REONAわーるど

日々の暮らしについて、仕事・趣味(JYJ・ユチョン)・旅行について覚えておきたい出来事の記録です。

Take a look at this

2月15日マスコミ試写会のルシドリ韓国記事の紹介。妄想ではないかも?

 15, 2017 23:58

こんばんは


今日、

2月15日は、

ルシッドドリームのマスコミ向けの試写会があったようですね。


映画について本日付けの記事が出ています。


記事を読みました。


予想通りの、


ユチョンの演技についての絶賛記事になっています。


やっぱり、嬉しいですね。


妄想話が、妄想ではなくなるかも?


と期待したいです。




あと1週間


どんな姿の演技者パク・ユチョンが観れるのでしょうか?


2月22日からの映画の公開が


本当に楽しみです。





記事一つ目



ここから


【「ルシッドドリーム」金埈成(キム・ジュンソン監督"パク・ユチョン分必要だった、演技がよくしてくれて" 】


キム・ジュンソン監督がパク・ユチョンの役割について説明した。


15日午後、ソウル城東区往十里CGVでは


映画'ルシッドドリーム'(監督キム・ジュンソン、製作ロードピクチャーズ)


マスコミ試写会が、


コス・ソル・ギョング・カン・ヘジョン・キム・ジュンソン監督が出席した中で開かれた。



先立って、


議論をかもしたパク・ユチョンの分量は減少せずそのまま出た。


劇中のパク・ユチョンは、李大浩(コ・ス)の夢の中に現れた疑問の男ディスマン役を演じた。


キム・ジュンソン監督は、


パク・ユチョンの分量について



〝「ルシッドドリーム」でディスマンは、夢マニアの間では面白いキャラクターだ"とし、


"ディスマンはルシッドドリームとコンユモンを説明するためには必要だった。




媒体としての役割をパク・ユチョンがよくしてくれたし、


(劇に)よく溶けて入って出たようだ"と話した。





'ルシッドドリーム'は、大企業不正告発専門記者李大浩(コ・ス)が


3年前に計画的に拉致された息子を探すため、'ルシドゥドリーム'を利用、


隠された記憶の中で手がかりを探して犯人を追う記憶追跡SFスリラーだ。


'明晰夢'と知られた'ルシッドドリームは夢を見るうちに夢だということに気付いたり、


最初から夢という事実を認知していたり、


あるいは最初から夢を見た人が夢をコントロールすることなどを指す。


来る22日封切り。







二つ目の記事



201702152327546d6.jpg



ここから






[enews24イ・ドンヒョン記者]


歌手兼俳優パク・ユチョンが、招集解除後円満な活動再開のための信号弾を打ち上げた。




パク・ユチョンが出演した映画「明晰夢」(キムジュンソン監督)が15日、


マスコミ配給試写会を通じて初登場して見せた中で、


パク・ユチョンは、無難な演技と滑らかなキャラクター表現を披露し


復帰軟着陸の可能性を確認した。


パク・ユチョンは、劇中でミステリーを持った人物ディスマンとして登場する。


比重は大きくないが、


コス、ソル・ギョングなど主人公たちの活躍に大きな影響を及ぼした人物だ。


パク・ユチョンは、特有のダンディーな魅力を発散する姿から、滑稽なイメージまで


多様なキャラクターを表現した。


分量は大きくないが、強烈な印象を残しながら、作品の面白さの大きな柱を占めた。





キム・ジュンソン監督は試写会後に行われた記者懇談会で


〝パク・ユチョンは、作品の核心キーワードのルシッドドリームとコンユモンを


説明するために必ず必要なディスマンを演技した"、


"重要な役割だったが、パク・ユチョンがよく消化してくれた。


よく溶け込むように編集になったようだ"と賛辞を惜しまなかった。


パク・ユチョンは、昨年、少なからぬ論議に包まれ、


芸能活動に大きな危機を迎えた。


兵役義務を遂行している状態なので、


すぐに活動にどのような影響を及ぼすことができるかどうかは体感されていないが、


来る8月召集解除後の活動については関心が集まっていた。



結果的に'ルシッドドリームは、


パク・ユチョンの活動再開に向けた立派な緩衝剤の役割を果たすものと期待されている。








次の記事は、


映画について記者の感想が色濃く述べられている記事です。


一部ネタバレありますので、

中略して記事を抜粋しています。





【 'ルシッドドリーム'父のコス徹底し、無編集パク・ユチョン奇怪だ 】




ここから




15日午後、ソウル城東区杏堂洞CGV、往十里で開かれた


映画'ルシッドドリーム'(金ジュンソン監督)マスコミ試写会には


キム・ジュンソン監督をはじめ、俳優ソル・ギョング、コス、カン・ヘジョンが出席した。



映画'ルシッドドリーム'は、


大企業不正専門記者李大浩(コ・ス)が3年前に計画拉致された息子を探すため、


ルシッドドリームを利用、過去の記録に行って犯人の手がかりを追跡する話を描いた映画だ。



韓国映画'初めて自ら自覚したまま夢を見る現象


明晰夢(ルシッドドリーム)を素材にしている。


キム・ジュンソン監督は"明晰夢を直積経験してみたことがある。


いつも明晰夢を素材にした映画を作りたかった。


'インセプション'は明晰夢の所在を先取りした映画だ。


ためにあえて'インセプション'を避けたくはなかった。


'インセプション'ようなビジュアルを表現できないことに


無意識世界の具現に集中しようとした"と演出を主眼とした部分を明らかにした。



ルシッドドリームは夢を見た人が夢をコントロールすることを指す。


映画にはコンユモン、ディスマン、RCなどルシッドドリームの多様な特性が


映画の中のもう一人の主人公のように扱われている。


非現実的な素材であることにも映画に自然に溶け込んでいる。


荒唐無稽な状況であることにもわざと詳しく説明しなくて


いい加減にした地点がかえってプラスに作用した。



キム・ジュンソン監督は"明晰夢を直積経験してみたことがある。


いつも明晰夢を素材にした映画を作りたかった。



中略



無意識世界の具現に集中しようとした"と演出を主眼とした部分を明らかにした。


難しい素材をなかなか器用に扱ったことが美徳だったら、


ドラマの設計はずさんな感じが強い。


1日朝に息子を失った李大浩の感情、


そんな李大浩を支持する助力者、

誘拐犯の拉致理由



中略



キャラクターが別にたわむれる俳優の演技も人物に100%密着されなかった格好だ。


特に観客の感情をクライマックスまで吊り上げなければならない教授は、


残念な発声でしばしば没入を妨害する。


息子を失ってから送った3年の時間がそのまま感じられない。


10kgまで体重を増やし、凄絶な変身に乗り出したのは賞賛に値する。





スキャンダル論議に包まれたパク・ユチョンは、


分量を超え、映画の隠しキャラクターとして存在感を発揮した。


パク・ユチョンが演技したディスクマンは映画の隠れキャラクターなので、


編集せずに撮影分量がそのまま本編に反映された。


パク・ユチョンは、共有モンの中、


涼しい姿と現実の世界の奇妙なキャラクターを行き来して、様々な顔を見せてくれた。



演出は


短編映画'回った無駄金会社'(01)、'最後の帰宅途中の'(09)、'人生の香り'(12)演出を担当して


大鐘賞短編映画最優秀作品、


ミジャンセン短編映画祭アクション/スリラー部門最優秀作品賞など受賞をして


名前を知らせたキム・ジュンソン監督が監督に就任した。


2月22日に封切りする。





この最後の記事の記者は、

ちょっと辛口の評価も書いている様ですが、

それでも、ユチョンの演技については、

良い評価で書いています。







最後の記事です。


ここから




【「ルシッドドリーム」パク・ユチョンの新しい姿。真の神スティルロ 】



俳優パク・ユチョンが映画'ルシドゥドリーム'で真の神とスティルロして活躍した。


15日午後、


ソウル往十里CGVで映画'ルシッドドリーム'(監督金埈成(キム・ジュンソン)


マスコミ配給の試写会が開かれた。


同日の行事には主演俳コス、ソル・ギョング、カン・ヘジョン


キム・ジュンソン監督が出席した。


'ルシッドドリーム′は、李大浩が3年前に計画的に拉致された息子を探すため、


ルシッドドリームを利用、隠された記憶の中で手がかりを探して


犯人を追う記憶追跡SFスリラーだ。


映画のタイトルでもある'ルシッドドリーム'は明晰夢、


すなわち自ら自覚したまま夢を見る現象を意味する。




パク・ユチョンは、映画の中で'ディスマン'として登場する。


ディスマンは数百人の夢の中の虚構の人物。


パク・ユチョンが社会的な物議を起こした中、


'ルシッドドリーム'で編集するかどうかが関心を集めていた。


しかし、パク・ユチョンは、編集なしにそのまま登場した。


パク・ユチョンが担当した'ディスマン'役割は


'ルシッドドリーム'でコンユモンを説明する上で重要なキーマンの役割。


ディスマンが登場しない場合、該当内容が説明されない。


これに事実上、パク・ユチョンの分量を編集すること難しかったものとみられる。



実際のパク・ユチョンは、該当の役割をよく消化した。


短い登場だが、極と極を行き交った演技は彼の魅力を存分に生かした。


カリスマあふれる表情から、


おしゃべりとずるいふざけた言い方をする役割まで見せた中、


極から重要な役割を担当した。


短い登場だが、彼の出演に対する関心もその誰よりも大きかった。


真の神のスティルロの姿だ。


キム・ジュンソン監督は"パク・ユチョンは、劇中で'ディスマン'キャラクターを務めたが、


その役割は実際の夢マニアたちが関心の高いキャラクターだ。


夢の中コンユモンを説明する上で重要な媒介体"


パク・ユチョンがその役割をよくしてやった"と賞賛した。


一方、'ルシッドドリーム'は来る22日封切り予定だ。










記事はここまでです。


記事は、全て翻訳機にかけました。





まあ、


韓国記事って、


手のひら

くるっ、くるっ感は否めないですが、、、、、




今回のこれらの記事では、


ユチョンについての部分では、


どの記事も演技に対する評価が高くて、


これは、


今までのジケン等について関連付ける事なく、


純粋に演技について公正に書いてくれているのでは?と思います。


そこは、スナオに


嬉しいですね。





そして、


試写会での映画のレビューの評価は、10段階で7のようです。





20170216032709625.jpg







こちらから




[量ミールの映画-「 明晰夢 」 レビュー]



[文化ニュース]


父性愛で完璧に武装した韓国版'インセプション'。


簡潔に用語を説明し、親切でもある。


韓国SFスリラーのジャンルは開拓中。


クライマックスシーンの没入度は相当する。


'インセプション'がこまなら、'ルシッドドリーム'は時計を注意深くみるといい。


10段階評価で7






韓国での評価なので、

ここでの評価が、甘いのか辛いのか

どの程度なのかよくわかりませんが、


100点満点中70点なら、


フツーに考えると


まずまず


合格点と云うところでしょうか?




ルシドリ


期待しましょう❤️





こちらは、マスコミ配給試写会の写真です。

newのFacebookから



20170216104429934.jpg




ハイ! 豪華な試写会ですねー

高評価は、

コノ、ゴハンのオカゲ モ アル?

いえ、いえ、

実力でしょうー


2月20日にVIP試写会も行われるようです。


こちらの評判も楽しみですねー








にほんブログ村 芸能ブログ JYJへ
にほんブログ村












COMMENT 4

Thu
2017.02.16
09:37

rima

URL

おはようございます REONAさん。
この時にブログ更新して下さると、お待ちしていました(*^_^*)

メディア記事のユチョン演技好評価に
「よっしゃ~~!!」とテンションUPです!!
本当に良かった!!
私も手のひらを返した様な扱いには「あれっ??」と思いましたが、
「まあ いいかっ!」でした。(笑)

何だか私達の妄想も可能性を帯びてきましたかね~(´艸`*)
欲は言いませんが、、、
ユチョンの復帰の足掛かりになってくれれば、
これに越した事はないですよね。
否、必ずや助け船になると信じます。
「念ズレバ通ズル」
ユチョンの実力が実現してくれると信じます!!

ユチョンのお笑いも含んだ多様な演技がホント楽しみですね~~。

日本での上映が待ち遠しいです!
(確実に劇場で上映されます様に~。笑)

Edit | Reply | 
Thu
2017.02.16
13:18

URL

To rimaさん

こんにちはー

rimaさん

早速のコメントありがとうございますー

はい。
ワタシもrimaさんからコメント頂けるのではないか?
とちょっと期待しましたよ。

ありがとうございますー😊

でも、

ブログの更新のタイミングまで予想して頂いていたとは、、、、
お見事です。
完全にヨマレテますね (^O^)


それにしても、
このコメント欄で
ユチョンの演技が、
記者から高評価されたと、
一緒に喜んで盛り上がれる日が、
こんなに早く来るなんてねーーー

ホントに嬉しいです。
マジ、「よっしゃ~~!!」デス。


はい。
やっぱり動き出していますね。
メディアの対応の
変わり身の早さに驚きますが、
ここは、ヨシとなりますね。

落とした時と同じ勢いで、
せめて、
今度は、追い風を吹かして貰いたいモンです。


そうなんです。
ホントに
妄想も妄想のままでは終わらないかも?ですね。
レッドカーペットを歩く姿が、見れるかも?ですねー❤️
とても楽しみです。


ユチョンの仕事が、自らを助ける。

きっと、
そうなってくれることでしょう。
それこそが、

ワタシタチのパク・ユチョンですよね❤️



日本での映画の公開は、
ヘムやピアノの時の様に
韓国公開から一年後とは云わずに
もっと早くに公開して貰いたいですねー


兎にも角にも、
映画俳優、パク・ユチョンの
再びの登場、帰還まであと6日です。


ハイ。
お笑い?ってナニ?って感じですが、、、、
全てが、
とても楽しみな映画ですねー❤️

それでは、 またー

れおな

Edit | Reply | 
Thu
2017.02.16
17:56

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
Thu
2017.02.16
21:32

URL

To 鍵コメさん

鍵コメさん
こんばんは
いつもコメントありがとうございます〜

はい。
そうですね。
ユチョンの実力ですよねー❤️
今回の映画で、
演技の評価が高くて、ホントに良かったです。
公正に評価したら、当然、この様な高評価になると
ユチョペンさんには、分かっていたと思いますが、
世間サマからは、どう評価されるんだろうと
ちょっと、心配でしたよね。

ちゃんと演技を評価されて良かったです。
そして、
稀有な才能の持ち主ですから、
大切にするべきだと
早く、
韓国国民に気がついて貰いたいです。
こんな人他にいないでしょうー

ファンの後押しは、
ユチョンにとっては、心強いことだと思いますよ。

でも、
やっぱり、生き抜いていくためには、
本人の実力が必要でしょう。
タイミング良く、
この時期に演技の実力を映画で披露することが出来て
ホントに良かったです。

ユチョンは、これからも変わらず、
自分の力で乗り越えて行くでしょうー

本人も
今は少しは、ホッとしているのかも?
良い評価で、
将来の希望が見えて来ますよね。

はい。
これから、一般公開されたら、
また、評価が上がると思いますよ。

この映画の演技が認められて、
映画も興行的に成功して、
ユチョン に
俳優の仕事のオファーが入ってくれたらイイですねー


おおーそうですか?
JJのソロコンサート行かれたんですね。
イイですねー

はい、
行けば楽しいと思います。
ワタシは、今回は、行きませんでしたが、
JJもジュンスもソロコンサートには、行ったことはありますよ。

行けば楽しいのは、分かってはいますが、、、

今は、
ちょっと無理みたいです。
はい。ライブに行けば
感動しますよね。
やっぱり、ナマは良いです。

ユチョンにも
俳優だけでなく歌手としてステージに
必ずや戻って来て貰いたいです。
そして、
ソロコンサートだけでなく、
ホントにJYJのライブに行きたいですねー❤️
はい。
そんな日が、必ず来ますねー
それまで、健康に気をつけて
楽しみに待ちたいですねー❤️

その前にもちろん
映画、観たいです‼️
コスさんがパルパンドンでインタビューを受けたと聞いて
ソウルに行きたくなりましたー
れおな

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?