REONAわーるど

日々の暮らしについて、仕事・趣味・旅行について覚えておきたい出来事の記録です。

Take a look at this

ルシドリ撮影ロケ地 釜山 「beyond garege」2015年6月4日撮影とコノヒトはダレ?

 20, 2017 06:04

おはようございます。

いよいよ、映画ルシッドドリーム の公開まで、あと2日

カウントダウンしたくなりますね。




先日のマスコミ用の試写会の後に映画についての記事が、

たくさん、たくさん出ました。



その全ての記事が、ウソの様に

(ユチョンの実力は、ホンマモンですが)

ユチョンの演技に対する評価が、とても高くて、、、正直少し、驚きましたが、

嬉しいことですね。



今日の夜にも試写会があるようですが

今回は一般の人も多いようです。

また、

ユチョンの演技に対する良い評価が挙がってきそうですね〜

楽しみです。



今のこの状況に、

久しぶりにウキウキした気分のユチョンペンさんも多いのでは?



今まで、

ずっと修行してる様なモンモンとした気分でいましたからね、、、、

ワタシタチ、、、、、


(何の為の修行ですか?って感じです。)




季節の移り変わりと共に、

少し、

春めいた気分になってきましたね。




さて、

ルシッドドリームが、公開されると云う事で、


映画のロケ地について書いておこうと思います。


ここは、釜山のロケ地です。







20170219210313400.jpg





*2015年6月4日にユチョンは、ここで映画の撮影をしていたそうです。


2015年のユチョンのお誕生日ですね。


あのジケンからは、ちょうど1年前の出来事になるんですね。



この日は、


ユチョン の撮影が終わった時に


スタッフさんや共演者さんから


ユチョンへサプライズのHAPPYBIRTHDAYの


歌のプレゼントがあったと聞きました。





嬉しかったで事でしょうね。


素敵な出来事ですね。



ユチョンが、


シアワセなお誕生日の歌を歌ってもらったこの場所は、


「beyond garege 」





20170219210906533.jpg



20170219215326313.jpg




所謂、レンタルスペースのようですね。


釜山のユチョペンさんからは、


ここは、昔は、工場や倉庫として使われていたが、


今はパーティーや広告撮影場に使用したり、


ウェディングの撮影もしています。



と教えてもらいました。




もちろん、

今回の様に


映画の撮影に使われたり、


MVの撮影に使われたり、


色々なイベントもたくさん行われているようです。






ルシッドドリームの撮影では、


この場所は


ユチョンが演ずるディスマン


ヨンヒョンのアジトの場所として映画に登場するようです。




ワタシは、


ユチョンが、兵役に入った直後の


2015年の9月16日に


釜山のこの場所を訪れました。


映画の撮影からは、3ヶ月後の事です。






20170219233548b73.jpg

20170219232801b90.jpg






この時は、ここまでは、


釜山のユチョペンさんのポムさんが運転する車で


連れて行って貰いました。


なので、


この時は、


この場所が釜山のどこに位置するのか、


はっきりと知りませんでした。





この時の釜山の旅は、1泊2日の弾丸一人旅。


旅の主な目的は、



ソウルでは、もう上映が終了していた


「奇跡のピアノ」の映画を観る事と


釜山のロッテデパートに遠征に来ていたスヌーピー展に行き、


あのユチョンのスヌーピーに再び会う事でした。








201702192307221fb.jpg










このロケ地は、


このユチョンのスヌーピーがいたロッテデパートに近かったんです。




「近くにユチョンが映画を撮影した場所がありますけど、


寄りますか?」




って聞かれて、



「うん、うん。行きたいですー」


って感じで、計画していた訳ではなく、


ついでに立ち寄ることになりました。



その時に撮影場所は、


光復のロッテデパートの近くですよ。


とだけ聞いていました。






20170219215004fde.jpg






「ユチョンのお誕生日に、ここで、映画の撮影をしてたんですよ〜」

と、

この建物の前で教えて貰いました。



へええーーー


そうなんだーー





建物は、


ここだけが周りの空気と違って見えて、


この建物が、特別に見えました。


この建物だけが、タイムスリップしてきて、


突然ここに表れた様にも見えました。


アンティークぽくって


その古い感じが、くたびれた感じには、見えず


むしろ、使い込んだ堂々とした佇まいで、


なかなか味のある素敵な建物だなあ。


これを経年美化と云うんだねー


って印象でした。





ワタシは、

仕事も住宅のリフォームの仕事をしているぐらいですから、


新しい建物よりは、


長い年月を超えてきた少々ガタがきていても


人の手の温もりが感じられる古い建物の方が好みです。


ああー好きな建物だなあ〜と思い、


記念に写真を撮って帰りました。






後で分かりましたが、


この建物は、


本当に、歴史のある古い建物だったんですね。


おまけに


日本とも関係がありました。






2015年のあの頃は、


ルシッドドリームの映画の情報が


まだ何もなくて


この建物が映画の中で


どういう役割で使われているのか、


知る由もありませんでしたが、、、




今回、


ユチョンが演じるディスマンの


アジトスペースとして使われてると聞いて


ピッタリだなあー


と、ワクワクしました。








この場所で、


ユチョンはどんな演技を披露してくれているのか


この建物をどんな風に使って、


どんな夢を見せてくれるのか?


また、映画を観る楽しみが一つ増えました。






映画の公開も近くなり、


釜山のユチョンペンさんから


この場所の住所を教えて貰いました。



住所は、



부산시 중구 중앙동 5 가 22

釜山市中区中央洞5街22




そして、

このbeyond garegeのホームページです。

こちらのページですが、



http://www.beyondgarage.com/aboutus






ここの右側に

この倉庫を紹介してる動画があって、、、、

結構長い動画なんです。が、

建物の中の感じが分かるから、

一度は、ちゃんと観てみようと思い見始めました。(途中で挫折しましたが、、、)

ふーん

やっぱり教えてもらった様に

いろんなイベントをしているんだなあーーー

と思い観ていたら、、、






20170219212533c5d.jpg








ええええええーーー




とっても

この女性が気になる、、、、




右側の写真です。




この女性 、、、




ワタシ、どっかで会ったことがあるかも?

知ってる気がする。





今回は、動画の7:37 辺りに注目‼️



アナタは、コノヒトと会った事がないですか?






さて、


ワタシは、


コノヒトと


一体、いつ


何処で会ったんだろうーー





って暫く考えていたら、、、、






あああああああーーーー




そうだ‼️



「奇跡のピアノ」の大学の先生にとてもよく似ているんです。




イェウンちゃんが、初めて専門家の先生の前で、


ピアノを弾くシーンがあったでしょう?


あの時の先生です。




似てるわー


似てるわーー



似てるわーーーー



わーん、



何だか、


とっても気になるわ。


同じ人物ではないのかなあ?






こっちは、奇跡のピアノの


映画の紹介動画をキャプりました。




20170219213617fea.jpg


2017021921381890d.jpg





さっきの写真

大きく、明るくしました。



20170219214013d91.jpg






うーん。


とても、


似てらっしゃる様に思えます。



いやー


似てるーー


髪の分け目まで同じ???







気になるわー


気になるわーー


気になるわーーー



誰か、答えを教えて下さいー


この二人は、果たして同一人物なんでしょうか?





ユニセフなんたら、、言ってますなああーー





ああー

もしも、


この方が、あのピアノの大学の先生なら、



なんと云う偶然でしょうーーー



まあ、

ちょっと大袈裟な言い方ですが、



ユチョンとこのセンセーは、


時空を超えて同じ場所に存在していた事になります。




なんだか、


不思議な感じです。





このセンセーの事は、


ワタシには


とても印象深い人として記憶に残っています。



イェウンちゃんの人生を動かした人のうちの

一人だと思っています。



自分の弟子であるピアニストの先生をイェウンちゃんの先生に選びました。


弟子であるピアニストの先生との、


出会いが


イェウンちゃんの人生を再び動かし始めたんだと思います。


この出会いで、


彼女は、ピア二ストとして道を


目指せるようになりました。



新しく生まれ変わるキッカケになったんだと思います。




人と人の出会いってすごいなあ〜


と「奇跡のピアノ」では、感動しました。





ユチョンがこの映画のナレーションを才能寄付で引き受けたコトも


イェウンちゃんとの過去の出会いがあったからですね。


その出会いが、二人の心に残っていたのは、


この時の出会いが


ピアノや音楽の才能を介しての出会いだったからでしょう。




このセンセーとユチョンは、

なんだか、


人として持ち合わせている物が


似ている部分があるのかも知れません。





奇跡のピアノの映画を観た時から


そんな風に思っていました。



音楽を愛する心はもちろん



この二人は、


同じ一人の少女と出会い、


その出会いを大切にして


この少女の人生に関わった、


そして、音楽を愛するモノとして、


この少女の成長を見守っている





少女に対する優しい想いは同じでも


現実の世界では


この二人はお互いに顔を合わせて、


会った事もないでしょう。




でも、


この場所に


この二人が居たとしたら




その偶然が


とても、素敵な事だと思いました。





一人は、


今度は自分の仕事場所として映画の撮影で、この場所を訪れ、


もう一人は、


同じ様に音楽のイベントで、


世の中に自分が出来る事をするためにここに来た。






ワタシには、


調べる術がなくて、


同一人物なのかどうか


分からない事だけど、




この7:37のコノヒトが、


「奇跡のピアノ」のあの大学のセンセーなら良いなあーー


そうであって欲しいなあーーー


と思っています。




確かめてみたいと。


釜山のユチョペンさんにも聞いてみた。


でも、


答えは、「ワカラナイ」でした。



そうですよねー。



そりゃ、分からない。ですよねー



でも、まあ、いいや。



ワタシは、同一人物だと思っていよう。


その方がワクワクして、楽しいから。









ユチョンが、


カメオ出演で、


このルシッドドリームの映画に参加している。




どうして、


参加する事になったのか


ワタシには、


その経緯は分からないけれど、、、、



やっぱり、


それも


人との縁が関係しているに違いない。


そう思えます。




この釜山の撮影から1年後の誕生日に


コトの発端が始まってしまった今回のジケンで、


今、


ユチョンの芸能人としての


人生最大の危機を迎える事になってしまった。





一方、


撮影から2年の時が過ぎて、


このカメオ出演した映画が


今、公開されることになった。


奇しくも、


このちょっとしたカメオ出演の筈だった自らの演技が


絶賛されて、高い評価を受けて、


今の状況から、


自らの人生を再び光りの中へ、


また、引き戻してくれるのかもしれない。



そんな状況だ。




こんな思いもよらない不思議な人との縁が、


もしかしたら、


ユチョンを救い出すかも知れない。




偶然という名の必然でもあるんだろうか?



この映画に出演した事自体が、


そんな風に思えてくる。




ワタシには、


そんな人と人との良い縁を感じさせるくれるような



今回の7:37辺りの映像でした。





ピアノ


音楽


映画


芸術








それにしても、



しかし、しかし、しかし、



似てるーーー‼️



この場所を訪れた翌日、


2015年の9月17日に


釜山で、「 奇跡のピアノ」を観ていたことも


後で、思い出した。



なんか、、、



不思議だーーーー






20170219234715a96.jpg








*****




最後にこの倉庫についての文章を翻訳機にかけてみました。






釜山中央洞の橋倉庫は生まれた時期は正確に知ることはできないが、

60年、70年ほどの歳月が過ぎた建物である。

元米倉庫として使用されていた、その後リダイレクト倉庫に運営されたところである。

大橋倉庫が配置されたのは釜山港と釜山税関のすぐ前の道路であり、

ここでは、日本植民地時代の頃、日本人の居住地であり、

韓国と日本を結んだ地域であった。

以後、解放後韓国戦争が起こり、

再び釜山中央洞は大韓民国の臨時首都としての役割をして、

韓国の近現代史に非常に重要な地域であった。

今アジアの中心港の役割をしている釜山港は、

回変化を迎えている時点であるが、現在は釜山港が港湾に移るだろう、

ここ中央洞は高級リゾート観光地に変貌を準備中である。

大橋倉庫は、このような釜山港の長い歴史を一緒に経験してきた倉庫で、

韓国の歴史とも一緒に記録的な倉庫である。

アンチドットでは、このような橋倉庫を知った後、

ここを倉庫ではなく、

釜山とさらに韓国で最高の文化空間にするためのプロジェクトを開始した。

韓国の近現代史を始めた時点で、

アンチドットは中央棟の橋倉庫を介して実際の釜山の感じを生かし、

釜山から全国的に広がっていく新しい文化の流れを作っていく考えである。

だから、

大橋倉庫は新しい名前である「Beyond Garage」で

生まれ変わる韓国の代表文化空間であろう。











201702192353099bf.jpg


こっちが建物の正面です。




2017022000015282a.jpg



20170220000219183.jpg


正面ではなくウラに廻って下さい。

ウラが正解です。







にほんブログ村 芸能ブログ JYJへ
にほんブログ村







COMMENT 2

Mon
2017.02.20
14:17

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
Thu
2017.02.23
14:14

URL

To -鍵コメさん

鍵コメさん

いつも、コメントありがとうございます。
返事が大変遅くなり、ごめんなさい。
可笑しな事に
ルシッドドリームの公開日の前日の夜から
突然、体調不良になりまして、、、
公開日の昨日は、一日中 眠っておりました。
もう、今日は大丈夫になりました。
風邪だったようです。

はい、
コメントの冒頭から、
ありがとうございますーーー
そうなんですよ。
あのピアノのセンセーが、動画の女性にホントに似てますよね〜
答えは出ませんが、
「人の縁 」をワタシも感じた出来事でした。
また、ユチョンについて頂いたコメント
鍵コメさんの仰る通りだと思いましたので、引用させて頂きますね。

その点ユチョンは真摯に生きてきた人だから
苦難に襲われても、、
きっと良いご縁に恵まれて、、、そして救われると信じています。

はい。
ホントにそうだと思います。
ユチョンは、真摯に生きてきた人だと思います。
日に生きるで、星(スター)になった人ですよね。

そんな人には
危機が訪れても
どこかから、これ以上にないタイミングで、
救いの手が
差し出されるものでしょう。

さて、
ルシッドドリームの映画も昨日公開されて、
初日に早速、
日本から観に行かれた東京のユチョペンさんから感想を
聞かせて頂きました。

ユチョンの演技は
素晴らしかったそうです。
現地でも
ユチョンの演技に対する評判は、とても良いそうです。

ここからは、
チョットネタバレですが、、、
良いですよね〜

夢の世界に登場する、
あのブラックスーツの
ヨンヒョンの時には、セリフが全くないそうです。
時間もわずかだったそうです。
現実の世界の役では、ロン毛で車椅子
この演技が、韓国では、抜群に評価されてるいるようです。
との事でした。

ユチョンの演技が存在感があって素晴らしい。って事は、
ちゃんと自分の仕事をした。って事ですね。
映画がヒットするために、
少しでも力になる様に、と
韓国人ペンさんたちは、
映画館まで足を運んでくれる事でしょう。

日本では、
ファンの力で、
ドリパスヘムを
3月7日に上映成立させましたね。
東京、福岡、大阪
上映が成立になり、ホントに良かったですねー
名古屋と仙台も後に続いて貰いたいです。

同じ日に韓国では、
ルシッドドリームが、
映画館で、上映されていたら良いですね。

3月7日は
日本では、ヘム
韓国では、ルシドリ
これで、両国から映画の上映で、
同時にユチョンを応援できたら素晴らしいですね。

ドリパスのウフフのお話し、
お伝えくださりありがとうございます😊
嬉しい偶然ですね。
光栄です。
でもよくワタシだと
直ぐにお分かりになりましたね。

長々とお返事失礼しました。
また、コメントお待ちしています。
いつでもコメントはOKですよ。

れおな

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?