REONAわーるど

日々の暮らしについて、仕事・趣味・旅行について覚えておきたい出来事の記録です。

Take a look at this

喘息に再デビューとなりました。

 06, 2016 23:56

喘息になりました。


ワタシ、喘息になりました。


えええええーーー?

っと、

自分でもビックリ。




それも、つい最近の事です。

東京の旅から帰って来てから

何時もの様にバタバタと毎日過ごしていたら、、、

それは、

突然、やって来た。




こん、こん、

あれ?

風邪ひいてない筈やけど。。。



こん、こん、こん、

こん、こん、こん、

こん、こん、こん、こん、こん、こん、こん、こんーーーーーーーーー


咳がとまらない。


胸がぜーぜーぜーぜーー


こん、こん、こん、こん、こん、

ひゅうーーー

ぜいぜいぜいぜいぜいーー




コレって、

どこかで聞いたことがある胸の音。

うちの次男が、小児喘息でした。

その喘息の発作の時と同じ胸の音。



このブログでも

以前にその喘息についての記事も書きました。

その時には、

そこまで書いていませんでしたが、

実は、ワタシも

小児喘息だったと親から聞かされていました。

結局、次男はワタシの体質を受け継いた訳だ。

ワタシには、

自分が小児喘息だった記憶がありません。

それほど、症状は重くなかったと聞いていました。

喘息で辛い思いをした事も覚えていません。




それでも、

喘息は、喘息だったんだ。

そうか、

年齢を重ねると共に体力が落ちてきて、

とうとう

始まったのかなあ~喘息。。。


と思いつつ


こん、こん、こん、こん、


咳が止まらない。

にも拘らず、

自分が喘息の発作を起こしているとは、未だ信じられない。


取り敢えず、

次男の時の事を思い出して、

自分で咳を抑え込む事に。


こんなに咳が出ていたら、

病院に行くべきだと頭では、分かっていても

いや、しかし、

病院に行くほどの事でもないと思いたい気持ちが強かった。

なんとか、止まるはず。




咳が始まったのは

明け方でした。

朝の4時ごろ

症状がまだ軽かったのか、

この最初の発作の時は、

けっこう短時間で、上手く抑えこみに成功。



収まるとフツーだから、、、

喘息の発作が出た。

と言っても

このテッシュの山がなければ、

誰にも信じて貰えないだろうな、、、



朝から、フツーに仕事に出かけました。

睡眠不足で眠たい一日でしたが、

普段と同じ様に過ごせました。



もう、

次の発作が出ない事を願っていました。

健康で元気がワタシの一番の取り柄です。

何かの間違えである事を祈りたい。

自分が喘息になった事を認めたくない。

と云う気持ちが強かったです。。。




冷静に考えると

本当は、すぐに病院に行くべきなんでしょうが、

喘息になった事を信じたくない気持ちで

しばらく放置してました。




喘息って

発作が起きないと

フツーに生活出来ます。

全然、フツー、

しかし、

一旦発作が起こると

ぜーぜーぜーぜーー、呼吸が苦しいです。

咳が止まらず、苦しいです。

息ができなくて、

話す事も出来ません。

命までも落としかねない病気だけど。




自分でも

バカだと思うけど、

放置しながら、

何度か発作をやり過ごして来ました。

でも、

とうとう、大事な仕事の打ち合わせ中に

大きな発作が始まり、

中座する事に。

コレで観念して病院に行きました。





20161206232727b8c.jpeg





今は、

治療薬を毎日吸入してます。

お陰で、

何事もなく毎日元気に過ごしています。



治療薬を始めてからは、

一度も発作は起こっていません。

本当に薬の威力は、凄いです。

薬を使い出すと、ずっと薬漬けになりそうで。。。

ちょっと抵抗がありましたが、

日常生活を送るためには、

仕方のない選択です。




あーあ

ユチョンから、

健康で幸せに過ごしてください。

って言われてたのに。。。



ユチョン、

ワタシ、喘息になったワ。

ユチョンと同じ病気やなあ~

と思いつつ、

そこは、シンクロしなくてもいいやろ!

と一人ツッコミも虚しい。




でも

ちょっと分かった事も


喘息の発作って、

いつ始まるか予測不可能です。

ソレは、突然やって来る

そこも、精神的に落ち着かないところです。

いつ始まるか分からない事に

慄く日々。



仕事で、

大切な打ち合わせがある時は、

どうか、この時だけは、

発作が始まりませんように。

って切に願いますが、、、



何故か、そんな時に限って

発作が始まります。

願えば、願うほど、発作が起こる気がしました。

そんなつもりはなくても

強く願う事で

知らないうちにストレスを与えてるんでしょうね。




コレって、

誰かさんと同じ。

ここぞって時に

よく調子悪くなってた様な気がする。

タイムリーに体調壊していた様な気がします。



「 ええ。ユチョン、また? 」

って思った事が何度かありました。



もしかしたら、

ユチョンもそうだったのかなあ、

このイベントの時だけは、

発作が起こりません様に

と、

強く、強く願ったのかなあ?

と思ったら、



今更ながら、、

そんな風に思って、、、、ごめん。。。

と謝りたい気持ちになりました。




それにしても、

ユチョン、

歌手なのに、喘息ってね。



持って生まれた声

持って生まれた体質


両方を持って生きていくしかないですが、


ユチョンは、

喘息って病気だからこそ、

病気で苦しい思いを

人よりもたくさん経験しているから

健康である事の大切さが

身に染みて分かってる人なんでしょうね。



いつでも

フツーに歌が、歌える人ではないからこそ、


歌が、フツーに歌える事が


有難い事だと分かってるんでしょうね。




ユチョンにしか歌えない歌が、ある。

この病気も含めて

今のユチョンの歌が、あるのかも知れない。

って

ちょっと思いました。





健康って本当に大切。





明日から

また、寒くなるそうです。


暖かくしてお休みください。


今夜は、ユチョンのこの歌で温めて貰いましょう。










9月に100万回を達成してからもう、3ヶ月。

確実に再生回数が増えているのが、嬉しいですね。

もう来月には、

このミニアルバムのリリースから1年が訪れます。

あれから、毎日毎日聴いていますが、

ユチョンの優しい歌声。

ワタシは、これからも何度も何度も繰り返し聴くことでしょう。




20161206232530319.jpeg







喘息のプロさん、

病気と上手く付き合って

いつまでも、歌を歌って聴かせてね。




ワタシも

再デビューしたてのこの病気と上手く付き合って、

いつまでも

応援したいと思っていますよ。





*前回の記事に記事コメントと拍手コメントを頂きまして

ありがとうございました。

先ほど、全てお返事させて頂きました。

又、お時間ある時に読んで下さいね。






にほんブログ村 芸能ブログ JYJへ
にほんブログ村








COMMENT 6

Wed
2016.12.07
02:23

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
Wed
2016.12.07
09:29

rima

URL

お見舞い申し上げます

おはようございます。

喘息の再発に見舞われてしまったのですね・・・。

病気の苦しさ、大変さは罹った人にしか解からないですよね。
普通に健康で過ごせる事、 
それがどれだけ有難く幸せな事なのかと知っています。

ユチョンが放つ言葉に
「人生を達観した人の言葉」
その様な感覚を度々覚えます。

REONAさん 
くれぐれもお大事になさって下さいね。

Edit | Reply | 
Wed
2016.12.07
17:42

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
Thu
2016.12.08
22:39

URL

To -最初の鍵コメさん

こんばんは。
最初の鍵コメさんへ

早速のコメントありがとうございます。

その後、体調大丈夫です。
記事を書ける程元気ですー!

心配していただいて有難いです。
もう無理がきかない年齢だと自覚して
上手くこの病気と付き合っていこうと思っています。

お互いに自分の体ですから、
自分で気をつけて労わって元気でいましょうね。

こちらこそ、
いつもコメントありがとうございます。
又遊びに来て下さいね。

れおな

Edit | Reply | 
Thu
2016.12.08
23:34

URL

To rimaさん

こんばんはー
rimaさん

お見舞いコメントありがとうございます。

喘息
正直ちょっと
残念な気持ちです。

でも、
自分が持って生まれた体質なので仕方ないですね。

そうですね。
その病気に自分がならないと
分からない事もあるのかも知れません。

今まで、
ユチョンが、
たまーに
ご機嫌が悪く見える時は、
単に
機嫌の良し悪しではなく、
実は、
軽く喘息の発作が起こっていて
少し体が苦しかった時があったのかも?
って
今回は、思ったりもしました。

本当の事は分からないのですが、、、


そうですね〜
ユチョンって自分の経験から得たことを
ちゃんと自分の言葉で表現出来る人なんでしょうね。

だから、
ユチョンの言葉は、
時として
不思議な程ストンと心に落ちて来ますね。


はい。
ありがとうございます。

お互いに
体に気をつけて
元気でいましょう。
いつも温かいコメントありがとうございます。

れおな

Edit | Reply | 
Fri
2016.12.09
00:00

URL

To 17時42分の鍵コメさん

17時42分の鍵コメさん
コメントありがとうございます。
そうだったんですね。
喘息が再発されない方もいらっしゃるんですね。
日頃から健康管理をしっかりされているんでしょう。
見習いたいです、
ワタシも次は発作が出ないよう
気をつけて行きたいです。

ユチョンもきっと色々予防をして
喘息の発作が出ない様にしてるんでしょうね。

はい。
「健康で幸せにいて下さい。」
ユチョンとの約束、守りたいですねー
お互いに努力しましょうねー
頑張りましょう。

きっと、頑張った甲斐があったね。
と言える時が来るでしょう。

はい。
これから寒さにも負けないで
ワタシも無理せずに頑張りますよー

温かいコメントありがとうございました。
又、遊びに来て下さいね。

れおな

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?