REONAわーるど

日々の暮らしについて、仕事・趣味・旅行について覚えておきたい出来事の記録です。

Take a look at this

ルシッドドリームにおけるユチョン・ヨンヒョンの「 オタクの証明 」

 10, 2017 23:56


20170310223955ffe.jpg




こんばんはー


ソウルの旅の記録も


釜山の旅の記録も書いておきたいのですが、(忘れそうーー)



今回は、ルシッドドリームの映画の話しを書いておきます。




ルシッドドリームの映画の中で、


ユチョン( ヨンヒョンですが、、、 )が、一言だけですが、

ナント

日本語のセリフを喋っている。

と、

韓国人ペンちゃんから教えて貰いました。




今から書くことも 、やっぱり、

ルシドリ映画のネタバレ情報になりますが、



お伝えする情報は、

殆どが、ストーリーに関係するモノではありません。

主に役柄や、設定、物についての事です。


ワタシが映画を観て分からなかった事を

韓国人ペンさんから教えて貰った事なんです。



その中でも、

映画を観て、教えて貰っていて良かった。

と、思った事を書いておきますね。


次に映画を観る時に

ご存知の方が

より映画を理解できて、楽しめるかも?と思います。



それでも、


ネタバレ


絶対にいやーーな人は読まない方がいいですね。




さて、


冒頭に書いた

日本語のセリフを喋っているよ。

と、

教えて貰った時には、

正直、チョット、驚きました。


アレ?


どこのシーン?


全然分からなかったよー



でも、


教えて貰った後は、

有り難くて、嬉しくて、



一言でも、


ユチョンが、日本語のセリフ喋ってるー


って事で


ジンワリ心が温かくなりました。





大袈裟ですが、、、、


この一言を聞くために


わざわざ、夜中の上映なのに、

ワタシは、

一人でも


釜山からソウルに映画を観に行ったと云ってもいいかも知れません。




20170310230042bbf.jpg




ユチョンがセリフでも、


日本語を喋ってくれている。と、


もう一度聴きたくなります。



いや、いや、


何度でも聴きたいです。



これは、


日本人のユチョペンさんには


ぜひ、お伝えしておきたいと思いました。




さて、


ワタシは、


ルシッドドリームの映画を全部で4回観ました。



先週の3月1日からのソウル2泊3日の旅で3回。


今週の3月7日からの釜山&ソウルの旅1泊2日の旅で1回です。




でも、4回とも、


観るたびに映画の印象は変わっています。





まず、1回目、2回目は、


言葉が分からないから、


意味が分からないままの状態で映画を観ていましたが、


どーも、


重要なポイントが言葉(セリフ)で説明されている部分があるように思えました。



多分、



ストーリーが、セリフでしか表現されていない部分があるんだと思います。


画面を観ているだけでは、


話の流れが上手く理解できない時がありました。




そこで、3回目を観る前に



韓国人ペンちゃんに


疑問点を色々と教えてもらう事にしました。


そして、


疑問が解決した上で


いよいよ3回目を観てみると


さすがに、話しの筋が良く分かりました。



1回目から4回目のコトを次にまとめてみました。



1回目


ワクワクドキドキ

とりあえず、ユチョンがどんな役柄か、

カメオ出演だと聞いていたので

いつ、どのシーンに出てくるのか

もう、それだけに集中していました。

ユチョンの姿と声だけを追いかける状態です。

はーはーして、

ドキドキで、

映画全体を落ち着いて観る余裕はナシ





2回目



既に1回観てますから

ある程度、

ユチョンの出てくる場面は、分かっています。

やっと、

落ち着いて映画全体を観れました。



この時に

ハングルが分からないワタシは、

映画に対する疑問がたくさん出て来ました。

ストーリーの大筋も気になるけど、

つまらないチョットした事でも

気になり出しました。






例えば、



最初の方の場面で、

コスさんが、息子と遊園地に出かけるために

仕事から

一度家に戻って来ます。


そこで、服を着替える場面があります。



息子の面倒見てる女性が、

若い女性なんですが、

子守の人?

お母さん、奥さんではないのは分かります。

でも、

誰?

コスさんは、服を着替える時に、さっさとこの女性の前で服を脱ぐんです。

え?

どーゆー関係?って聞くと



コモ

って自分でコスの息子に言ってたよ。



おばさん、でしょ。

コスさんの妹さんの設定でした。

家族でしょー

って事でした。


ハイ。納得。



服脱いでヨシ❗️





因みに、

息子には、お母さんは、アメリカに行ってると言ってるけど、、

実は、お亡くなりになってるそうです。

息子も何となーく、分かってる感じがしました。

オンマに会いたいと思わない

って言ってたからね。




それに、

この服脱ぐシーンのすぐ後に、

息子が指に怪我していて、指にバンドエイドを貼っているシーンがあります。

バンドエイドした指が、クローズアップされて

それを発見したコスさんが、

異常に怒ってました。


えーーー

指に怪我したぐらいで

それも、

バンドエイドしていたら大丈夫な位の怪我なのに

なんでこんなに怒りまくってるの?



コスさんの役ってーーーーー

怒りん坊ですか?




イヤ、イヤ、、

息子は、特殊な血液型で、

怪我して、輸血が必要な時に

すぐに輸血出来る血液型ではないそうです。

少しの怪我でも、命に関わる可能性があるのね。


あああああー



だから、怪我しないように普段から

気をつけるようにしているのね〜

なのに指に怪我して、バンドエイド貼ってたから

怒りまくっていたんだ❗️

ハイ。

納得。

でも、

ここが、実は重要なポイントだったんです。


(チョット大きなネタバレだけど、、、、

これから映画を観る人は、知っておいた方がいいと思う)



こんな感じで、


言葉が分からなくて、


理解出来ない疑問点を


他にも色々と


教えて貰いました。



そして、



3回目



疑問が溶けた状態で

観ることが出来て、イヤー

スッキリしました。



そして、

言葉だけではない


韓国人ペンちゃんだからこそ、分かる事も


ついでに教えて貰っていたので、


とっても楽しめました。





そして、

先日の4回目



この時は、

気合いで

釜山からソウルまで観に行ったのに


アクシデント?


もしかして、、、、映画観れない?


って事が発生して、


もう、もう、もう、映画を観れただけで、


満足でした。




スクリーンのユチョンに会えただけで、もうOKでした。



(あれ?これって、1回目状態に戻ってる?)




さて、


冒頭にも書いた


オタクの証明スペシャル的な事は、


2つあります。


一つは、




一言日本語‼️




ストーリーとはあまり関係ないところですが、、、


それに、


教えて貰わないと日本人のワタシには、


こんな事は分かりません。





これから映画を観る方も


知っておいてこの「日本語を探すミッション」で映画を観ると


より楽しいでしょう?



題して


「 ヨンヒョンのオタクの証明 」



以前の記事に、少しだけ書きましたが、


ユチョンの現実の役柄


ヨンヒョンは、オタク青年です。






20170310231012205.jpg







そのセリフに


「 レベルがたるたが、、」


って聞こえるセリフがあります。



主役のコスさんに向かって


「 レベルが違うよ 」


って云うセリフだそうです。



そして、


この文章に日本語が使われているそうです。



このどこが日本語?ってワタシには、


分からなかったけど、、、




「 レベルが違う 」 ってフツーに日本語では使う文章ですよね。


でも、


韓国語では、


まず、こんな表現はしないそうです。



「 格が違う 」


とかの表現になるそうです。


それに、


所謂、日本語の外来語としての「レベル」ってことばを使う時は、


韓国人は、「レベ」って発音するそうです。


「ル」は発音しないそうです。




おおー


これって、外来語の発音を


日本では、「コーヒー」を


韓国では、「コピ」って発音するのと似てるねー



これは、韓国語では、


音を伸ばす発音がないからと聞いた事があるわ。




だから、


「レベル」は、日本語になるそうです。



韓国人でも


この「レベル」って言葉を使う人はいるそうですが、


それは、


日本のマンガが好きなオタクの人


日本のゲームが好きなオタクの人



は、


フツーに「レベル」と使うそうです。





おそらく、


ヨンヒョンのオタク度を表現するために、


このセリフにしたのでは?


韓国人のオタクさんが


このセリフを聞いたら、、、


やるじゃん、

ヨンヒョン。


ホンモノのオタク❗️


やるじゃん


パク・ユチョンって感じ?



リアリテイ、あり、ありですか?





あのねー

これは、

ホントに勝手な想像だけど、


このセリフって、ユチョンが、


元のセリフから


セリフを変えたんじゃないかな?


脚本家が、そんなオタク言葉を知ってるかなあ?


もしかしたら、


台本には、


「 格が違う 」って書いてあったセリフを


ユチョンが、サラッと


「 レベルが、たらたが ー」


に変えた?

監督さんと脚本家さんに

こっちの方がよりオタクっぽいです。

って意見した?




ユチョンって、

はっきり言って日本オタク

でしょ?

日本マンガも好きー

日本のラーメンも好きー



日本のヒマワリにも

愛してますー

って告白したしねーーーーはっきりと真剣に❤️




まあねー

JYJの3人共が

日本オタクだと言えるけどねー





このセリフが日本語だと

知ってから、

なんだか、

この一言で、楽しく なりました。



「レベル」

「レベル」

「レベル」




次に映画を観たとは、


チェックして下さいね。










「 オタクの証明 」


2つ目は、

小道具としてのジュースです。



ヨンヒョンの家で、


このジュースが、毎回のように出てきます。

お家に来たお客さんに

このジュースを勧めるんです。


良い子でしょう?


お茶を出す感覚ですね。


もちろん、


ヨンヒョンが好きなジュース の設定のようです。




パイナップルジュース





20170310233013be4.jpg



ヨンヒョンの家(例のガレージ)では、


お店にあるような四角い透明ガラスの冷蔵庫ケースの中に


この缶ジュースが綺麗にきっちり並べられています。


この同じ種類の缶ジュースしかありません。



うーーん



同じ種類のジュースしかない事も


このきっちりした並べ方も、


オタクっぽいわ、



って思って見ていたら、



このジュース自体も


あんまり何処のお店でも売ってるジュースでは無いそうです。



ネットで買うんだよーー


と教えて貰いました。



それでも、

ソウルで、


コンビニに行く度に探してみましたが、


確かに見かけませんでした。





こんなところまでオタクの表現してるねーーー



さすが


ユチョン‼️



って納得して、盛り上がりました。




こんな細かい所まで

こだわって、役作りをしてるから,


演技が自然になるのよーー

ナチュラルな演技なのよーー




ユチョンぺんは、

ユチョンの演技を絶賛‼️





そして、



ワタシは、


あの釜山からソウルに映画を観に行った


あの日に


このパイナップルジュースを見つけました‼️




宿無しソウルで4回目のルシドリを観終わって


深夜にごはん難民に危うくなりかけたワタシタチでしたが、


ようやく24時間営業のお店で


美味しいご飯を食べて、ビール飲んで

楽しくおしゃべりして、


あつこさんとシンサの駅で、バイバイしました。


ワタシは、釜山にトンボ帰りするために


ソウル駅からKTXに乗ります。


一人で、


地下鉄のシンサ駅のホームで、


始発の電車を待っていました。




さむーい、


さむーいホームで電車を待っていても


全然来ないー


地下鉄ーー


もう、


あまりに寒くて


座ることを辞めてホームを歩く事にしたんです。


そして、


ヒマだからぷらぷら歩きながら、


ホームにあった自動販売機を何気なく観たら、


おおおおおーー



ラッキー


ヨンヒョンのオタクのシューズの


パイナップルジュース‼️


自動販売機で売っているではありませんか‼️




201703110020224a1.jpg






もちろん買うよねー


たくさん買わないと‼️


でもね。


このドリンクの自動販売機って、


1万won札は、使えないんですねーー



知りませんでした。



1万won札は、



入れても、入れても又、戻ってきます。


なんでーーー


反抗期か⁉️


あーあ。


あいにくこんな時に限って


1000won札の手持ちがありませんーーー


仕方ないから


小銭を持ってた分だけ買いました。


3本買えました。



そして、


大切に大切に日本に持って帰って来ました。


なんだか甘そうなジュースです。


でも、


まだ、飲んでいません。




オタクのジュースを一人で飲むのが、もったいなくて、、、、


次にユチョペンさんたちと、


会える日までお預けにしておこうかと思っています。






20170310233929121.jpg




映画を観て思いました。



ユチョンは、

カメオ出演って云われていたけれど、、、


とても


重要な良い役柄でした。


キーパーソンの役でした。




存在感がある演技

って評価されている記事も読みました。

映画を観て、こんな記事を書かれる事にも

納得しました。



主役では無く、


出番が少ないけど、この映画には、なくてはならない存在です。


ヨンヒョンがいないと

物語が動いていかないんです。



ユチョン、

そんな自分の役をしっかり準備をして、


拘るところにも

ちゃんとこだわって、

役作りしたんだと感じられました。



正に、プロの仕事をしたよね。




そんなところが、

ちゃんと評価されていると思います。



しかも、

演技する事を楽しんでいた様に思える。


映画ルシッドドリームのユチョンの演技には、


明るい未来が、見えている様な気がしました。






ユチョンは、


ワタシタチのところに


きっと、帰って来る。


そう思えました。




「ユチョンオタク」のワタシタチのところへー



オタクバンザイ‼️







* いつも、記事コメント、拍手コメントありがとうございます〜


前回の記事までに頂いた全てのコメントに

お返事させていただきました。

お時間ある時に

又、読んでくださいね。

お返事遅くなり、申し訳ありませんでした。

いつも、応援ありがとうございます😊







にほんブログ村 芸能ブログ JYJへ
にほんブログ村











COMMENT 10

Sat
2017.03.11
01:26

rima

URL

こんばんは~ REONAさん。

「ユチョン・ヨンヒョンのオタク」
読ませて頂いてる内に、なんだか私の方もドキドキしてきて、
まだ映画を観てもいないのに(流出映像は我慢できず観ましたが・・・💦)
ユチョンが喋る「レベル」の声が、聞こえてきます!!
頭の中は完全に妄想状態です。💛💛💛

日本語なんだ~~  嬉しい~~
きっと、きっと、日本をよく知っているユチョンの
”こだわり”に間違いないですよね~。日本オタク! (笑)

REONAさん、
「ヨンヒョンを追いかけろ 釜山・ソウル弾丸ツアー」 強行突破、 
納得です!!!
読ませて頂いてるこちらの方まで興奮状態で
深夜にコメントしたくなりましたよ。

日本でどの様な形態の公開になるのか知りませんが、、、(劇場公開を切望!)
一日でも早くユチョン・ヨンヒョンに会いたいし、
本当に本当に楽しみです!!

嬉しい情報を有難うございました。









Edit | Reply | 
Sat
2017.03.11
10:16

mackee

URL

オランC

はじめまして。突然のコメントで失礼します。よく、ブログを拝見している者です。

私もソウルへ、ルシッドドリームを観に行った一人です。
韓国語は少ししか分かりませんが「レベル(リ?)タルタ…」のセリフはなんとなく聞き取れていました。お話の流れで意味もそういうことかなーっくらいに思っていましたが、やっと理解できました。ありがとうございます!

ヨンヒョン役のユチョンは、俗語を違和感なく話していて凄い!っていう韓国の方のコメントを読んだことがあったんですが、こういうところのことなんでしょうね。

そして、私もオランC買ってきました。やっぱり買いますよね。(まだ飲んでないです。)
あと、なぜ助演じゃないのか不思議でした。エンドロールでもコスさん、ソルギョンクさんに次ぐ3、4番目くらいにユチョンの名前があったと思うんですが…。

長々と失礼しました。

Edit | Reply | 
Sat
2017.03.11
13:22

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
Sun
2017.03.12
03:43

atsuko

URL

ソウルではありがとうございました(≧▽≦)

こんばんは!ソウルでは初めましてだったのにREONAさんのお陰で楽しい時間を過ごせて本当にありがとうございました。2人とも宿なしだったなんて!でしたね(^^;どうしても映画を観たくて仕事が終わってからソウルへと向かったのですが、スムーズにいかないと映画に遅れてしまいそうだったので、REONAさんが少し前の記事で書いてくださっていた映画館への行き方を参考にさせてもらっていました^^映画は、私も言葉をそんなに理解できる方ではないので初めて観たときは??が多くありましたが、ただユチョンはとってもいい役で、さらにそれを楽しく演じてるなっていうのはわかりました。コスさん、ソルギョングさんがストレートなだけにユチョンは重要でありながらもちょっと楽しめるクスッと笑えるそんな役だったように思いました。翌日観たときに私も驚いた場面で韓国のOLさん風の2人組も「え!?今のユチョン?」って驚いてそのあとクスクス笑ってたので、だよねーって心の中で思っていました(笑)そんなこともあり2回目観たときはREONAさんに少しストーリーとポイントを教えてもらってもいたので、より楽しめました^^
新沙駅で別れた後、電車なかなか来なかったんですね。でもそのお陰かジュースが見つかっていてよかったです。私もコンビニ入るたびに探してようやく見つけてやっぱり買って帰ってきました。
もうかなり写真や動画が出ていますが、小さな画面でなくてぜひまた大きな画面で日本語字幕付きで観たいですね。車いすから上を見上げるシーンは目がクリクリしてまつ毛クルンでとってもかわいかったし、監督がこだわられたCGも大きな画面で観るほうが迫力が感じられると思うんですよね。3人組のおじいちゃんたちも本当にいい味出してたし・・・と映画の話をしだすと話は尽きませんが 
寒いソウルの夜を楽しい時間にしてもらって本当にありがとうございました!!
最後のポチができてなくて真夜中にすみません💦

Edit | Reply | 
Sun
2017.03.12
19:40

URL

To rimaさん

rimaさん

こんばんはー
コメントありがとうございます。

はい。「レベル」
聞こえてきそうですか?

ユチョン、すっごいはっきりくっきり、
「レ・ベ・ル」
って発音していましたよー


ユチョンが映画の役でのオタクっブリを
日本語で表現してくれた。
ってのがホントに嬉しいですねー

考えたら、
この映画を撮影した直ぐ後から、
日本での怒濤のファンミツアーが始まっていますよねーー
時期的にピッタンコでしょう?
この映画を撮影してる時は、
日本でファンミするって事は、
もうユチョンは、分かってた筈ですよねーきっと、
そんなこともあって、
ユチョンの心には、既に深く日本があった?
そこで、
「レベル」っていう日本語の採用だったのかも?
とか一人で妄想して更にテンションアップしました。
って
これは、
「ハイレベル」な妄想でしょうか?

さて、
本当に
日本の映画館で日本語字幕付で、
この映画を観たいですー
大きなスクリーンで、拘りのCGも、
もう一度観たいです。
ワタシも切望します。劇場公開❗️

ヨンヒョンのセリフをどんな風に訳してくれるのか、
日本語訳も楽しみです。

結構、悪口っぽい事も
言ってるそうですよ。

コスさんに向かって
「レベルが違う」
って言ってるけど、
これは自分の方がコスさんよりも
レベルが上だと言ってる事になるし、

以下、少しネタバレですが、、、


このシーンの少し前に
コスさんから
ヨンヒョンが
ちょっと
イヤな事をされた時は、(コスさん、必死なんですよー)

横向いて小さい声で、
育ちがワルイ?
とかつぶやいたりもしてるそうですよ。

表情からして
あのシーンだったのかなぁ?
って思いましたが、、、
いやあ〜
言葉が分かると
もっとヨンヒョンの面白さが分かるんでしょうねー

ああー
さらっと「育ちがワルイ」
とか言われてみたいわ。

育ちがワルイ→オシオキ→モチロンOKです〜

あら、失礼しました。

rimaさん
いつもイキイキした
楽しいコメントありがとうございます。
今度は旅の記録も
書きたいと思っています。
また、遊びに来てくださいね。

れおな

Edit | Reply | 
Sun
2017.03.12
20:19

URL

To mackeeさん

mackeeさん

初めまして、
初めてのコメントもありがとうございます。
ここのブログにもよく遊びきに来てくれているそうで
嬉しいです。
ありがとうございます。

ソウルまでルシドリ観に行かれましたか❗️
韓国語が少ししか分からいと書かれていますが、、
「レベルがー」がなんとなくでも理解されていて、素晴らしいです。

そうですねー

ユチョンの自然な演技やセリフ回し
その凄さは、はっきり分からないけど、
ユチョンが画面に出てくるだけで、
何か起きるんではないか?って期待感でワクワクしましたね。
画面掌握度が高かったと思います。

はい。ジュース買いました。
偶然、買えてよかったです。
甘そうですね。ジュース
当分まだ飲めませんが、楽しみです。

はい。
最後のエンドロールでは、
ユチョンは3番目に出ていたと思います。

韓国の映画館って
本編終わると直ぐに
照明が着くんですね。。。
映画に浸れないですね。
早く帰って!って感じでしたね。
また、ここでも
誰かさんを思い出したけど。
本編までが映画って感じなんでしょうか?
明るくなった場内で
エンドロールの박유천の文字を観るのも
楽しみでした。

あれだけの演技でしたから
映画がHITしていたら
フツーに
助演男優賞の候補者となるでしょうーーーーね。

申し訳無いけど
主役よりも
印象的でしたからね。

ソウルと釜山の映画の旅の記事も書く予定です。
また、遊びに来てくださいね。

れおな

Edit | Reply | 
Sun
2017.03.12
21:05

URL

To 鍵コメさん

鍵コメさん
いつもコメントありがとうございます。
はい、ルシドリ4回観ました。
いえいえ、

韓国人ペンちゃん達は
毎日観に行ってたり、
チケット余分に購入したりされていました。
興行成績に貢献されていましたよ。

あのCGVのカード式のチケットも
たくさん作られていました。

ムッチャ努力されていましたよ。
公開した週には、
朝早くから夜中までのたくさんの上映があるので、
毎日観に行くのも可能だったのかな?
と思いました。

あ、
ネタバレ、大丈夫で良かったです。

はい。
ヨンヒョンのオタクな感じ
良かったですよ。
本当に日本で映画館で観たいですね。

「レベル」が、セリフに採用となった下りに
賛同頂きありがとうございます。
きっと、ユチョンのアイディアですよね。
そう思いました。

そうですよ。
きっと、
ユチョンは映画でこの世界に戻って来てくれるでしょう。

何も無駄なことは喋らない人だけど、、、
伝えないといけない事は、
必ず、自分の言葉で正直に話してくれる人だから、
その時が来たら
ワタシ達ファンにも
今回のこの事ついてちゃんと話してくれると思っています。

ワタシは、
この映画を観たら
ユチョンは、
大丈夫だと思えましたよ。
天から授かった才能を生かせる職業でしょうから
それをこんな事で取り上げてはいけません。
これからも、
その才能を活かして
人の役に立つ仕事をしてくれると思います。
それが正しい事だと思いました。

はい、旅の続きも書きますね。
マイペースになりそうですが、、、、
よろしくお願いします〜
れおな

Edit | Reply | 
Sun
2017.03.12
23:02

rima

URL

こんばんは~ REONAさん。

何だか 返コメへのコメも変ですが・・・・

も~っ、 ヨンヒョンユチョン 本当にカワイイ~~。

えっ!「育ちがワルイ」ですって?!
ハイ、その様に言われても構いません!(笑)

またまた妄想に襲われてます・・・💦
本当に本当に、、、映画が観たい!!、楽しみ!!です。

REONAさんのネタバレ、
とっても触発されますよ~!!(笑)

ユチョナ~、 みんなが待ってるから~
早く!絶対に!私達の所に帰って来てね~~。

ユチョンに対する いつもの、今日の、熱き思いでした。(#^^#)


Edit | Reply | 
Mon
2017.03.13
02:24

URL

To atsukoさん

atsukoさーん

こんばんは
記事にもコメントをありがとうございます。
律儀な人だなあ〜と感心しております。

いえいえ、こちらこそ、
ソウルでは、大変お世話になりました。
ロッテシネマの8階の映画館を出たところで、
どちらからともなく、日本人ですか?との問いかけで、
話し始めて、
同じ大阪人って事でびっくり、
今夜は宿無し状態で二人ともスパにでも行こうかと思っていたところまで同じで、
またびっくりで、
とりあえず、スパの前にゴハンに行こうってペゴパのワタシの主張に賛同してくださり、
途中では、ゴハン難民になりかけましたが、
atsukoさんのお陰でやっと美味しいご飯にありつけました。

一人旅ってこんな出会いがあるのが醍醐味ですよね。
本当に色々なお話しが出来て楽しかったのですが、
初めてお会いしたのに調子に乗って少し熱く語り過ぎた?と
ワタシは、後で少し反省するところもあったんです。が、
atsukoさんも楽しく過ごせたと分かり、ホッとしました。

はい、映画ねええ、ホントに日本でも映画館で観たいですよねー
あのイケメンユチョンを大きなスクリーンでまた観たいです。
あんな絵に描いたようなイケメンは、もう滅多にお目にかかれませんよね〜
役柄的にイケメンでなければいけなかったイケメンですからねええええー
ウルトライケメンなハズだ❗️

それにatsukoさんも推してるCGのシーン、
確かにあのシーンは大きなスクリーンで観ないと勿体無いとワタシも思います。
アレにお金も時間もかけた訳ですし、
なかなか見応えがあるシーンになっていましたね。(筋は別にして)

そうそう、三人組のハラボジたち、おじいちゃん達の活躍も必見ですよね。
ここは、セリフがわからなくても何となーく理解できてしまうシーンが多かったですよね。
流石名演技と云う事でしょうか?
ハラボジ達のシーンとユチョンが出てるシーンは文句なしに楽しめましたね。
そうそう、
ユチョンヨンヒョンのシーンは、クスって笑えるシーンありましたね。
仕草だけでも可愛かったですねー。
ソウルでの2回目の映画の感想や
映画館での様子まで教えて頂いてありがとうございました。
無事に帰国されて、その後のソウルレポまでこうして教えて頂いて、
コメント楽しく読ませて貰いました。ジュースも発見出来て良かったですね。
また、これから書く旅の記録にもatsukoさんも登場することになると思うけど、
そのままなのでよろしくね。
ではでは、本当に楽しい時間をありがとうございました。

れおな

Edit | Reply | 
Mon
2017.03.13
20:25

URL

To rimaさん

rimaさん

こんばんは

コメント返しのコメントありがとうございますー
いえ、いえ。ちっとも変ではありません。
過去にも
何回かこのようにコメント返しに
またコメントを何度も頂いた事もありますよ。
大丈夫です。

ハイ!
ユチョン〜ヨンヒョン
本当に可愛いですー
ユチョン、しっかりと、ヨンヒョンの役作りしていたと思います。
ユチョンらしいヨンヒョンへのアプローチだったのかな?
そんな役作りまでも、肩の力を抜いて楽しんだのではないか?と思えます。
悪口叩いていても、オタクでも、
ヨンヒョンって実は育ちの良い
小金持ちのお坊っちゃま?
って感じでした。

不思議ちゃんだけど、アタマの回転のイイ、人の良い優しい子の様に見えました。
でも、友達少ない感じだけど、、、

はい。
ワタシも、また映画観たいです。
今度は、日本語字幕付きで❗️

ワタシこそ、
rimaさんの勢いのあるコメントに触発されて
ついつい、コメントのお返しで
チョットした、ネタバレ書きたくなりました。

世間では、まだまだジケンのことについて、
心無い事を言ったり、書き込みしたりする人もいるようですが、、、
この映画のユチョンの演技を観たら
もう、そんな事は気にする必要も無いと思えましたよ。
ユチョンは、これからも
大丈夫だと思えました。

ニホンオタクのユチョンは、ユチョンオタクのワタシたちのところに
必ず、戻ってきますよー❤️

ルシドリをニホンでも観れるようになって、
その日を楽しみに待っていたいですね。

れおな

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?