REONAわーるど

日々の暮らしについて、仕事・趣味・旅行について覚えておきたい出来事の記録です。

Take a look at this

ソウル2日目「再会ノウルカフェ」と「再会待ちのカフェロッソ」

 29, 2017 06:04

ソウルから戻って、

もう半月が、経ちました。



時間が過ぎるのが早いなあ〜


旅の記録も記憶が薄れないうちに書いておきたいところです。



が、その前に、

少しだけ、

Aたちの裁判の事について書いておこうと思います。



この半月の間に大きな動きがありましたね。



一つ前の記事にも書きましたが、


Aたちの誣告等の裁判の一審判決が出ました。


3人ともが、実刑判決でした。(ヨッシャー❗️)


一旦は、


実刑判決が出て、


一つ荷物を下ろしたと思ったけれど、


直ぐに控訴されて、

また、


この荷物を


もう一度持って歩かないといけなくなった。



でも、



もう一度持ち上げた荷物の

重さが変わったり、

色が変わったりする事があるはずもなく、


もう、

ここで完全に降ろして良し!


と言われるその時まで、


もう暫く時間がかかると云う事ですね。



もう少しだけ、


この荷物を持って歩いて行くしかない様です。



でも、大丈夫、

ユチョン



この荷物は、もちろんのこと、

今、

背負っている全部の荷物を降ろせる日が来るよ。


それまで、


もう少し頑張ろう❗️





今、エールを送りたいです。







さて、


ここからは、旅の記録です。




今回は、ソウル2日目です。


1月12日第二木曜日


この日は

まるで、

〝ユチョンの所縁のカフェ巡りの日″でした。




朝、昼、夜と

1日で、3つのカフェに行ってました。

( 正確には、朝イチのXIAセットのカフェを入れたら4つですが )



そして、

ユチョンの所縁の3つのカフェで、

それぞれに

思いがけない出来事が待っていました。




朝、

【 グムタブ喫茶店 】


ここでは、前の記事に書いた通りです。

私たちが行った日は、

まさかの

月に一度の定休日にドンピシャ‼️で、

ウッソーで

会いたかったオモニにも会えず、本当に残念でした。










【 ノウルカフェ 】




20170128173636364.jpeg





実は、このカフェは、

あの独特な形の建物はそのままずっと健在でしたが、

ずいぶん前からカフェ自体は、営業していませんでした。



今回、

ここに行った一番の目的は、

このカフェが、

営業を再開してるかどうかを確かめるためでした。




去年の秋にソウルに行った時に

橋を渡る電車の中から、

偶然、建物の灯りがついているのが見えました。



おおーもしかして、、、


と気になりましたが、



この時には時間がなくて確かめる事が出来ませんでした。




今回は、行けて良かった。


嬉しい事にカフェは再開していました。



2016年の4月から再オープンしていたとの事です。


このカフェは、

皆さんご存知の様に

ドラマ「会いたい」のロケ地です。




ワタシは、このノウルカフェも

とても好きなカフェで

今まで何度か行っています。




おおおーーー







20170128215517732.jpeg


201701282241288e2.jpeg




ジョンウユチョン〜❤️




ここで、会えると思ってなかったよ。








20170128225306f74.jpeg



ノウルカフェ


本当に営業再開してくれて


ありがとう。



まさか、


ドラマ「会いたい」の


ロケ地だと


未だに、


こんな風にインフォメーションしてくれていたとはねえー


思いもしなかった。






本当は、


ここのカフェが営業してるコトだけを確認したら、


中には入らずに、


直ぐに、


新しくオープンしたJホリに移動して、


Jホリでお茶する予定にしてました。



でも、でも、


ワタシたち、


朝からXIAセットしか食べてなくて、


余りにもお腹がが空いてることに気がついたー


で、それなら、と、


ノウルカフェで


お茶することにしました。




ペゴパ、バンザイ‼️



おかげで、


ジョンウユチョンと再会できました❤️



嬉しくて、素敵な「再会ノウルカフェ」でした。






ノウルカフェへは、

地下鉄 4・9号線

ドンジャッ(銅雀)駅の

2番出口から出て、

歩道橋を上がって少し歩いたらカフェが見えてきます。

ハンガンにかかる橋を河の方に真っ直ぐ歩いてください。

モチロン一本道です。



バスもあるようですが、

私は、いつも地下鉄で行きます。

そして、

ここでタクシー拾うには至難の技です。

この日、

多分中国人(?)の方たちが、長い時間タクシー待ちをされていましたが、

最後はカフェの人にタクシー呼んで貰ってたようです。




ユチョペン?

ワタシ達が座ってた席を見に来たよ。


とワタシ。




なおちゃん曰く、

いやいや、ユ・スンホペン?

ウネちゃんペン?




かもね〜

この席には

ユチョンは座っていませんでしたから〜





ソウルナビの「クルムカフェ」の情報はこちらから



橋の反対側にも全く同じようなカフェがあります。

(一番最初に行った時は、分からなくて、こっちのカフェに行きました。)

そのクルムカフェの紹介記事になります。

ノウルカフェの情報は最後に少しだけしかありませんが、

参考にして下さい。








そして、

夜は、いよいよ❗️


【 カフェロッソ 】



前回の記事にも少し書きましたが、

この日、

偶然、オーナーご夫妻と

お話しする事が出来ました。




最初は、

このカフェロッソには、

今回の旅で、

立ち寄る予定は、ありませんでした。




ワタシとなおちゃんは、

そんな話しはしていませんでした。

と、云うか、

カフェロッソについては、

話題にも上らなかったんです。




去年の秋に

ワタシがカフェロッソに行った時に、

お店からユチョンの写真は消えていました。

写真が貼ってあったところは、

ぽっかりと空いままになっていました。

ユチョン席はまだ残してありましたが、、、、


でも、

これは、かなりのショックでした。



その上、

去年の1月に持って行った

ユチョンのOSAIFUミニアルバムを

探してみても

お店には見当たりませんでした。





写真も消えていたこの時に、

ワタシには、

このミニアルバムの行方を

お店の人に尋ねてみる勇気も出ませんでした。




韓国人のユチョペンさんと

ここで会えた事は嬉しかったけれど、



ジケンの後

初めてソウルに行ったワタシには、

この出来事が

今のソウルでのジケンの影響を

現実を

まざまざと、

見せつけられた様に感じていました。



タイヘンだったんだ。。。。




その後も

このカフェロッソの写真オプソの件については、

少し、残念な事もありました。




帰国してから

暫くして

カフェロッソに一緒に行った韓国人ペンさんではない

他の韓国人ペンさんから

LINEが来ました。



彼女は、

ワタシが、カフェロッソが大好きなカフェだと知っていました。




「カフェロッソにユチョンの写真は、もうありません。」




とワタシが知らないと思って

教えてくれた様です。


そして、

彼女は、その事で、怒り心頭で、

ユチョンの写真がなくなったカフェロッソに

もう行く意味がないし、

自分は、もちろん行かないし、

ワタシにも

もうカフェロッソに行くな

とまで言って来ました。




ワタシは、

彼女に

9月にソウルに行った時に

帰国する直前にカフェロッソに行ったので、

その事は知ってる。

自分の目で確認した。

とユチョンがいない写真をLINEで送りました。


そして、

それでも、

ワタシは、

またカフェロッソに行くと思う。



と返事をしました。

ワタシの考えは、

以前に記事に書いた通りです。



お店としては、

仕方のない選択だったんだろう。

その事は、ワタシには、理解出来ました。




しかし、


彼女の返事は、

たとえ、

ユチョンの写真が元に戻ったとしても

もうカフェロッソには、行きたくない。


との返事でした。



彼女は、

この件については、

もう許せない様子でした。






日本に帰ってきて、

このブログでも

この時のカフェロッソの記事を書きました。


その記事を読んでくれた

日本のユチョペンさんからは、




ユチョンの写真がないカフェロッソに行く勇気がありません。



と言われた事もあります。


そんなこともあり、

色々と複雑な思いがある

カフェロッソでした。






だから、

今回の旅では、

わざわざ出かける予定には、

入れてなかったんだと思います。

無意識のうちに避けていたのかも知れません。




この夜にカフェロッソに行ったのは、

成り行きで行く事になりました。




ミッキスに行った後に


晩ゴハンは、やっぱりソウルに来たら

焼肉でしょう❗️ってことで

たくさんお肉を食べて、

たくさんビールを飲んで

(ワタシは、ダイエットのために11月からアルコール断ちしていました。

そのお陰か、

12月ギリギリで目標体重まで落とす事が出来たので、今回のソウルでは飲んで良い事に決めていました。)



美味しくて、

シアワセで、

なんだか眠たくなっていたワタシです。




この焼肉の後、

夜遅い時間に「 甘い嘘 」と云う

ユチョンが、

キスミョンのCMの撮影をしたカフェに行く予定でしたが、



この場所が

ワタシたちのゲストハウスからは、

少し距離がありました。




時間的には、充分間に合う時間だったんですが、




朝早くから

両水里まで出かけて、

寒い中、

1日動き回って

疲れていたんだと思います。

でも、心地よい疲れでした。

しかし、

距離があるカフェまで行く気分にはなれず、

だからと云って

このまま

ゲストハウスに戻ってしまうには、

まだ早すぎる時間帯で、

せっかくソウルにいるのに勿体無いなあーって感じです。




タクシーの中で、

どうする?

「甘い嘘」を辞めて

歩いて帰れるカフェロッソに行ってみようか?

って

話しになりました。





ユチョンの写真が戻っているのかも?

って


都合の良い想像も

少しは、頭をかすめましたが、、、

また、

辛い現実を見るだけになるのかな。

と思いつつ、

お店の前でタクシーをおりました。




20170128233521909.jpeg







夜の暗さに

カフェロッソの赤い灯りは変わらずに温かい


外からでも、

ユチョン席に、

誰かが座っているのが見えました。




ユチョンのファンではない感じです。

韓国人の若い2人連れの女性のお客さんでした。

仕事帰りにフツーにお茶しに来たんでしょう。




ワタシたちは、

真ん中の4人掛けのテーブルに

二人でゆっくり座りましたが、




やっぱり、

無意識のうちに

二人共、

写真確認をしていました。




入り口にもなかったが、

ユチョン席にも

やはり、ありませんでした。



そうだと思ってはいたけれど、やっぱり寂しいね。




OSAIFUミニアルバムも

トイレに立ったついでに

お店の中を歩いて

また探してみたけれど、、、

やっぱり、どこにも見当たらない。



ただ、

二人静かに

美味しいコーヒーを飲んでいました。

なんだか、

こんなマッタリした

カフェロッソは、初めてです。

いつも

ユチョン席に座って

時間に余裕がなくて、

なのに

テンションが高いのが普通でしたから、、、




20170128234421030.jpeg







暫くしてから、、、

ワタシは、

写真の事は聞く勇気はないけれど、、、

でも、

OSAIFUミニアルバムついては

お店の人に

聞いてみてもいいのかな?

って思えて来ました。



秋に来た時は、

それさえも聞けなかったけど、



もう丁度、

一年前の事になるしね。。。。





ちょっとドキドキするけど、、、

少し、勇気を出してみようか、、、




なおちゃんには、

「ちょっと聞いてくるわ」と言い

ワタシは、席を立って、

カウンターまで行きました。





20170128235236fe2.jpeg



言葉が通じないと思っていたので、



ミニアルバムをプレゼントした時の

このカウンターで撮った認証写真を見せて、




ネガあー
イルポンサラミえよ。
パク・ユチョンし
ペンえよ。

CD、オプソヨ?


と、テキトーにハナシてみた。


パク・ユチョンし

ペンえよ。




って時に正直、力が入っていたかも?

ユチョンの名前を出して、




拒否されたら、、、、


嫌な顔でもされたら、、、、



どうしよう⁉️



って、ちょっと緊張した。





まさか、ここで、こんな思いをするとはね、、、、、






そしたら、


カウンターの中にいた、


二人の女性のうち、


年配の方の反応がすごかった。





あああーー
コレ
コレって感じで、、、



チャカマン、
チャカマン、って



カウンターの近くの席に座っていた

男の人に声をかけてくれた。



そしたら、

また、

この男の人が、

スゴイ勢で、

CDを置いている棚のところまで走って行って

どうやらCDを探し始めてくれたようです。




アレ?

お客様ではなく?

お店の人?

ひょっとして、

オーナーさん?





棚だけでなく、

棚の下の

キャビネットの中のモノを引っ張り出して

色々探してくれましたが、

結局OSAIFU ミニアルバムは、出てきませんでした。



一生懸命に探されてる肩越しに

ちょっと気の毒になってきて、



ワタシが、

思わず

「ありませんか?」

って日本語で話しかけたら、、、



「ごめんなさい。みつかりません。」


って、

流暢な日本語で返事が返ってきて

ビックリ。





このカウンターにいた女性が奥様で、

CDを探してくれていた男性が、

やはりオーナーさんでした。





後で、聞いたのですが

オーナーさんは日本の大学に留学していて、

日本で仕事にも就いていて、

会社は、東京と京都にあったそうです。

とても、流暢な日本語を話されます。







CDを探すのを諦めて、

カウンター席に戻って来られたオーナーさんと奥様と一緒に



今まで


ワタシがカフェロッソで

撮った写真を見て貰いました。







201701282355390fa.jpeg

20170129000037ec4.jpeg









ワタシは、写真を見せながら、

いつの間にか話しを始めていました。





ユチョンのファンになって、

ソウルに来るようになり、

このカフェを知ってから

もう何年も前から、

ソウルに来るとここに良く来ています。

とても大好きなカフェなんです。

と、





お二人共、

嬉しそうに写真を見てくれていました。




そしたら、


奥様が、

なおちゃんの事を覚えていると話されて、


あらあ?と、


和やかな雰囲気になっていたけれど、、、





黙ってワタシの話しを聞いていたオーナーさんは、


開口一番、、、、、



「理解して貰いたい」



とイキナリ本題から話されました。




私からは、

ユチョンの写真の事については

何も話しはしませんでしたが、

しないと云うより

出来なかったのですが、、、





やはり、

写真の事がお互いに気になっていると

分かったんですね。





そして、

続けて、

こう言われました。


「それが、ユチョンさんのためでもあるんです。」

と、

この時は、

ワタシの目を真っ直ぐに見て

ハッキリと言い切られました。




それは、

今、咄嗟に考えて口から出た言葉だとは

ワタシには思えませんでした。




きっと、

写真を外す時までに

色々と考えられたんだろうなあ

と感じました。




ワタシは、

「写真については、ワタシは理解していますよ。」

とだけ言いました。




それから、

先程の

自分が日本の大学に留学していた事。

日本でデザイン関係の仕事に就いていた事。

会社が、東京と京都にあってと

日本での思い出話しをされて、

ワタシが日本の何処に住んでいるのか

と聞いて来られました。

「 大阪です。」

と答えると、

大阪と云えば金龍ラーメンが好きで、

また食べたい。と

「ユチョンも日本のラーメンが好きですよ。」

と話したら、

ソウルにも日本式ラーメン店があるけれど、

味が違うと。

やっぱり日本で食べるラーメンが美味しいから

そうだと思うよ。云う返事。

「日本にまた来てください。」

と云うと

年に何度かは、

日本に行きます。と、

ああー

だから、日本語がとてもお上手なんですね。




そして、

ユチョンのジケンについては、


自分も軍隊に行った経験があるから、、、

と云う、話しから

本音のお話しもされたり、、、



ワタシと奥様と思わず顔をあわせる始末のお話しまで、、、、

(ここには、チョット書けないわ。。。。ぶっちゃけ話し)


そんな風に

話しをしているうちに


やはり、


自ら進んで

ユチョンの写真を外された訳ではないんだ

と分かりました。




そうだと思っていたけれど、

話しをして

その事が確認できて、よかった。

なんだかホッとしました。





もう少し、落ち着いたら、

世間が静かになったら、

また、ユチョンの写真をここに飾りたい。


と話されていました。






実は、

飾っていた写真は、

3hree VoicesのDVDを持っていなくて

オーナーさんが自ら

動画からキャプって

あの写真を作られたそうです。

画質があまり良くなかったから、、、

と写真の出来具合いに

満足されていなかった様子でした。



作り直そうと思っていたけれど、

そのままになっていたので、


だから、


次に飾る時は、

もっと画質を良くしたいと思ってる。


と話してくれました。


そして、

話の最後には、


「また、ユチョンさんには、TVに出て貰いたいね」


と言われてました。





「はい。」


「歌の才能も演技の才能もある人ですから」


とワタシは答えました。





「ユチョンさんのためでもあるんです。」


確かに、そうかも知れません。

ここにユチョンの写真があれば、

今は、

このジケンのコトしか話題にならないのでしょう。。。。

人々が、ここでそんな話しをしているのを

想像するだけで、、、、

ワタシは、嫌な気分 になります。



写真がなければ、

ユチョンを知らない人は、モチロン

知ってる人でも、

わざわざ、ジケンの事について、

話題にしないのかも知れません。






帰りがけに

ワタシが日本でブログを書いていて

ここでお話しした事について、

ブログの記事として書いてもいいですか?

と尋ねてみました。

ご夫婦で顔を見合わせて、

「はい、良いですよ」

とのお返事でした。





このカフェロッソで、

ユチョンの写真がなくなってしまった事は、

寂しくて残念だったけど、、、、




また、

そのうちに時が来れば、



ユチョンに再会できると分かり、

( おそらく、次は高画質ユチョンの筈 )



ホントに嬉しくて、

なんだか、心が温かくなる夜でした。





「再会待ちカフェロッソ」

このカフェが、

どうか長く、長く、

この場所にありますように。。。。




20170116081830fad.jpeg





ワタシは

ソウルに来たら、



また、このカフェに来ることが、

以前と同じように楽しみになりました。




よかった。






人は、それぞれ考えが違うものだけど、




そうだなぁ〜

ユチョンの写真が戻っても

カフェロッソには行きたくない。

って

そう言ってた、韓国人ペンさんの彼女。



彼女にも

いつかは、

ここでの話しをしてみたいなあ〜って

思いながら、




冷たい夜の空気の中、

ゆっくり歩いて

ゲストハウスに戻った

ソウル2日目の夜でした。













にほんブログ村 芸能ブログ JYJへ
にほんブログ村
















COMMENT 6

Sun
2017.01.29
13:56

ミニヒイラギ

URL

レオナさま
いつも有難うございます❗

カフェロッソのお話、
オーナー夫妻と会われて、色々お話になった事は
偶然ではなく、ユチョン愛への必然の様に思います。

ユチョンへの風当たりが、当時は想像以上で
しかし、又ドラマに出てほしい…との言葉も
聞かれる、と言うことは明るい兆しと思いたい。

ミッキスのお姉さんが、ユチョンは
元気にしている、と話してくれたり

まだまだ先は長いでしょうし
色々心配や腹立たしいこともありますが
ユチョンが元気でいることがなにより大事!!

嬉しいお話を有り難うございました❗

Edit | Reply | 
Sun
2017.01.29
16:18

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
Sun
2017.01.29
16:23

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
Mon
2017.01.30
12:22

URL

To ミニヒイラギさん

ミニヒイラギさん

いつもコメントありがとうございます〜

カフェロッソでの出来事は、
本当に偶然だったと思います。
それを、
ユチョン愛への必然の様に思います。
と、
コメント頂いて
おお〜とビックリしましたが、
そんな風に思って頂いて嬉しいです。

今の時期に
ノウルカフェも営業を再開していて、
「会いたい」のドラマのロケ地だと案内もあり、
ミッキスのお姉さんからは、
ユチョンさんは、
「皆さんのおかげで元気にしてるようです」
と言われて、
(コレは、用意されていた決まり文句のお答えかも?だけど、、、
まあ、、そうだとしたら
それは、それで嬉しいコトですね。
ファンを気遣ってくれてると云うことでしょう?
誰がって?
ユチョン本人が❣️って、、、秘かに思っておりますよ。)

そして、

カフェロッソでは、
オーナーさんご夫婦とお会い出来て、
気になっていた事について
直接お話しを聴けて本当に良かったです。
これは、
今回の旅の一番の収穫と言っていいでしょう。

はい。
そうですね〜
ユチョンが元気でいることが何よりも大事ですね。

Aたちの誣告裁判では一審判決は、控訴されても
「実刑判決」であった事に何ら変わりはありませんし、
ようやく、
本当に❗️「ルシッドドリーム」の映画も
2月22日から公開されるようですね。

この映画公開が、
ユチョンにとっても
何か良い突破口になるのでは?
と期待で、ワクワクしますね〜

ユチョン本人も
最近は、こんな良い話題が
「明るい兆し」となって
ますます元気にしてるのではないですか?

そんな風に想像するだけで
ワタシ達も元気になれますね〜

こちらこそ、
いつも暖かいコメントをありがとうございます。


れおな

Edit | Reply | 
Tue
2017.01.31
07:35

URL

To 鍵コメさん

鍵コメさん

コメントありがとうございます。
はい。
そうだったんですよー
ノウルカフェとカフェロッソ
2つのカフェでは、それぞれの理由で、
嬉しくて、
ジンワリと温かい気持ちになれました。
行ってみて良かったです。

そうですね。
仰る通りだと思います。

当時の韓国国内でのユチョンバッシングについては、
日本にいた私達には、想像するしかありませんが、
苦しい環境でも
いつも、
ユチョンを支える活動をされている
韓国人ペンさんたちに
感謝ですね。

そして、
この様にペン以外の方でも、
今は、静かに目立たない様に配慮しながらも、
ユチョンを温かく見守ってくれている方たちも
いらっしゃいます。
ユチョンの復活を心待ちにしてくれています。
嬉しいことだと思います。

ワタシも
必ず、「背負っている全部の荷物を降ろせる日が来る」
と信じていますよ。

それに、
映画、ルシッドドリームが、
ようやく本当に公開されそうですね。

はい。
映画の予告編、、、、
ワタシも同じです。

冒頭からユチョンの声が❗️
感激しましたね。

なんだか、とても
嬉しくて
懐かしい気持ちになりました。


演技者ユチョンに
新しい映画で会えるんですね〜
この予告編で
ようやく実感が出てきましたね。
それにしても
映画ルシッドドリームの上映が、
兵役中の置き土産だった筈が、
ユチョン自身にとっても
大きなプレゼントとなりそうな予感がしますね。
ホントに楽しみです。
ハイ。
ワタシもこんな感じでいますよ。
(^O^☆♪
いつもコメントありがとうございます。
れおな

Edit | Reply | 
Wed
2017.02.01
07:45

URL

To 鍵コメさん

おはようございますー
鍵コメさん

コメントありがとうございます。
お返事遅くなりました。

さすがですね。
カフェロッソのあのユチョンの写真の外し方から、
そのような予想をされていたとは!
当たり‼️でしたね。
今回、オーナーさんから
期待通りの答えを聞けて
ワタシも本当にホッとしました。


裁判については、
本当に一つの判決が出た事で、
今まで明らかにされていなかった事実も
情報として、
オープンになった事もたくさんありましたね。


ジケンが起こった最初の頃の
世間の風潮を思うに
ユチョンは、本当に持ちこたえてくれて良かった。
と今更ながら思いました。
やはり、強い人ですね。

そして、

やはり世界中のユチョペンさんは、素晴らしいですね。
事実が明らかになる前から
ユチョンの事を信じて、
変わらず応援し続けていますから。

Aたちの控訴や、検察側が控訴した事
この裁判はまだまだ続くようですが、
また、最近この控訴があった後で、
韓国人ペンさんたちも
嘆願書を出してくれたようです。

今回は、この嘆願書を早く提出するために、
海外のファンには声をかけなかったようですが、
他のジケンについても
早く進めてもらうような内容の嘆願書であると聞いています。


はい。
この誣告罪の裁判の結果が
他の件についてもきっと良い影響を及ぼしてくれると思います。
この一審の判決も実刑判決が出た事が
この手の判決としては、やはり珍しいことの様です。
そうですね。

ユチョンが公益解除になる8月までに
この諸々の件についても、なんかの決着がついていて欲しいと思いますが、
時間が、どれほどかかるのか分からないですね。

例えば、
控訴についても、
日本なら、
その控訴理由を書いて提出するまでの期限が
控訴した日から2ヶ月の日までの様です。
韓国の裁判とは違うのでしょうが、、、、、
今までの経緯をみても時間がかかりそうです。
だからこそ、
また嘆願書を出してくれたんだと思いますが、

一方、
事務所については、
本当にこの裁判についても
誣告罪で実刑判決が出た。
とその結果だけでも
公の立場で知らせても良いのでは?
と思いますが、、、、、、
事情が事情だけに
少しでも都合が良くない事がある時は、
スルーすると云う
カノクニ特有の風潮に乗っての事でしょうかね。
ダンマリですね。
事務所については、、、、、です。

とにかく、

映画の公開が、本当に決まったようですし、
この事が明るい兆しとなって、
ユチョンの気持ちが、
少しでも穏やかであれば良いのにと思います。

いつもコメントありがとうございますー
楽しみに読ませて頂いていますよ。
また、遊びに来てくださいね。
お待ちしています。

れおな

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?