ、私には、仕事の休みが取りやすい日程だったので、有難い。

それが決め手になって行く事に決めたように覚えています。






20160915023525e49.jpeg






今回のソウルへの旅と同じく遅い夏休みだったと思います。



ユチョンとは、関係なく

ずっと行きたかった憧れの街、九分にもこの時、初めて訪れました。




九分に実際に行くとなって、色々調べていたら、

十分での、あのランタン上げの事も知ることになり、

でも、この時は時間がなくて九分にしか行けなかったけど、

自分の中では、

いつかは、ランタン上げに行きたいと思ってました。

この旅があったから、2年後のランタン上げの旅へ続いたんでしょう。





この時は、初めての台北で、個人旅行だったので、

空港からホテルまでの送迎は現地ツアーってのを頼んでいたし

九分にも同じく現地バスツアー日本語ガイド付きってのを

わざわざ日本から申し込みしていました。

用意万端で出かけてましたね。

今では考えられないけど。

初めての台北だったから。

なんだか懐かしいなあ〜

釜山のポムさんもこのファンミに来ていたと後で知りましたが、

2012年のこの当時は、私たちは、まだ出会う前で、そんな事は知る由もない。



2年後にまた、台北に行く事になり、

それも大阪と釜山から現地合流で、

韓国人ユチョぺんさんと一緒に旅をする事になり、

前回には行けなかった十分に一緒に行けて、

ランタンも一緒に上げることが出来て、

再び九分にも訪れる事になるとはねーーー

未来には何が待ってるか分からないなあ〜


また、

いつかゆっくり、

この二回訪れた台北の旅、

ユチョンのファンミとJYJのリタコンについても

記録しておきたいと思いました。



その歌を聞くと

その時、その時の事を思い出すものですね。



ユチョンって、

その時の自分のお気に入りの歌を

歌って聞かせてくれますからね。

歌の力ってすごいなあーって思いました。





また、いつか、ユチョンの歌を聞かせて貰わないとね〜






さて、

前置きが長くなりましたが、

ここからが今回の記事の本題です。


今回のサポートで、ユチョンに贈ったのは、

過去・現在・未来。


だと思っています。


フォトブックとメッセージブックと応援バナー

この3つ。


一つ前の記事で、

やっとメッセージブック恋文の中から

少しだけですが

皆さんのメッセージを紹介させて頂きました。

読んで頂けましたか?

きっと、

読んでいただいたなら、

私が皆さんのメッセージを読んだ時のように

心が温かくなっていることだと思います。

愛がたくさん溢れてる文章には、癒しのパワーがあると思います。





メッセージブック

これは、今の私たちの気持ちを伝える恋文です。

これが現在を表しています。




メッセージブックに続く2つ目のフォトブック

「 ゆちょんへ 」

これは、ユチョンが歩いてきた今までの活躍を辿った写真と文章。

過去を表しています。

ユチョンがどんな風に、

私たちを幸せにしてくれたかを

ゆちょんに伝えることが出来たらいいなあーと思いながら作りました。



最後の3つ目は、応援バナーです。

これは、未来を表しています。


今から続く未来。


ユチョンを強く静かに待つ未来。




パク・ユチョンさんをおうえんします。



この言葉と共に

たとえ離れていても気持ちはユチョンの側にいることを約束する証しです。




この過去と現在と未来の3つをセットにして、

この秋のサポートとしてユチョンに贈りました。


さて、

今回は、

過去を辿ったフォトブックの紹介です。



フォトブック「ゆちょんへ」は、

成り行き上2冊作成する事になりましたが、

本来は、1冊だけを贈る予定にしていました。

同じものは2つは要らないから。



大きいサイズ(商品名FOLIO)のだけを贈るつもりが、

意外とお試しのために作った小さいサイズ( 商品名はROUGH) が

手軽さが良くて、持ち運びも出来て、使い勝手が良いので、

結局のところ2冊ともユチョンへ贈ることにしました。




同じ内容のフォトブックを大きさ違いで2冊です。

保管用と普段使い用?にしてくれたら嬉しいです。(単なる希望です。)



因みにワタシは、小さい方をソウルまで持って行きました。

今もバックの中に入ったままです。

邪魔にならないサイズです。




さて、こちらからは、

大きくて立派な箱入りのフォトブック(FOLIO)を

高画質で全ページご覧頂けます。


ここから、どうぞ。


閲覧パスワードが必要です。

パスワードは、


100m20160906


MVの100万回達成日です。


それぞれの画像をタップして頂いたら、


拡大した大きい画像で見る事ができます。






参考のため、

フォトブックを作成したサイトもご紹介しておきます。

こちらから。

こんなサイトがある事は、今回初めて知りました。

素敵な作品がたくさんありますよ。

見てるとけっこう楽しいです。


皆さん自分の作品を

ステージと云うところで一般に公開されています。

勇気がありますよねー

一般公開だと、誰でも見れます。





今回の「ゆちょんへ」は、もちろん一般公開していません。


限定公開にしています。


ここのブログからしか入れませんし、


閲覧パスワードを入れないと見れない方法にしています。




そして、こちらも参考までに

文字の配列が少し違うところがあるだけで、(作成上の制約のため)

殆ど上の大きなサイズと同じ内容のものですが、

小さいサイズ15センチ角のフォトブックROUGHの

「ゆちょんへ」は、

こちらからご覧下さい。

閲覧パスワードは、同じです。

こっちの方が少し画面が、小さいです。

ご覧頂くには、大きい方が良いですねーー




「ゆちょんへ」は、

写真と文章で綴っています。

写真は、ここのブログで紹介してきた写真が、ほとんどです。

まさか、

こんな形で、フォトブックにするとは考えていませんでしたが、

分からないモノですね。

文字通り、過去の写真での

ユチョンへの応援メッセージとなりました。

いつか、ユチョンも見てくれるといいなあーと思います。






ゆちょんへ

いままで、

みんなは、

あなたから

たくさんのシアワセをもらっています。

そのこともおぼえていてほしいとおもいます。

そして、

いつか、ねがいがかなう

そのみらいのひに

えがおであいましょう。

わたしたち。

そのひをたのしみにまっています。










にほんブログ村 芸能ブログ JYJへ
にほんブログ村










COMMENT 6

Thu
2016.09.15
14:33

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
Fri
2016.09.16
10:58

れおな

URL

Re: タイトルなし

鍵コメさんへ

おはようございます。
いつもコメントありがとうございます。

皆さんのメッセージブック恋文についてと
今回のフォトアルバムついての
心からの感想読ませていただいて、有り難く嬉しく思いました。

私の方がありがとうございます。とお伝えしたいです。

特にこのメッセージブックついての感想は、
鍵コメですが、ここに引用させて頂きます。

メッセージにはユチョンに対する皆さんの「優しさと恋しい想い」が溢れていましたね。
「まっています。」の一言メッセージは、インパクトがあり強い望みが現れているし
「これ いい、あっぱれ!」と座布団一枚差し上げたくなりました~。((^-^)


こんな素敵な感想は、私が一人じめできませんでした。

残りの皆さんのメッセージも楽しみにしていて下さいね。

皆さん、それぞれの思いを持って
今回のメッセージに参加して頂いたと思います。

この一言の

「まっています」

この、メッセージを頂いた時に
私もなぜが胸に迫るものがありました。

まつ

ことの意味が、決して軽くないと云う意味だと思えました。

この言葉を簡単に使っている人はいないと思います。

それぞれの人が、自分なりの事情がある毎日を過すなかで

ユチョンを待っている覚悟を決めているのではないかと思いました。

それから、

フォトブックを見ての感想も一つだけ。引用させてください。


そしてフォトブック・・・私 また「うっ・・」と胸が詰まってしまいました。
カフェロッソの件とは全く違う「うっ」です。

(中略させて頂きました。)

写真集を見て
ユチョン 本当に努力し頑張って、一段一段上がっていったのよね・・・。
これまでの活動に思いを馳せ
誇らしくて、愛おしくて・・・何だか感極まりました。




ありがとうございます。

こんな感想を持って頂いて、本当に嬉しかったです。

ユチョンにも

同じように自分が歩いてきた道が、

フツーの人とは、違う道を歩いてきた。
それは、とても努力しないと登ってこれない道で、
その道を一歩一歩歩いてきたから今があると
思い出して貰いたい。感じてもらえたらと思っています。
その道を歩いてきたから、
私たちファンは、たくさんの幸せをユチョンから貰ってきたんです。

私は、そう思っています。

はい。

今回の応援が、ユチョンの心に伝わって
一歩前に進める支えに少しでもなれば、
本当に嬉しいことだと思います。

いつかは、手にとって見てくれるでしょう。

最後に

予想は、ビンゴ。
韓国人ペンさんのお友達は、その方です。

それでは、

また、次の恋文も楽しみにしていて下さい。

恋文もフォトブック作成してまとめる事も思案中です。

どうしても、画像をここに貼るには、

画質を落とす必要あります。

また、決めたらお知らせしますね。

本当にコメントありがとうございました。

れおな

Edit | Reply | 
Fri
2016.09.16
15:04

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
Fri
2016.09.16
15:47

れおな

URL

Re: タイトルなし

鍵コメさんへ

こんにちは、

返信コメントの確認して頂きまして、

ありがとうございました。

了解いたしました。

今度ともどうぞ、よろしくお願いします。


れおな

Edit | Reply | 
Sun
2016.09.18
16:42

神奈川県 葉山のTAKARA

URL

感激です!!

れおな様
メッセージブック読ませて頂きました。真っ赤な可愛いハートのブックに載せてくださって、あんなにステキに、仕上げて下さって感激です!!
ユチョンさんが、真っ赤なハートの表紙を、開いている姿を思い浮かべて
嬉しくて、興奮して、夕べは眠れませんでした。
一人のメッセージを良く見える様に、二回ずつ載せて下さって、大変な作業でしたでしょうに、、、一人で浮かれて、ごめんなさい!!!ほんとうに、お疲れさまでした。そして有難うございました。

Edit | Reply | 
Thu
2016.09.22
19:34

れおな

URL

To 神奈川県 葉山のTAKARAさん

コメントありがとうございます。

みなさんのメッセージがとても素敵だったので、
本当に素敵なメッセージブックになりましたね。

今だから分かりますが、
もう既にコメント頂いた時には
ユチョンの手元に届いていましたね。
きっと、
秋夕のおやすみ中に見てくれてるいることでしょう。

みなさんメッセージは、ブログに写真を貼ると、画質を落とす必要があり、
もっときれいな状態で、見ていただければなあ〜と
考えています。

こちらこそ、参加していただきありがとうございました。
お返事おそくなり、ごめんなさい。

れおな

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?