REONAわーるど

日々の暮らしについて、仕事・趣味・旅行について覚えておきたい出来事の記録です。

Take a look at this

仮説「64ジケンはサイセイへのミチでアル」

 31, 2016 18:04


今日は、2016年の大晦日です。


去年までのここ4年間は、

毎年ソウルで年越しをしていましたが、、、、





20161231125936276.jpeg






今年は、

結局、昨日まで仕事でした。

久しぶりに

日本での年越しです。


昨日から、ソウルに出かけているユチョペンさん

大阪のユチョペンさんと

名古屋のユチョぺんさん

昨日のソウルは寒かった様ですね。

LINE貰いました。


今日も

また、もう一人の名古屋のユチョぺんさんから、

お昼前に金浦に着きました。

とLINEを貰いました。



ユチョぺんさんにとっては、

何もイベントがない年越しソウルで、

みなさん

これと言って

ほとんど計画がない様ですが、


たまには、そんなマッタリしたソウルもいいですねー


ゆっくりとソウルを楽しんで下さい。



さて、


昨日は、

jjが転役で帰ってきて

JYJぺんとして

ワタシも本当に嬉しいです。


何事もなく


無事にファンの元に還って来てくれたことが、


本当に

貴重で有難い事だと


ユチョぺんさんも、心底感じている事でしょう。。。


jj、

jjぺんさん


おめでとうございます。


以前にも増して

格好良くなったjjに期待できますね。


早速、

コンサートツアーの発表がありましたね。

楽しみですね。



さて、


今日のこの記事タイトル



仮説「64ジケンはサイセイへのミチでアル」



何だか、大晦日に似合わない記事のタイトルですが、

やっぱり、書いておこうと思います。






この半年間

ずっと、

一番、心と頭を使って考えていた事です。

今の自分なりの考えを書いておこうと思います。



何の根拠もない考えだけど。

自分の気持のモヤモヤ解消と

新しい年を気持ち良く迎える準備のために

ココロの大掃除とでも云ったらいいのでしょうか?






今年、2016年6月4日

ユチョンのこの一連の事件の始まりの

発端となる出来事がありました。


コレを64ジケンと勝手に命名します。




一番最初に結論から云うと



この64ジケン。



誕生日に始まったこの出来事は、

起こるべきして起こった出来事で、

今では、

再生への始まりの

幕開けの出来事だったと思えて来ます。






通過していく必要があった出来事。

これから、乗り越えていくべき出来事。



その先に、

再生された

新しいスケールのパク・ユチョンが待っている。

誰も会ったことがないパク・ユチョンです。





そう思えてきます。

勿論、

今のユチョンも

とても素敵で、

ダイスキだけど、

実は、

もっと、もっと


グレードアップ出来る人なんでしょう。


そんな風に選ばれてしまった数少ない人なんでしょうね。




そのために

とてつもない忍耐を与えられてしまった。

今は、まだその状態です。



あの時に、、、

あの出来事があったからこそ、

今のユチョンが居るよね。

って云われているであろう近い未来。



64ジケンはその始まりであり

ターニングポイントとなった出来事。


だと云う仮説です。




思えば、

事件の当初は、

突然始まった衝撃的な出来事で、

暫くは、

起きた事自体が

俄かに信じ難く、

その上、

世間からの扱いが、

マスコミや韓国社会の風潮等が、

余りにも

常識の範囲を超えた理不尽な扱いで、

一番力になるべき、支えるべき筈の

事務所の対応の不味さばかりが目立ち、



全ての出来事に

やり切れない感情と共に

ワタシは、

色んな事に腹を立てて過ごしていた毎日でした。




何でこんな事が起きたのか?

誰が悪いのか?

犯人は、誰?

原因や犯人探しばかりしていた

事件が発覚した最初の頃。

それが、、、、

最初の事件4件について

警察が無嫌疑で検察に送致する頃から

段々と気持ちが落ち着き、

この事件について考える時間が

長くなっていた事もあり、

この64ジケンについての見方に

変化が出始めました。

秋にソウルに行った時に

韓国人ペンさんと話した事も

現地で感じた事も

もちろん影響を受けました。





たまたま運が悪く、

この事件が、始まった訳ではない。



今ではなくても

遅かれ早かれ、

いつかは、

同じ事が起こったのではないか?

と思えて来ました。




そうならば、

この時期でよかったのかも?



さえ、思えて来ました。




兵役中に起きた事で

世間からのバッシングは、

通常よりも激しかった事も事実です。

復帰するにしても

その事で

国内では、更に長い時間が必要になりそうです。

しかし、

これが、例えば、

芸能人として活動を再開していた後なら、

ユチョン個人的に

本人だけの

責任ではコトは、済んでいません。。。

仕事の関係各位

JYJのメンバーにも

ファンにも

今以上に、

顕著に

大きな影響を及ぼす事になった事でしょう。

もっと、もっと、

大変な状況に陥っていたのでは?と予想できます。



そんな風に

考えに変化が始まるキッカケは、



今回の事件

事実は事実。


本人の弁とは違い

結果的には事実無根ではなかったんだから



事実はあった。


そうはっきりと意識した事が


始まりです。





その事実については、

それ自体の良し悪しまでは、

言及出来ないと思っています。




仕事ではなく、

プライベートの範疇だから。





それでも、

これが個人情報の保護も何もなく

いきなり世間に知れ渡り、

公な問題として取り上げられ、

私生活での出来事ですが、

真実も分からないうちに

アッと言う間に

もう事件として、

ユチョンの

これからの芸能人としての

個人としての

全ての人生に影響を与える程の

激しいオオゴトな出来事になってしまいました。




この辺りは、

何と云うか、運が悪いというのか、、、、

これほどのオオゴトになってしまった原因は、

本人以外の要因もあった様に思えて

同情の余地は充分あります。

ですが、、、



それでも、

現実に事実があった訳ですから。




こんな事を繰り返し続けていたならば、


いつか、


こんな事故の様な事が起こる可能性は非常に高いでしょう。



車の事故や労災事故と同じで、


確率統計的に起こるべくして、


起こったことなのかも知れません。






そして、

起こった日が、

6月4日

奇しくも誕生日でした。


今だから思えます。




この日に始まった事に

意味があるのかも知れないと。




誕生日とは、

まさにこの世に生まれ落ちて来た日です。

生まれた日、

輪廻転生の考えなら

生まれ変わりの日

再生の日とも

云えるのではないでしょうか?


そう、

もう既に

起こったことは、仕方がない。

ここから

どう再生していくかが、大切です。


再生するためには、

失敗から学ぶ必要があるでしょう。

失敗の根本的原因を考えて、

防止対策する必要があります。

そのためには、

人のせいにしたりするのは簡単だけど、

そうではなくて、

失敗した事実を認識して、

原因は、自分にあったと認める事が必要です。





失敗しない人なんていないと思いますが、

その失敗した事を素直に認める事が難しい事ですね。


自分自身とまともに向き合う勇気が必要になりますから。

怖いです。


でも、

ユチョンは、それが、出来る人だと思います。



ユチョペンさんも

そんなユチョンを懐ろ深く見守れる人が多いと思います。



ただ、

好きだからと

事実から目を背けて

訳もなく信じている訳ではないでしょう。

言葉に出さずとも

事実も見据えた上で

ユチョンを受け入れているんだと思います。

まあ、

それを、お花畑って言いたい人は、勝手に言いなさい。

そう言われても、平気だな。

って思います。





事件にまつわる色んな事にも

もう最近では、

腹が立たなくなってきました。

やっと、

今は

穏やかな気持ちを持てる様になりました。


誣告罪等で、

裁判中のAたちについても

ユチョンの事件の結果に影響があるかも?と云われているので

その結果は、気になる所です。

しかし、

Aたち本人については、

もう何の感情もありません。

自分のした罪について反省している様子もなく、

きっと、

これからもそんな人生を歩いていく人達なんでしょう。

再生したユチョンとは、

もう関係ない部類の人たちになっているんだろうと

思うだけです。




それでも、

今は、

まだ、検察の結果も出ていなくて


サインをフツーに出来る程の

ユチョンに戻ってきてるようだけど、


まだまだ

ユチョンには、

応援が必要だと思います。

ファンの応援が必要。



ワタシは、これからも変わることなく

自分で出来る範囲で

ユチョンを応援して行きたいと思っています。



あー

そして、

応援して、

応援し続けて、

ワタシたちの元に帰って来た暁には、

まずは

シバキ!です。




見事に再生したユチョンに

一番最初に

あの小尻に

おしりペンペンぐらいは、

したいですわねーーー

楽しみだわー




そして、、


そのあとに、


ユチョンが私たちファンのために作ってくれた


プレゼントしてくれたあの歌のように



〝 昨日も会ったように抱きしめてあげたい ″です。









今年、

2016年

ワタシは、ソウルで

華麗なカウントダウンで

新しい年を迎えたにも

拘らず、

その華麗さとは

裏腹な

忘れられない記憶に残る一年になりました。



2017年。


新しい年には、

たくさんの福がありますように。



気持ちが明るくなる

良い年になりますようにと

祈りたいです。

期待したいです。




そして、


前回のひまわりの記事に

記事コメントと拍手コメントありがとうございました。

コメントへお返事させて頂いています。


返事を書きながら、

9月のソウルの旅の記録よりも

この記事を

先に

書いておきたい気持ちになりました。


コメントを頂くと、

記事を書く力になります。

いつも、応援ありがとうございます。



記事の更新も

スローなペースですが、

これからも

どうぞ、よろしくお願いします。



最後に

ユチョンからの大切なメッセージが感じられる大好きな歌。

その歌詞を書いておきます。





******


「最後のアルバムまで」


なかなか感じることができなかった

大きく背筋を伸ばして

疲れた心を慰めてみたりする。

微笑みを含んだ手で

最初のアルバムを開いてみると

見慣れない初々しくて不自然な表情

今、

僕はまた違う鏡の前の僕だったけど

たくさんのことが変わって行っても

いつもそのままだった

そう、

僕のそばには君達がいて

笑って泣いた思い出もあって

ちょっとまたちょっと

遠くなった距離よりも

もっと近づいた僕らを考える



幸せな日々が続き

大きな笑声も増え

一つ、二つ、苦い過去まで忘れることができた

新しい僕になれた時

二つ目のアルバムを開いてみると

格好良くて成長した今の僕らしい表情

以前の僕、

また違う鏡の前の僕だったけど

僕らの1日、1日は、揺れない約束

遠く将来にまた出会う日

昨日会ったように抱きしめてあげる

そう、

僕のそばには君達がいて

笑って泣いた思い出もあって


またいつ会えるか知れないけれど

その時も

笑って暖かく迎えてくほしい





******



皆様

どうぞ、

シアワセで良いお年を

お迎えください。












にほんブログ村 芸能ブログ JYJへ
にほんブログ村









COMMENT 4

Sat
2016.12.31
20:16

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
Sat
2016.12.31
21:45

URL

To 鍵コメさん

こんばんは、鍵コメさん
早速のコメントありがとうございます。
鍵コメさんだけど、
コメントのタイトルは、ぜひ、公開させてくださいね。

「私もお尻ペンペンします!」

素敵なコメントのタイトルにテンション上がりました。
ありがとうございます!
はい。
ぜひとも、その時はご一緒に小尻ペンペン致しましょう。

記事に同感して頂いてワタシも心強く思います。
仰るとおり
一番大切なのはユチョンの復帰です。
来年に向けて新しい希望を持ちましょう。
ユチョンにも
ユチョペンさんにも
たくさんの笑顔が戻っていますように。

2017年には、
あのかわいい笑顔のユチョンに
きっと、会えるコトでしょう。

そうですね。
今回の64ジケンよりずっと前ですが、
去る人もいたけれど
新しく出会う人もいますよ。
ワタシもそうでした。

変わらず、
一緒にユチョンの再生を応援しましょう。
こちらこそ、
お世話になりありがとうございました。
どうぞ、良いお年をお迎えくださいね。

れおな

Edit | Reply | 
Sun
2017.01.01
09:52

rima

URL

今年も宜しくお願いします

      あけましておめでとうございます。

晴れた空を見上げユチョンの安寧を祈る静かな元旦の朝でした。

年初めにこのタイトルの記事を拝読した事
これからのユチョンへの変わらぬ応援
その気持ちの更なる強まりを意識しました。

今回の事 
そうですね、起こるべくして起きたジケンなのでしょうね。
相手のタチの悪さ、韓国世論の厳しさには同情しましたし、嘆きもしましたが、
失敗のない人生なんてありませんよね。
その事を如何に捉えて今後に活かすかが大切ですし
私もユチョンは必ず新しい姿に再生して還ってくると思っています。

私の「ユチョンを信じる」と云う言葉の意味は
困難を乗り越える力を持っていると云う事でしたし、
必ずそうしてくれると信じています。
グッと歯を食いしばり見守る日々でした。。。(辛かったですが)
だからの「強く 静かに」でした。

変わらずに「ユチョン 還っておいでよ~」と大~きく手を広げていますが、
小尻にペンペンもいいですね~(笑)

申年は騒々しいと言いますが
世の中もユチョン、ユチョンファンもホント騒々しい年でしたね~。
酉年が静かに、そして羽ばたける年になりますように~~と
祈りを込めつつ、
どうぞ今年も宜しくお願いしますm(__)m












Edit | Reply | 
Sun
2017.01.01
13:36

URL

To rimaさん

明けましておめでとうございます。
rimaさん、
新年もこうして
早速のコメントを頂きありがとうございます。

2017年元旦の朝は、
大阪も
お天気が良くて晴れた空です。
雲も探さないと見あたらない程です。
ちょっと空気が冷たくて、
青空が拡がるキレイな空です。
ワタシは、
久しぶりの日本での静かな元旦の朝です。
平和で、シアワセな朝です。

2016年は、色々とあり過ぎた苦労の一年でしたね。
はい、ザワザワと騒々しい年でした。
rimaさんの「強く 静かに」の言葉が心に響きましたよ。

2017年は、「強く 静かに」の後に続く言葉がどんな言葉になるのか楽しみですね

例えば、(お年玉仕様?)

ゆちょんが「強く 静かに」羽ばたいて、笑顔でココにもどってくる。

ってのは、如何でしょうか?


暫く、ココは、ドコ?を色々想像して楽しみたいです。
ワタシは明日から、又仕事です。
頑張りまーす。
本年もどうぞ、よろしくお願い致します‼️

れおな

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?