REONAわーるど

日々の暮らしについて、仕事・趣味・旅行について覚えておきたい出来事の記録です。

Take a look at this

ソウル2日目の夜はユチョンが好きな焼肉店へ。とても美味しくて感慨深い夜でした。

 11, 2016 06:04

20161010200349528.jpeg


秋ですね〜

昨日のお昼の大阪の海です。

空が高くてキレイでした。


ここ何日か、

朝起きると風が冷たく感じますが、

昼間は夏のように暑い日もあり、

一日の気温の寒暖差が激しい時期になりましたね。

風邪ひかない様に気をつけないと。。


季節の変わり目ですから、

カノヒトもきっと普段よりもしっかりと体調管理をされている事でしょう。


元気でいる事が一番いいですね。


さて、



今回は、ソウル一人旅の2日目

晩ごはんの時の事を書いておこうと思います。



もう一月も前の話になりましたが、まだ暑いソウルでした。



9月8日ソウル2日目

水原華城からソウルに戻って来て、

夜は、ミッキスに向かいました。

今回用意したユチョンへのプレゼントを届けて貰うために預けに行きました。



メッセージブック「恋文」

フォトブック「ゆちょんへ」

応援バナー

この3点セットです。



ミッキスでは、

晩ごはんのメンバーとの待ち合わせも兼ねていて、

他のお客様は誰もいなかったので、

プレゼントの箱をお披露目してから

無事にお預けを完了しました。



ここまでは、前の記事に書いた通りです。

9月9日の記事です。

「ミッキスにお届け完了とちょっといい話し」です。


今回はこの続きです。


さて、

いよいよ晩ゴハンです。

やっぱり、海鮮料理はパスして、

お肉を食べたい!

お店は、出来れば、

ユチョンが行った事があるお店で、

ここから近い所が良いと。(ペゴパでした。)


そんな私のワガママな希望を

いとも簡単にサッと叶えてくれる韓国人ユチョペンさんに感謝です。

さすがは地元ペンさんですね。


お店までは、

そう遠くないから、歩いて行こう。と言われ

ミッキスからぶらぶらと5人で歩いて行きました。


あっと言う間に仲良くなった韓国人ペンさん二人は、

相変わらず仲良く話しながら前を歩いていましたし、

ジュンスのミュージカル「ドリアン・グレイ」を

昨日 見に行った名古屋のユチョペンさんは

シアペンのかこさんと

ミュージカル談義に花が咲き、(すごく良かったそうですヨ)

15分から20分位は歩きましたが、

そんなに遠い感じはしませんでした。

でも、後で地図をみたら、

区庁の駅よりは、次の駅の鶴洞駅が最寄り駅でしたね。




20161010204730dee.jpeg



お店への道順ですが、

ミッキスがあるビルの出口を

駅がある表通りの出口ではなく後ろに回って

裏通りに出る出口から外に出ます。

出たら

向かって右手方向(駅とは反対方向)に進んで

あとは、ひたすら一本道を歩くだけ。

この出口さえ間違えなければ、大丈夫です。


インペリアルパレスホテルを目指して歩きます。

本当にホテルの直ぐ手前にあるお店でした。



焼肉 대가원
daegawon
テガワン(テガウオン)

ソウル市江南区論峴洞2洞248-1番地
電話番号:02-543-7666

お肉のメニューが一つしかありません。

韓牛のロースのみ。

老舗のお店らしいです。





20161010201452a3f.jpeg



ちょうど、20時半前にお店に到着しましたが、

お客様がいっぱいでした。

でも、まだ片付いていないけど空いてるテーブルもチラホラあって

少しだけ待って、直ぐに席に座れました。

人気のお店のようです。



匂いだけで美味しいのが分かる。

と思っていたら、



「ユチョンは、美味しいお店しか行かないから」


って声がしました。

私ってそんな顔してたのかな?



うん。そうやね。

2014年のセンイルファンミでも

人生に最後にしたい事は何か?の質問に

「美味しいものを食べること」って答えてたぐらいだから。



お店の内装は、最近リニューアルしたらしく

まだ新しくて綺麗でした。

オープンカフェのように

屋外にもテーブルとイスが出ていました。



20161010202026f68.jpeg



お肉です。

目で見ても美味しいのが分かる。




で、


食べてみました。



20161010202249fb9.jpeg





ホントに美味しかったです。

お肉が柔らかくて、旨味がギュッと詰まってます。

韓国人ペンちゃんが

丸い鍋みたいな鉄板で

(すき焼き鍋みたい。。。)

お肉を焼いてくれて

ハサミでチョキチョキ食べやすくカットしてくれました。

要領がいいなあーと感心しながらも

ひたすら食べてるだけのワタシ。




201610102026237f5.jpeg





お店のアジュンマは、最初はお肉の状態を見てくれていたけど、

慣れてる様子を見てからは、セルフになってました。



思っていた以上に美味しくて

思った以上に高かったですが、、、

満足です。




最後のシメのカクテギのポックンパも美味しかったです。


20161010203033c64.jpeg



更に冷麺も頂きました。


これもまた、


美味しかったです。


お腹いっぱいでシアワセでした。


この日は、

朝から、スタバでパン

水原城でも時間なくてカフェで、パン

パンばかり食べていました。

ソウルに来て、2食続けてパンとは、

寂しい。


やっと美味しい食事をしました。


少々金額は、ハリますが

それでも、日本で食べる事を思えばコストパフォーマンスは良いと思いました。

多分一人あたり5万WONを超えてたと思います。

(ちょっと、既に記憶が怪しいけど、)

フツーに考えたら

ソウルで、焼肉で5万WON以上を支払うってイヤだけど、

ここのお肉ならお値打ちあり‼️だと思いました。

お肉自体が高品質の1等級のお肉のようです。

サンチュのような葉もの野菜で巻いたりせずに、

お肉をタレにつけてお肉だけで食べます。

ユチョンのゆかりのお店でなくても

美味しいお肉が食べたくなったら、また行きたいお店です。

ミッキスからも一本道ですしね。



さて、

この美味しいお肉を食べながら

色んな話しをしました。



その一つが、

9月の先ほどの記事にも書きましたが、

韓国人ペンさんが、ユチョンのために動き出したこと。



あの声明文を出してからは、

行動を起こさずに

ずっと黙って静かに見守っていた韓国人ペンさんたちが、

とうとう動き出した。



3箇所に嘆願書を提出する事になり、

そのために署名を集め始めたこと。



この時は、海外ファンは参加出来ないと聞いていましたが、

帰国してから、参加出来る様になったと教えてもらい、

私も帰国してから署名を送りました。

参加出来て良かったです。



私も、同じ時期に

ユチョンに応援のメッセージブックを作成して贈ることに決めました。

そして、まさに今さっきそれをミッキスに届けて来たところでした。

その後に、

嘆願書提出と署名を集めていると

この美味しいお肉を食べている時に知りました。



そして、この時に

韓国人ペンさんからある事について

いきなり直球を投げられてビックリしました。



あの当時は、誰も

決して、口に出しては話せなかったけど。。。。

今だから、スルッと話せたのかな?


きっと、あの時期、、、

誰しも、ユチョペンなら、チラッとは、

頭を掠めた事があったのでは?と思います。



ユチョンの事が、

心配で、心配で、、、、、、

あり得ない話しだと思ってはいたけれど、、、

そんなバカな事はしないと信じていましたが、、、

それでも、まさかあり得ないと思いながらも、

頭をよぎりました、、、、



私の場合は、

朝起きて、先ずニュースを見て

何もニュースが飛び込んで来ていないことに

ホッとしていました。


あーー


今日も生きていてくれている。


お天道様に感謝です。


そんな風に安心して、

それでも、毎日、毎日、

朝が来るのが怖い日が続いていました。

でも、

フツーに仕事して、フツーに元気にしていましたよ。


そんな中、

うちのミーちゃんが頑張ってくれたけど、

天に召されてしまいました。


ユチョンは頑張ってくれていると。


命さえあれば良いと思っていました。


その当時、、、、



あのあり得ない事件の展開に

ユチョンが、

精神的に耐えてくれてる事が有り難くて、

でも、

引退って言葉を軽く使った事に対して、私は、まだ腹を立てていました。

この言葉で余計に心配になった訳だから。。。。

それでも、

祈る様な気持ちで毎日を過ごしていました。


あのとんでもない騒ぎの中

少しでも、現地の情報が知りたくて、

LINEしても韓国人ペンさんからは

返事が返って来なかった日々。。。。。



ほんの、3ヶ月前の事です。


時が過ぎて行く事は、

ある意味、すごい事だと思いました。

今でも確かに

告訴された4件については無嫌疑の意見で検察に送られています。

しかし、新たな他の嫌疑で書類送検されて結果を待っている状態です。


それでも、

あの当初の酷かった時期を思い返すと、

ユチョンは、なんと耐え抜いてくれて

今に至ってくれた事かと思います。



本人にしか分からない真実の中で、

この建前と本音を使い分ける韓国社会の中で

どれだけ、悔しい思いも屈辱感も味わったことでしょうか。

優しい気持ちを持ってる人が

どれほど、

後悔と自己嫌悪に陥ったりしたことでしょうか。。。


そして、

ユチョンに近い場所で、

容赦ないバッシングの嵐の中で、

辛い状況の中でもユチョンと同じ様に黙って耐えていた

韓国人ぺんさんたちも


今だから

その当時の正直な気持ちを

サラッと話せる様になったんだと。

思いました。

でも、

まさか、

こんな場所で

こんな時に

そんな話しが彼女の口から語られるとは思っていませんでしたけど。

ホントに

いきなり直球ど真ん中で、

ビックリしましたが、


あー

彼女も同じように思っていたんだ



私は、頷きながら彼女の話しを黙って聞いていました。


そして、話しを聞きながら、

一番辛い時期は、

過去になりつつあるのかなあ〜とも

感じました。


この夜は、なんだかとても感慨深い夜でした。


こうして、時間の経過と共に

一つ、一つ

乗り越えて行けば

いつか

ユチョンとファンが笑顔で会える日がくるだろう。

その時には、

今までとは

また違う関係になってる様な気がする。


そんな

希望を感じた夜でした。


そして、

この夜は、私は珍しく夜遊びに行きませんでした。

この後に軽くお茶したあとに

ゲストハウスに真っ直ぐ戻り、


先ほどのブログの記事を書き始めました。


ミッキスに無事に届けた事を

「恋文」に参加して頂いたみなさんに報告したかったのと、





4月以来のソウルで


久しぶりに会えて良かった。


たくさん、たくさん、話して


いっぱい笑って、


ちょっとだけ泣いた。



会うっていいなあーーー


ユチョンにも会わないと


日本でね。


必ず。


そう思った夜でした。







この文章を

この時の気持ちのままに書いておきたかったんです。


この記事を書き上げたら、

もう日付が変わっていました。

日付が変わってしまったので

何時もの様に

6時4分で予約投稿して

この日は、眠りにつきました。



そして、

あれから一月たちました。


この10月は、映画を見に行かねば❗️


大阪では有難くも

「海にかかる霧」と「奇跡のピアノ」

2本とも上映されます。

ありがとうございます。


ホントに楽しみです。


心斎橋シネマートでは、

ユチョンやJYJの写真のコーナーを作ってくれている様です。

これを見せてもらう事も楽しみにしています。


7月に「奇跡のピアノ」の前売り券を

買いに行った時に少し話しをしたスタッフさん。

シアペンさんだと教えてくれたあの彼女に

また会えたら良いなあ〜


「ありがとう」と一言伝えたいです。

きっと彼女のアイディアでしょうから。




久しぶりに、

関西のユチョぺんさんたちとも会えそうです。

これも楽しみ。

そして、

きっと、

ユチョンも一回は、遊びに来てくれると思っています。

ココロを飛ばしくれるでしょう。


でも、

出来ることなら、


こんな風に楽しみながら、応援しながら、


ユチョンに会えるその日を待っている


たくさんのファンの姿を


見せてあげたいなあ〜と思います。









にほんブログ村 芸能ブログ JYJへ
にほんブログ村












COMMENT 6

Tue
2016.10.11
20:31

ミニヒイラギ

URL

レオナさま
いつも有難うございます❗

ブログ拝見しながら、涙が溢れてきました。

ゆちょんの当時の辛いバッシングの日々

又レオナさまの、ゆちょペンたちの

ゆちょんを想い気遣う気持ち

不安だった毎日を思いだし

本当にゆちょんが、よく耐えてくれて有り難いおもい

一番辛い時期は過去になりつつあるのかなーの言葉

等々が一緒になりました。

ゆちょんが健康でありますように❗



Edit | Reply | 
Tue
2016.10.11
21:43

横浜アリーナのそばに住むH

URL

ありがとうございます^^

ソウル旅のブログ、楽しみに拝見しております^^
今回も、ユチョンゆかりのお店情報もお伝えくださり
ありがとうございます(*^^*)
次回はぜひ行きたい~美味しそう過ぎる♡

そして、もう3か月なんですねー
はやい。
でもユチョン本人には、長く苦しいトンネルだったのかな・・・
今回のことは、ユチョンの大きな転換期となって、
良い方向に作用することを信じています。

日本ではピアノとヘムが、東京・大阪上映もあり、
ありがたい限りですね。
れおなさんと、どこかでお会いできるのを楽しみにしています(*^^*)

お忙しそうなのでお身体ご自愛くださいませ^^




Edit | Reply | 
Tue
2016.10.11
22:44

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
Fri
2016.10.14
00:20

URL

To ミニヒイラギさん

こんばんは。

いつもコメントありがとうございます。

はい。

そうですね。

時間が過ぎるとその当時の感情も忘れがちになりますが、、、

想いが同じだった人と会って話すと、

その時の記憶や感情が見事によみがえりますね。。。

会って話しをする事が大切な事だなあ〜と思いました。

それを実感したソウルの旅だったように思います。

これからも

まだまだ、辛い事があるかも知れませんが、

ユチョンなら、

きっと乗り越えてくれる筈です。

乗り越えて、

日本で会わないと‼︎ですね。

その時が来るまで、

応援しているよ。

待っているよ。と

ユチョンに伝え続けていけたら良いなあ〜と

思っています。

ただ、思ってるだけでは、伝わりません。

ちゃんと伝えたいです。


はい。

ユチョンもユチョンペンさんも

健康に気をつけて元気でいましょう〜

ソウル一人旅、まだ続きも書く予定です。

また、遊びに来てくださいね。

れおな

Edit | Reply | 
Fri
2016.10.14
01:38

URL

To 横浜アリーナのそばに住むHさん

こんばんは〜

いつもコメントありがとうございます。
ソウル一人旅楽しみに読んで頂いて嬉しいです。
まだ続きますのでよろしくお願いします。

はい❗️
焼肉ホントに美味しかったです。
ソウルに行かれたら、ぜひ召し上がって下さいね。
お勧めですよ。


仰る通りだと思います。
今回の事が、後で振り返ると
ユチョンが成長するために乗り越えていくべき出来事だったと
そう思える時が来ると思います。
こんな辛い降って湧いた様な出来事も
良い方向に持っていけるだけの力がある人だと思います。
その時には、
きっと今とは違うユチョンに会えると思います。
もっと魅力的な人になってることでしょう。

日本は、恵まれているのかも知れません。
ユチョンの映画って今は、2本しかないのに
その2本ともが日本で、この時期に観れるなんて有り難い事です。

韓国人ペンさんから
日本のドリパスのシステムが羨ましいと言われました。

大阪でもヘムを観れるようになりましたが、
せっかくなのでドリパスでの上映。
東京のお台場でもヘムを観たいです。
遠征も思案してる今日この頃です。

そう出来る様に
仕事に励まないといけないですが、
忙しくても頑張れそうです。

はい。
ぜひどこかでお会いしたいですね。
そのためにも
お互いユチョンとの約束を守り
健康でシアワセでいましょうね〜
ユチョンって
良いこと言ってくれますねよ。
さすがユチョン様ですね。

れおな

Edit | Reply | 
Sat
2016.10.15
00:03

URL

To -鍵コメさん

こんばんは

いつもコメントありがとうございます。
「感慨深い夜」を感慨深く読んで頂いてありがとうございます。

今回のソウルの旅は、とても印象に残る旅になりました。
まだ、続きを書けていませんが、、、、
また書きたいと思っています。

そうですね。
本当に6月から、
ユチョンもユチョペンさんも
みんなが激動の日々でしたね。
今は、まだ結果は出ていませんが、
それでもここまで
ユチョンがよく耐えてくれたと思います。

仰る通りだと思います。

私はユチョンは今しっかりと立ち上がってくれている様に思えるのです。
当初は動揺も混乱もあってたでしょうが、
ユチョンは自分の中で整理をし、
しっかり向き合っているのではと思えるのです。
逃げずに前を向く、そんな覚悟を持てる強い人と考えているのです。

少し、コメントの文章を引用させて貰いました。

私もそう思っています。
耐えたから、その分強くなってる人だと思います。
自分の経験を無駄にしない人だと思います。

はい。
ファンみんなで、ユチョンの戻ってくる場所を守っていけたら
本当に良いですね。
私も 前向きにその日を楽しみに待ちたいと思っています。
こんなに待つ事が出来る人がいて
シアワセだと思いますよ。

フォトブック「ゆちょんへ」
購入されたんですね。
ユチョンが写っていなくても
ユチョンを感じる事が出来ますか?
そう言って貰うと
とても嬉しいです。
ありがとうございます。
場面、場面、思い出が多いですね。
ユチョンも思い出してくれていたら
嬉しいです。
思い出は大切ですから。

いつも素敵なコメントありがとうございます。
鍵コメさんのコメントを楽しみにしています。
返事が遅くなって申し訳ありませんでした。
また、遊びに来てくださいね。

れおな

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?