REONAわーるど

日々の暮らしについて、仕事・趣味・旅行について覚えておきたい出来事の記録です。

Take a look at this

ユチョンのOSAIFU MVのあの壁画の撮影場所はコチラです。(追記:初公判が延期されたようです)

 22, 2016 06:04

(追記)

今朝のニュースです。

延期されたようですね。


法曹界によると、当初22日午前に予定されていたAさんと一味の初公判は、10月13日延期された。

これに先立ち、27日、Aさん弁護人側が申請した保釈に関する質問が行われる予定である。

Aさんは、8月に拘束された後に拘置所で生活している。

弁護人側は「証拠隠滅と逃走のエラーがないとの判断の下に、

裁判防御権のために釈放状態で裁判を受けることにしてほしいという趣旨」とし、

過去12日の保釈申請書を提出している。


[ソース]ビーズエンター:http://enter.etoday.co.kr/view/news_view.php?varAtcId=77332#csidx5af193ad147df93bdb97719b5166955


翻訳機にかけてます。



腕ききの弁護士を雇っているんでしょうか?


ここまでが追記です。






20160922035446be9.jpeg





ユチョンのOAIFU MV 壁画の撮影場所のご案内です。

私と同じように、この壁画を見たいと思ってる人もいるかも?

と思い行き方を紹介します。




正確な場所さえ、知っていれば、超簡単に行けます。

私は、正確な場所は、分からないまま行ってしまい

チョット、グルグル回りましたけど。




辿り着いたら、

最初に出発した場所である

水原華城の蒼龍門から、本当に近くて

その近さに驚きました。



その時につけた

この壁画 のニックネームは、

「幸せの青い鳥壁画」ですね〜

後で分かると思いますが納得のネーミングです。

ワタシは、次に行く機会があれば、

蒼龍門を出てから5分ぐらいでここに到着出来る自信あり。



あんなに探しまわってたのに、こんな近くにあったんかい❗️

って意味です。




さて、

目指す壁画は、

ソウルではなく、京畿道、水原市にあります。

あの有名な水原華城の近くです。

城壁を出たところにある池洞壁画の村にあります。

それが、分かったのは、この水原市のブログです。

「昔の時間を大事に保管した水原壁画の村

池洞壁画の村」

という記事です。

http://ameblo.jp/suwoncity/entry-12104909562.html


最初にここに行こうと思った時は

場所は、水原市。

有名な壁画らしいので、韓国・水原・壁画で検索。

そしたらこの水原市のブログにヒット。

読んでみたら、

ドンピシャリのあの壁画の写真がアップされていました。

きゃあーなんか、すぐ分かりそう。

ソウルに行ってから、誰かに詳しい場所を聞いたらいいかー

と、このブログのアドレス をお気に入りに入れるだけの準備でした。



壁画までの詳細な場所は、

韓国人ぺんさんの誰かが知ってるだろうとタカを括っていたら、

フタを開けたら

本当に誰も知りませんでした。



また、その知らないと云う答えの理由が、素晴らしい。

「だって、あの場所には、ユチョン行ってないよ。」

って、ハンで押したようなお答えでした。

はい。はい。はい。はい。はーい。

正解。

ユチョンは、行ってない可能性むっちゃ、高いです。

いや、おそらく行ってないでしょう。

ユチョンが行ってない場所には、興味が湧かないみたいです。

さすが、わかりやすいわ。

一緒に行きませんか?とお誘いしても

みなさん。。。。。のお答えでした。

平日の昼間で、水原は、遠いから。

はい、分かってました。

でも、

ワタシには、

今回のソウル行きの目的の一つになっていました。

一人でも行きたい場所です。

ホンジャ?って聞かれたけど。

ネーーです。

チンチャ?

ネーーです。



毎日再生している

ユチョンの「あなたの財布にはどれぐらいの愛がありますか」

(久しぶりに正式名称。。。ヤッパリ長〜い)

このMVに登場するマンドウの屋台が出ていたあの場所に行ってみたい。


あの特徴的な壁画を見てみたい。



ソル・ギョングさんがお財布を取り出し娘さんの写真に、微笑むシーンからの、

お財布の中身をみて諦めて立ち去ろうとした時に、マンドウを渡す店主。

初めて会ったであろう他人からの何気ない優しさに心が温まるラストシーン。




この曲のクライマックスを黙って見ていた案山子君?らしき君

君に会いに行こうと思ったんです。


(実際には、案山子君ではなく立派に足が2本あったスマイル君でした。)



私は、今回、ソウルから水原までは

盆唐線で、行きました。

往十里が始発で、水原駅が終点です。

乗り換え無しが楽でした。

急行76分/普通89分料金(ウォン):1750とソウルナビに案内があります。


最初は地下鉄1号線で考えましたが、これは乗り換えがあり、

韓国人ペンさんに聞いても同じく盆唐線がお勧めとの

答えでした。

何で行くかはどこから出発するかで決めたらいいですね。

参考までに

ソウルナビの案内はこちらから。

地下鉄だけでなく、バスもあるようです。



さて、目指す壁画は、

水原華城近くとはわかっていても、

正確な情報はありません。

壁画を探すために歩く事は覚悟で、

日本からわざわざ 歩く用に別のペタンコの靴も用意してました。

ご存知の方は、本当にご存知で、(当たり前か)

ワタシ、普段から、絶対ヒールのある靴しか履きません。(足短いから)

わざわざペタンコ靴を用意したのは、

あの「ひたちなか」以来かも。。。

そんな準備万端な筈が、

この日、9月8日。

お昼前に水原の駅についたら、

まさかのピカーピカードドンの雷と激しい雨。

まるで、熱帯地域のスコールのような暴風雨で誰も外を歩いていません。

駅から地上に出れずに、

みんな階段の下で待っています。

仕方なく地下街でぶらぶら、

雨宿り。

夜には、ミッキスで待ち合わせしているんだけど。。。。

その時に恋文も預ける予定で。。。。。と

ソウルに戻る時間も決めてました。そんなに時間に余裕がある訳でもない。

日頃の行いがよっぽど悪いんかなあ〜ワタシ。

ソウルを出た時は、多少の雲もありましたが良い天気でしたから。

まさか、雨になるとはね。

取り敢えず、雨宿りしていた地下街のお花屋さんで

3000wonの可愛いビニール傘も買い、小降りになるまで待機。

(どこのお店でも、一斉にお店の前にビニール傘が並んでた。こう云う時は仕事がハヤイのね〜)

暫くすると雨も小降りになり、

傘をさして歩けるぐらいになってホッとしました。

まずは、

駅すぐの観光案内所(日本語可)に行き、

ここで、水原観光と云う地図を頂き、

水原城までのバスの乗り場から

目指す壁画場所まで教えてもらいました。


親切なアジョシにありがとう。

バスで目的の水原華城の蒼龍門まで行きます。

バスはローカルバスで、

観光用ではなくフツーに市民が利用してるバスでした。


201609220447209d1.jpeg





蒼龍門に到着。

この時には、雨も上がっていました。ヨッシャ!

バス停は、この蒼龍門の真ん前にあります。


バスを降りて、

この門の前に降りた途端に

一瞬でこの場所が好きになりました。

古い城壁と雨に濡れたグリーンがとても綺麗なコントラストで、

素敵な佇まいでした。


20160922043542f72.jpeg




この門から城壁の外に出たところには、

フツーの民家があります。

この民家の一画に壁画があり、

この壁画がある辺りを「池洞壁画小路」と云うそうです。



以前に

「イ・サン」と云うドラマを見て、

水原華城には興味がありました。

いつか行って見たいリストに入っていたので、

今回の壁画と近いので、このお城の観光も楽しみにしていました。



と云っても

今回は壁画がメインです。



着いたばかりですが、お城を後に

蒼龍門から城壁の外に出ます。


まず、門の外に出たら、方向的に右手に進みます、

右手の方に民家が見えてます。

20160922045250654.jpeg


2016092205012707b.jpeg


201609220459239e8.jpeg


20160922050420b4c.jpeg




でも右手方向には、道が2つありました。

右側が本当に城壁の近くの道

左側が、民家に続く道に見えました。

ここで

左側の道を選択。



後で分かった事ですが、

まず、ここで選択を間違えていました。

正解は、右側の道でした。



そんな事は、分からないから、

壁画に辿り着くまで、

道が枝別れの度に

どっちかなあ〜と

悩んで、取り敢えずは、城壁に近い方を選択して歩いてみました。

ここの壁画は、とても広い範囲にあるようで、あっちにも

こっちにも壁画があるよ。。。



2016092205120778f.jpeg



辿りつけるか、見つける事が出来るのか、

多少の不安の気持ちを持ちつつ歩き続けていました。

そして、何回かの選択の後に

いかにもの、、、


小道に入って行った時の気持ちは、

期待感で、ワクワク

なんか、

なんか、

来そうー

それっぽい壁画が次々と現れて、、



20160922051521ccf.jpeg



あっ、


この壁画も水原市のブログに載ってたわ。

って思ってたら、ビンゴ‼️でした。

きゃああ

嬉しい。




2016092205202364f.jpeg



誰もいない小道で、

一人飛び上がっていたに違いないワタシ。




大雨の直ぐ後ですし、

誰も観光客は、いません。

普通のお家が立ち並ぶ通りなのに

それぞれの家からも

生活音も聞こえて来ない

静かな路地で、

壁画の前で暫く佇んでいました。



迷った時間は、きっと1時間は、かかってはいないけど、

本当に巡り会えるか不安な気持ちを抱えながら

一人で、ぐるぐるあてもなく歩き、

別れ道の度には、

城壁の近くを選択したけれど、

ここの壁画はたくさんあると聞いていたから

本当に見つけ出せるか心配でした。



ほんとにあったんだ。

ほんとに辿りついたんだ。


嬉しかったです。


ソウルに来る前の日に

MVは、100万回を達成していました。


ワタシの計算では、

実はこの日が、100万回達成する日に当たっていたんです。

最後のみんなの追い込みまでは予想できませんでした。

凄い勢いでした。



でも、

100万回を達成したすぐ後で

ここに来れて良かったなあー

とここで実感‼️




20160922053130374.jpeg



201609220529169ae.jpeg






最後になりましたが、


それでは、壁画への超簡単な道案内です。

蒼龍門を出たところです。

この二つの道がありますが、

この右側、城壁に近い道を進んで下さい。


2016092205503423f.jpeg

ワタシは、ここでまず、選択ミス。

こんな城壁に近い道ではないと

左側の道を選択していまいました。

一本道です。



20160922055104c25.jpeg

左手にこんな、ちょっとした運動するグリーンの小さい公園が見えてきます。

ここがミソ。

この公園の中に進んで下さい。


20160922055127bd7.jpeg



そうすると下に降りて行く階段が見えます。

階段の両方に白い鳥、フラミンゴ?がいます。

このフラミンゴが正解です。


2016092205514631e.jpeg


階段を降りたところが、

壁画村の始まりで、

このMVの撮影場所である壁画があります。

実は、正しい道から行けば、

一番最初の壁画だったんです。

階段降りてる途中からでも見えて来ます。

わかっていたら、簡単です。



蒼龍門を出て、右手方向の2つの道うち

右側の城壁に沿う道を直進。

左手方向に見えてくるグリーンの運動公園を突っ切りフラミンゴ階段を降りたら右手に

壁画です。

超簡単でしょう。




水原華城は、ユネスコの世界文化遺産に登録されています。

さすがと云うべきです。

今回は壁画が最優先で、華城は、華城列車と云う乗り物で

外周を半周しただけです。

中までは見れませんでした。

それでも、大好きな景福宮と同じ空気感がしました。

次は、華城をメインにまた訪れたい場所になりました。




20160922062127110.jpeg






さて、話は突然変わりますが、

昨日は、ドリパスで、「海にかかる霧」

お台場で上映が決定しましたね。

嬉しいですね。

200枚の限定販売も発売から8時間足らずで完売になったようです。

素晴らしいです。

関西でもぜひ上映して貰いたいです。


ドリパスは、書き込みで、イベント開催も決まるようです。

それも、一人の人が何回も書き込みするよりも

たくさんの人が書き込みする方が、総数が同じでもポイントが高くなるそうです。

まだ書き込みされていない場合は、ぜひ書き込みして下さいね。

ワタシは関西でも上映希望です。と書き込みしました。

ご自分のお住まいでも上映希望と書き込みされても良いのでは?

この勢いですから、実現しそうですね。

楽しみです。


「奇跡のピアノ」の嬉しいお知らせに続き、

本当に嬉しいお知らせでした。


そして、


OSAIFU MVは、

100万回を達成しても

再生回数が増え続けています。

昨日までの15日間では

毎日平均したら2400回程度は増えています。

こちらも凄いですね。

勢いが少しは、無くなるかと思っていましたが、なんの、なんの、

ユチョンへのみなさんの溢れる愛を感じます。



20160922061346386.jpeg



それでは、

今日もOSAIFU MVの再生を。
















やっぱり、実際に壁画を見てからは、

このMVの再生もとても楽しみです。

ワタシには、この夜の風景と真昼の風景と両方が見えてきます。




ユチョンもたまには、

このMVを見たりするのかしら?

いや、いや、韓国人ぺんさんと同じで再生しないのかもね〜




あーーー謎だわ。

100万回達成した時は、

みんなビックリで喜んでくれてたのに

彼女たちは、なんで再生しないんだろうか?

だって、MVにはユチョンが出てるよ。


あー謎。








にほんブログ村 芸能ブログ JYJへ
にほんブログ村






COMMENT 8

Thu
2016.09.22
09:19

よーちゃん

URL

嬉しい 知らせが続くと 幸せな気持ちになります
ユチョペンさんの 愛 やっぱり ほんものですね~

壁画 、MVと 違って お昼間に見るとまた 別の雰囲気ですね

私も 「イ・サン」は みてましたが 水原華城は全然ノーマークでした……( ̄▽ ̄;)
こんな 綺麗な場所だったとは!

よい所ですね
機会が出来たら 是非 自分の目で見たいです!

Edit | Reply | 
Thu
2016.09.22
21:56

ミニヒイラギ

URL

いつも有難うございます❗

壁画村 MVの最後の印象的なシーン

昼間だと色鮮やかなきれいな壁画ですね。

いつもながらの、レオナさまの行動力に感服します

今回は、雷や雨に、ちょっと大変でしたね。

写真 有難うございました。

ドリパスの 海にかかる霧 の嬉しいお知らせの後の

ユチョンの裁判延期には、えー!!!!! ですが

まだまだ先は長いと覚悟でしょうか。




Edit | Reply | 
Fri
2016.09.23
19:46

れおな

URL

To よーちゃんさん

よーちゃんさん
こんばんは
いつもコメントありがとうございます。

はい。
良いお知らせ続くと気分がいいですね〜
ユチョペンさんたちのユチョンへの愛情は、
本当に揺るぎないモノを感じます。

ユチョンにも
このファンみんなの気持ちが届いて欲しいですね〜
ユチョンに思い出して貰いたいです。
みんなから愛されている事。
みんなが変わらずにユチョンを応援している事。
知って貰いたいです。

はい。
OSAIFU MVの壁画は、
行って良かったです。
場所が分からなくて
自分で探し当てないといけなかったけど、
見つかった時、本当に嬉しくて
それが余計に楽しい思い出になりました。

「イ・サン」面白いドラマでしたよね。
水原華城は、夢や願いを託して作られた場所だから。
築城に関わったその誰かの想いがたくさん詰まっていると思います。
人の気持ち、情熱と知恵と
この土地の自然の力を上手く取り入れて作られた城だと聞いた事があります。
本当に美しい場所でしたよ。
凛とした美しさがある様に思えました。
ここは、一日かけてゆっくり観光したい場所ですね。
是非とも
機会があれば訪れて下さいね。
それに、
水原といえば
カルビが有名です。
カルビ発祥の地の様です。
今回は時間がなくて食べれませんでした。
それがとても残念です。
お一人様でも大丈夫なお店は調べていました。
次回には必ず、この水原カルビにもトライしたいです。
これも楽しみになりました。
美味しいそうですよ。水原カルビ!こちらも是非。
れおな

Edit | Reply | 
Fri
2016.09.23
21:59

れおな

URL

To ミニヒイラギさん

こんばんはー

ミニヒイラギさん

いつもコメントありがとうございます。
壁画村。
ほかの壁画も
ゆっくり見れたら良かったんですが
私は、あの壁画を探す事に必死で、
ほかの壁画までちゃんと見る余裕がありませんでした。
せっかく行ったのに残念ですが、
とにかく、見つける事に必死でした。

今から思うと。
別れ道での選択がすごーい上手かった様です。
あの小道に入る前に
よくあの道を選択したなあ〜って思います。
結果として、ドンピシャでした。
同じ様な道が2本あって、
より城壁に近い道を選択したんですが、
壁画がなんか違う気がして、
途中で引き返そうかとも迷いました。
でも、もう少し進んでみよう。
と歩き出したら、
あれ、あれ、あれ、、、、あたりかも?
って、同じトーンの壁画が見えて来て、
久しぶりにドキドキしました。
(ユチョンに会えないとドキドキも全くない日常生活です。)

お天気も
荒れていて
どうなる事かと。。。
呪われてるわーーって
スタート地点の水原駅では
華城に行けるのかを心配しましたが、
あの壁画に辿り着けて良かったです。


でも、フラミンゴの階段を登った時は、
脱力しました。
最初にスタートした蒼龍門のすぐ近くで。
なんだか、狐につままれた感じで???
現実感がなかったです。
はーーー???

辿り着けて良かったけど、
帰り道が分からないなあーって思ってましたから。

でも実際には、
クルクル回って元に戻ってたんですね。

分からないものですね。

遠くまで来たと思っていたら
振り出しに戻っていた訳です。

でも、不思議と楽しくなってきましたよ。
すごーい、近く❗️

物事は、
そんなモノかもしれない事もあるのかも?って

遠い
遠い
自分ではその時は知らないから
そう思っていても
シアワセは、すぐそこまで来てるのかも?

最近いろいろと嬉しいお知らせが続いて
気分も少し明るくなってきてましたね。
でも、ここへ来て、
昨日の誣告罪の初公判の延期のニュースに
ちょっとガッカリですが、
仕方ないです。
正当な権利があるなら、相手もそれは申請するでしょう。

まだまだ、結果が出るまでに
先が長いと、私も思います。
時間がかかる事に違いはないでしょうが、

思ってるいるよりは、
遠くはないかもしれないですよ。

ユチョンの気持ちが少しずつ、前に向いて
また、自信を取り戻してくれてるかも。

ファン声明や、
今回の
嘆願書提出や
たくさんのファンの署名が集まったと
きっと知っているでしょうから。

申し訳ないと思ってるだろう
ユチョンの気持ちが少しずつでも
元に戻ってくれたら、
私たちファンも待つのも
長く感じませんよね。
また、会える日を楽しみに待てますよね。
ユチョンの心が離れている気がして遠いと感じてしまいます。

待つ時間は長いのかもしれませんが、
遠い
遠い
と思っていたけれど
意外と近くになって来ているのかもしれません。
昨日より今日、今日より明日と近くなっていると思いたいですね。

れおな

Edit | Reply | 
Tue
2016.09.27
20:13

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
Tue
2016.09.27
23:59

れおな

URL

To 鍵コメさん

こんばんは、

コメントありがとうございます。

ホントですねー

パクユチョンギャラリーに私も先程つながりました。

やっとですねー

何だったんでしょうか?

とりあえず、繋がる様になって良かったです。

お知らせありがとうございました。

Edit | Reply | 
Sun
2017.01.08
20:22

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
Mon
2017.01.09
21:49

URL

To 鍵コメさん

鍵コメさんへ
コメントありがとうございます。
この記事を印刷して壁画まで行かれたとの事。
迷わず行けて良かったです。
記事を書いた甲斐がありました。
お礼の言葉まで頂いて、恐縮です。
2017年1月9日の記事の中でも
コメントの御返しを書かせて頂いています。
そちらも読んでくださね。
コメント本当にありがとうございました。
れおな

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?