REONAわーるど

日々の暮らしについて、仕事・趣味・旅行について覚えておきたい出来事の記録です。

Take a look at this

「 コレがユチョンのコトでは なかったなら? 」

 07, 2017 07:12
おはようございます。

さて、

突然ですが、


最近、

分かった事があります。


何かユチョンと関連する情報を耳にしたら、


「 コレがユチョンのコトでは なかったなら? 」


ワタシは、どう思うのかなー?


と、

そんな風に考える癖がついている様です。



この癖はいつの頃からなのか?


多分、去年の秋頃位なのかな?




何かユチョンに関連する情報があれば、、、

特に第一印象で、

良くない情報?と思えるようなコトであれば尚更、

「 コレが、ユチョンのコトではなく

他の韓流スターのハナシだったら? 」

と考えてみます。




最近も

あれ?って思う情報がありましたね。


誣告罪で在宅起訴された

二番目の女性の裁判が始まり、

その一次公判で、

この女性側から「 国民参加裁判 」を申請した。

との事。



最初の印象は、

へえー

あーあ。やっぱりね。

反省していないのねー




そして、

「 コレがユチョンのコトでは、なかったなら? 」

と考えてみたら、、

こう思いました。





この件については、

誣告罪で在宅起訴されて、

裁判が始まったばかりです。

そして、

それが、正当に申請可能な手続きなら、

起訴された相手にも申請する権利はある。

「 国民参加裁判 」を申請したならば、

その申請について協議されるのは

当然の事だと思います。

ただ、

今は、

それだけの事実です。

そして、

これからも裁判は続きます。






しかし、

ユチョンに対しての「全てにおいて嫌疑なし」は、変わらない確かな事実です。



3月16日JYJオフィシャルサイトの

「パク・ユチョン捜査結果による公式立場」の文章をもう一度読み返してみた。


*****



ソウル中央地方検察庁は2017年3月13日、

パク・ユチョンに対して提起された強姦など4件の告訴事件と関連し、

4件全てにおいて嫌疑なしの処分を下しました。



特に江南警察署から

性売買意見として送致された2次告訴事件に対しても

全く理由がなく嫌疑なしとする一方、

2次事件の告訴人に対しては同日、

ソウル中央地方裁判所に誣告罪で在宅起訴しました。



また、恐喝などで拘束起訴された1次告訴事件に対しては、

ソウル中央地方裁判所は去る2017年1月17日、

告訴人など3人に対して恐喝未遂及び誣告罪を認めて、

懲役2年などの実刑を宣告しました。

3次告訴事件と4次告訴事件の場合、

告訴人の行方が不明のため誣告罪捜査が進行されませんでした。


これにより、

昨年6月より進行していたパク・ユチョンと関連した全ての事件は、

嫌疑なしで終結されました。



いかなる理由にせよパク・ユチョンは、本件で社会的に物議を醸し、

ファンの皆様からの愛を受ける人として

道徳的な責任感を持つことができなかったことに対して

心より深くお詫び申し上げます。


また、捜査結果を見守り最後まで支持してくださった

国内外のファンの皆さんに深く感謝申し上げます。

パク・ユチョンは、この事件を公人としての人生を振り返りながら反省いたします。



*****


この公式発表を受けての

2回目のファン連合声明も

もう一度読んでみた。


そして、

気になったのは、


この第4項

パク・ユチョンの韓国と海外ファン連合は、

所属事務所に虚偽事実の流布と悪質な書き込みによる深刻な名誉毀損に対して

早急な法的対応でパク・ユチョンの名誉回復ために尽力することを強く要求します。



国内外のファンの皆さんは、

強く要求してるんだけど、、、

「 早急な法的対応 」

この件について、

事務所は、動いているよね?

って

こっちの方が気になってきたワ。



最後の第5項

こっちもとても気になるわーーー

違う意味だけどねっ。



パク・ユチョンの韓国と海外のファン連合は

パク・ユチョンの今後の活動を待って応援します。



「 今後の活動 」

って、


はあ〜


いつ聞いてもいいフレーズですねーー


「 今後の活動 」

「 今後の活動 」

「 今後の活躍 ❗️」


楽しみに待っていましょうね〜❤️







いつも応援して頂き、ありがとうございます。

前回の記事にも

たくさんのコメントを頂きありがとうございました。

お返事させて頂いています。

もう、お読み頂いているでしょうか?


コメントについては、

承認出来ないコメントもありました。

個人が特定される様な情報を

公開コメントで頂いても承認出来ませんよ。



さて、次こそは、

「ソウルの旅」の記事を書きたいと思っています。




それでは、また〜






にほんブログ村 芸能ブログ JYJへ
にほんブログ村







COMMENT 4

Fri
2017.04.07
16:40

rima

URL

こんにちは REONAさん。
”八ッと覚醒”の今日のブログでした。。。

「国民参加裁判」の申請。
どのような人であれ与えられた権利はある。
それに対して裁判所が判断を下す。
その流れ経て、今から始まるユチョンが訴えた裁判がある。

私はこの申請の事を目にした時、何とも言えない不快な気分に陥ってしまい
また煽情的な記事でユチョンが貶められるかも知れない・・・
当時の無分別な報道に因る社会現象へのフラッシュバックもあり
漠然とした不安を覚えていたのでしょう。。。

そして今、下された「全て無嫌疑」の判決をより強く信頼すべきだし
まだ判断もされていない事で動揺してはならないと思っています。

自分では強く静かに見守るの覚悟が出来ていたと思っていましたが、
まだまだ足りていませんでした。。。(笑)
局所的でなく全体的な目で見守っていかないとならない
そのように改めて感じた今回の一件でした。

ユチョンはその真っ只中で頑張っているのだから、
ファンも胆力が必要ですね。。。

今日のブログでまた力を分けて貰いましたが、
REONAさんの目線のあり方、物事の捉え方を見させて頂き
「ワタシ二モ ソノ タンリョクガ ホシイ・・・」
心底そう思いましたよ。

これからもユチョンの「今後の活躍」を楽しみにし、期待し、
出来る限りの応援をしていきます!!
宜しくお願いしますね。 m(__)m








Edit | Reply | 
Fri
2017.04.07
18:06

みるきー

URL

そうですよねΣ(・ω・ノ)ノ!

れおなさん、こんばんは☆

二人目の告訴人の裁判が始まりましたね。
すんなりはいかないだろうな~と思っていましたが案の定でした。
あのヨジャ団体がまた出てきたんですね。
国民参加裁判? おそらくこれも入れ知恵したんでしょう。
一人目がダメなら今度は二人目~言葉は悪いですが利用する価値が無くなればそれまでな気がします。
早速韓国ペンさん達がまた動いてくれてるようで本当に有難いことです。

それにしてもイライラしてしまうのはこの二人目の裁判の件だけではなく、れおなさんも挙げてらっしゃる通り、事務所がまだ動かないことです。
以前コメントさせていただいたときも書きましたが声明文の4番目に特に注目してました。
去年の7月の公式発表のとき、ひつこいほど出てきた「法的処置」はいつやってくれるんでしょうか?
ユチョンの嫌疑は全て晴れましたけど?
ファンの声明文も出てますけど?

なのに3月に出た公式にはあの法的処置という言葉が全くありません。
これはいったいどういう意味なのか~今回の事件は告訴人達だけの罪ではなくてマスゴミやネットユーザーも同罪だということをハッキリさせるべきだと思います。

私も今回の事件がユチョンじゃなかったら。。。、自分がユチョペンじゃなかったら。。。と何度考えたか知れません。
きっと世間一般的な印象しか持たなかったでしょう。
だからこそユチョンにはその一般的な印象をひっくり返すくらい見事に復活してほしいですね。

ユチョンが事件で失ったものや受けた傷は計り知れません。
でも変わらず残っているものもあります。
ユチョンの実力と離れずに支持したファン。
今まで積み上げてきたものに傷は付けられたでしょうが、完全に無くなったわけではないですよね。
これからまた続きを積み上げて行ってほしい、そのためにこれから始まる声明文の5番目の「今後の活動」を応援したいと思います(*'▽')

Edit | Reply | 
Fri
2017.04.07
22:05

URL

To rimaさん

rimaさん

こんばんは
早速のコメントをありがとうございます。
今回頂いたrimaさんのコメントですが、
ワタシの言いたかった事を
言葉の 足らない部分を補って
わかりやすく解説頂いた様なコメントの様に思いました。
ありがとうございます。

ワタシに胆力があるかどうかは、分かりませんが、、、

この一連の誣告の裁判について、思っている事があります。

少し長いですが、書きますね。

この誣告の裁判で、
ユチョンを応援してきたユチョンのファンは、
悲しんだり、傷ついたりしてはいけないと思えるんです。

ユチョンが被害者として訴え出た裁判です。
ユチョン自身も苦労するかも知れないが、
それも覚悟の上で、
先に告訴された件について
自分の潔白を証明するためにも闘い始めた裁判です。
言わば、ユチョン側から仕掛けた闘いです。

闘い始めた時は、勝利は信じても
その結果は、まだ出ていなかった。
それでも、第一番目の誣告裁判に証人として召喚され
ユチョン本人も証言台にも立って、立派に義務を果たしました。
公平なる裁判の結果
相手には、実刑判決が下った。
実刑判決が出て本当に良かったです。
この事実が重要でした。
この二番目の女性は、
それを見てる。
知ってる。
その上、
ユチョン自身に対して告訴された件については、
「全て嫌疑なし」の結果も出ています。
これも知ってる。
この女性は、自分の罪が分かっていると思います。
相当に罪深い事をしたと自分で知っています。
でも、
その自分の犯した罪に対する罰を受けるのがイヤなんです。
だから、
なり振り構わず、「国民参加裁判」を申請したんだと思います。

よく考えたら、
こんな方法の裁判は選択しないでしょう。

初めて顔を見た様などこの誰とも分からない陪審員たちに
こんなプライベートな件について
逐一説明されたり、証言しないといけないんですよ。
この時、どんな目で陪審員から見られるんでしょう。
ユチョンは、嫌疑なしです。
この女性が何を言ってもそれは変わらない事実です。
ちょっと想像するだけで、、、
この方法を選択した方が、
罪を犯していると何処かで自覚している女性本人の方が、
裁判が進むに連れてどんどんと、
とても辛い思いをするのではないかと思います。

そんな事も分からない
考えもしない。
想像もしないで、
捨て身の方法を選択して申請したんでしょうね。
哀れですね。
でも、
裁判は、
これからも続くのですから、
通常の方法の裁判でも、
前回と同じ様に
ユチョン本人も証人として、
この裁判にも召喚されるかも知れませんね。
そして、前回と同じように
被害者が2次的被害を被る事がない様に配慮されると思います。
今回の「国民参加裁判」の申請について協議されるように。
どちらも当たり前の権利だと思います。

そして、今回の裁判でも、
ユチョンが
証言台に立つ事になれば、
また立派に真実を証言するでしょう。

自分自身のために。
自分を応援するファンのために。

だから、
ワタシたちファンは
この誣告の裁判でも騒がずに見守っていたらいいのかな。
と思います。

それでも、ユチョペンだから、、、、
平常心でいるためには、
「コレがユチョンのコトではなかったなら?」
と少し、クールダウンする事も時には必要な事なのかな?
と思っています。

これからもまだまだ、待つ事になるでしょうけど、
ユチョンだから期待出来ますね。
「今後のユチョンの活躍」を楽しみに待ちましょうね。
こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願いします。

れおな

Edit | Reply | 
Sat
2017.04.08
07:03

URL

To みるきーさん

みるきーさん

おはようございます。
コメントありがとうございます。

2人目の誣告裁判、始まりましたね。
はい。そうですね。
本当に捨て身作戦の方法を選択するとはね。。ですが、
しかし、
認められている方法だから正当な権利で申請したのでしょう。
あの女性団体も、
自分たちの信念と云う「欲」のために
ユチョンを利用しようとしているのは最初から変わらない様ですね。
そこはやはり同類だと思います。
今回も両者が手を組んでも不思議ではないですね。
いずれにしてもこの二番目の裁判は始まったばかりですから
これからどの様に進んで行くのか静観していましょう。
ユチョンも必要とあれば、裁判に協力するでしょう。
結果としては、
やはり犯した罪に相当する罰を下して貰いたい。
と思います。
実刑判決を期待しています。
そうなんです。
この裁判が始まった今、
事務所は
マスコミに対する法的処置を効果的に進める好機が来ていると思います。
今、動いて貰いたいですね。
今ですよね。

マスコミ全体に「モノ申す」ことは、実際問題として、
色々な意味で難しいでしょうけれど、

この今の誣告罪の裁判を受けている本人とも深く関わっている
「PD手帳」と云う番組に対しては、
名指しで「名誉棄損」等で訴える事は出来ると思うのですが、、、
実態の掴めないマスコミ全体を相手にするより
今、特定して1つでも先に法的手段に出るべきだと思えます。

この件に関わった全てのマスコミとネットユーザーから
ユチョンは、被害を被ったと言えても
芸能事務所だから、現実のところ
ユチョンのためだけに韓国中のこの全てのマスコミやネットユーザーを訴える訳には
いかないでしょう。

だったら、マスコミ全体にも影響を与える事が出来る様に
1つの事案について
徹底的に法的に闘って貰いたいです。
圧倒的に勝利を納めて貰いたいですね。
番組に出演して嘘の証言をした本人とその番組
両方を法的に訴える事が出来る
「PD手帳」は、格好な相手だと思いますが、、、
片方を誣告罪で裁判中ですし、、、
と、勝手に思ってしまいますが、
まあ、
何処を相手に選んでいようが、
法的手段に訴える準備してくれていると期待したいです。
好機を逃すと効果も半減しそうですね。

そうなんですね。。。。
ワタシは、
今回のジケンが、ユチョンではなかったら?とは、
考えなかったのですが、、、、
ジケンの告訴内容については、
ユチョンはそんな事は出来る人ではない。
と思っていました。
しかし、
去年の秋ごろからは、
ユチョン関連について様々な情報が耳に入ると
その事を自分がどう思うかを考える時に
「 コレがユチョンのコトではなかったら? 」
と云う仮定で
もう一度、考える癖がついていたようです。
今では、2段階で考える様になっていますね。

そうですね。
ワタシもユチョンの復活にとても期待しています。
こんな辛い経験も
自分が自分になるために
次の段階に上がるための肥料だったと
生かしてくれて更なる魅力を備えた
正に、「逞しく成長したパク・ユチョン」に逢えると期待しています。
はい。
「今後の活動」を応援したいですね。
それまで楽しみに待ちましょう。

れおな

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?