REONAわーるど

日々の暮らしについて、仕事・趣味・旅行について覚えておきたい出来事の記録です。

Take a look at this

「謝罪文」ではなく「お願い文」だったのか。。

 01, 2017 08:18
おはようございます。

前回の記事から、少し時間が経ってしまいました。

この記事は、
前回の記事の続きになります。
ユチョンと思われる人のインスタの文章について
気になる二つ目を書きます。

が、

その前に
一つ目のおさらいをしておきたいと思います。


このユチョンと思われる人のインスタ
(「WHO YOU ?YU?インスタ」と云うことで「WYYインスタ」と以下書きます。)
の文章について

ワタシが、気になることは、大きくは、二つありました。

一つ目は、前回の記事に書いた通り、
「死にたいぐらい申し訳ない」
この言葉です。

気になって気になって、仕方ない。
言葉通りに受けとるには、
ワタシには、違和感があり過ぎました。

そこで、
この言葉の真意を考えてみる事にしました。
考えた末、出てきた答えは、

「日本人と韓国人の言葉の感覚の違い」です。

これは、もう、或る意味、大袈裟ではなく、
文化の違いと言ってもいいのでしょう。

あの後、
前回の記事を読んで頂いたユチョペンさんと
LINEで少し話しました。
記事を読んだ後に
祖母から「縁起の悪い言葉は使ってはいけない。」
って、教えられた事を思い出した。
と話してくれました。

あっ、そうやね。
日本には、昔から「言霊信仰」が日常生活に根付いているから、
日本人は、「死」がつくような言葉は、滅多に使いません。
正に、「縁起が悪いから」です。

特定の場所では、数字の「4」も「死」を連想させるので
使わないことがある程です。
冠婚葬祭にも「忌み言葉」がある国ですから
意識せずともそんな文化で生きてる日本人であるワタシ達が、

「死にたいぐらい申し訳ない」との文章をWYYインスタで

突然、目の当たりにしたら、
ビックリして、気になるのは、
当然な事かも知れません。

もし、

素直にこの言葉通りに受け取れば、
とても心配で辛い気持ちになるでしょう。。

しかし、

結論としては、前回の記事の通り
「死にたいぐらい申し訳ない」は、
「とても、とても申し訳ない」の意味であると

ワタシは、理解しています。

「韓国人は、兎に角オーバーに言う。でも深い意味がない。」デスね。


さて、

では、

ここからは、今回の本題です。

気になる二つ目は、
この文章の目的です。
この文章が書かれた理由とも言えるでしょう。


この文章、、、

先ず、突然の事に驚きました。
長い間、待ち焦がれていたユチョンからファンへの言葉です。
ユチョンからは、ファンに対して、
今まで直接的に、何も知らせがありませんでした。

ユチョンから直接語って貰いたい。
そう切に願っていました。

ずっと待っていました。期待していました。
無視する事は辞めて、
ケジメとして、ちゃんと行動して欲しい。
それが、

突然、現実となった訳です。

しかし、、、、

残念な事に、謎が多過ぎました。

先ず、
大前提であるべき本人確認が出来ませんでした。
本人が書いたのかどうかも
ハッキリ分からない文章です。

この時点で、
この「謝罪文」は、正直、ワタシには、OUTです。
誰が書いたか名乗らない 文章では、
その中身に何を書かれていても信用する事が出来ません。
この文章は、責任の所在が無い文章です。
本気で言いたい事があるなら、伝えたい事があるなら、
主語をハッキリ書くべきです。


とは言っても

このWYYインスタの文章は、
ユチョン本人の可能性が大いにありますから、
「OUT」と思いつつも、
ちゃんと読む事にしました。

ワタシは、

この文章を理解するために
書き手の言いたい事を読み取ろうとしました。

しかし、
この文章は理解出来ない部分が多いです。
読んでいるとモヤモヤして来ます。

一番の謎は、

書き手の意志が伝わって来ないことです。
結局、この文章で何が言いたいのか?
よく伝わって来ません。

それは、この文章には、会話の基本である
「5W1H」が、明確に書かれていない事が原因かもしれません。


When(いつ)

Where(どこで)

Who(誰が)

What(何を)

Why(なぜ)

How(どのように)

したのか、、、

その全てが、あやふやな文章に見えます。

「5W」を

先ず検証してみます。

この文章を「謝罪文」だと、仮定した場合です。


①When(いつ)

今のタイミングです。

今までずっとダンマリを続けていたのに、
今、謝罪しました。
その今であるキッカケや
必要性や動機が
この文章からでは、不明です。

兵役解除の時ではなくて
何故、今の必要があったのか?
なんとなく〜では、無い筈です。
何故、このタイミングだったのでしょう?


②Where(どこで)

ハナさんのインスタからタグ付けされた
WYYインスタからです。


しかし、
ファンに対する謝罪文なら、公式で発表すべきです。
芸能人としての常識だと思いますが、、、
Cjesにもインスタありましたね。
ユチョンは、兵役入隊直前には、そこからファンに挨拶してくれましたね、

何処から発信するのか
他にも選択方法はあったと思います。
例えば、
最近では、
兵役中のTOPさんは、ファンに対して謝罪文を
自筆の手紙で知らせました。
兵役中でも手紙を書けることは周知の事実です。

ファンへの謝罪が目的なのに
わざわざ、ハナさんのインスタ経由から
このWYYのインスタである必要性が
何かあったのかしら?


③Who(誰が)

明らかではありませんが、、、
おそらく、パク・ユチョンです。

公式からなら、
コレも何も問題になりませんでした。
誰であるかは、明確です。
しかし、
公式でない場所なら、
尚更、自ら名乗るべきでした。

誰か分からない状態で、謝罪するとは、
相手に対して失礼に当たると思いますが。。。

いくら、「申し訳ありません」と言葉を重ねても
本気で謝罪する気持ちがあるのかどうか
真剣さを疑問視されても仕方ないと思います。


④What(何を)

「謝罪」ですか?

この文章で何をしたかったのでしょうか?
何が言いたかったのでしょうか?
ただ、謝りたかったのでしょうか?
最初から最後まで、謝罪ばかりですね。

「本当に申し訳なく、謝罪したかったです。」
「本当に死にたくなるほど申し訳ない」
「ごめんなさい」
「本当にごめんなさい」
「申し訳ございません」
「ただただ本当に申し訳ないです」
「いつもみなさんには申し訳ない気持ちです」
「本当に申し訳ありません」
「本当に申し訳なく感謝します、、」

こんな風に
何度も、何度も
謝罪の言葉が登場するけれど、、、

①②③全てが、ハッキリしていない状態で、
謝罪の言葉を言われても
腑に落ちません。

そして、
謝罪して
結局は、何がしたかったのでしょう?

「もう一度やり直すのは、僕の意思とは関係ないような気がします。」
「気持ちをちゃんと伝える日が来る事を願います。」
「必ず、必ず、皆さんに挨拶できる日が来ることを願います」

気がします。
願います。

とは、まるで他人事の様です。
自分の努力では、
力が及ばない事だからと、
復帰することも
ファンに会うことも
他に任せて、
自ら努力する事は諦めて
ただ、願っているだけの状態ですか?
自分だけの世界で完結しています。

しかし、
最後の文章では、

「僕、、、ハナ 応援して下さい」と、お願いしています。
「僕、、、ハナ 応援して貰える事を願います。」ではありません。

「願います」でなく、「して下さい」と相手にはっきりと要望しています。

ここで、初めて書き手の強い意思を感じました。


⑤Why(なぜ)

何故謝罪したんでしょう?
理由がある筈です。

自分の気持ちを軽くするために謝罪したのか?

自分が傷つけたファンの気持ちを軽くするために謝罪したのか?

普通は、誰かに謝罪するのは、許しを乞うためです。

それが理由なら、

ファンに対して、
「会いに行く日まで、挨拶に行く日まで待っていて下さい。」
とお願いすべきです。

しかし、
ファンに対してお願いした事はただ一つです。
「僕、、、ハナ、応援して下さい」だけでした。

ここで疑問があります。

これが、ファンに対する謝罪文であるならば

ハナさんが何故この文章に登場するのでしょうか?

ハナさんは、ここでは関係ない人ではないでしょうか?

寧ろ、敢えて言うなら、

ここで登場すべき人は、メンバーではありませんか?

「僕、、JYJ、応援してください」これなら、スンナリ納得できましたが。。。。


最後は

How(どのように)したいのか?
何を望んでいるのか結論を書く番です。

でも、

その前に

違う前提でこの「5W」を検証してみます。

書き手の意思を強く感じた

「僕 、、ハナ 応援して下さい」

これが、インスタの文章の目的であり、一番言いたかった事だと仮定した場合です。

「お願い文」としての仮定です。


①When(いつ)

ハナさんのインスタライブが終わった後です。

ハナさんのインスタの動画に
とうとうユチョンが顔を出しました。
ピースサインまでする姿も映し出されました。
そのためにカラオケ店に遊びに行った事が世の中に知れ渡り、
世間からは非難され、ハナさんのインスタは大荒れだった様です。
この文章が公開されたのは
こんな状況の直後でした。

②Where(どこで)

WYYのインスタからです。

ハナさんのインスタからタグ付きでこのWYYインスタの存在が
明かされ、この文章が発信されました。

③Who(誰が)

明らかではないですが、、、
恐らくは、パク・ユチョンです。

しかし、誰かに心から謝罪する文章ではなく
お願いの文章ならば、
身分はあやふやでも、
それ程問題では無いのかも知れません。
ただのお願いですから。

④What(何を)

「僕、、、ハナ 応援して下さい。」

応援です。


⑤Why(なぜ)

ハナさんを助けたかったのでしょう。。
前後の状況から察すると、、、

ハナさんのインスタには、
ファンから酷い書き込みもあった様です。
世間からも非難され、
カラオケ店に行った事まで世間から叩かれて
公益勤務であるユチョンにとっては
またもや良く無い印象を持たれそうで、、
ハナさんも辛い立場に立たされていたようです。
そんなハナさんを守りたかったのかな?
「ハナを攻撃しないで下さい」
これが
この書き手の本音なのでしょう。
そして、
一番の望みなのでしょう。。

そのために
今まで、ずっと無視し続けていたファンに対して
謝罪しました。
ハナさんのインスタを読んでいるファンに
この文章を読んでもらいたかったのでしょう。
わざわざ、ハナさんのインスタ経由で、タグ付けで
導いてWYYのインスタで文章を公開しました。

そして、
取り敢えずは、
何度も何度も申し訳ありません。
と謝罪しました。
もちろん、もともと自らも
謝罪したい気持ちは、持っていたとは、思います。
申し訳ない。
と思ってる気持ちに偽りがあるとは
思えません。
しかし、
一番の目的は、
ハナさんを守るためです。
一番の目的が
ファンへの謝罪なら
ここにハナさんは必要がない人です。

ユチョンと思われる人。
大切なファンへの謝罪を
ハナさんを守るための道具に出来たんですね。

さて、
これで
検証は終了です。

結論の前に
この後の経過も書いておきます。

ハナさんは、
自らのインスタでも一度は、謝罪しました。
しかし
その後、
直ぐに
謝った事が間違いだった。
と言い捨てた後
いつもの様に
インスタを削除しました。

WYYのインスタも
これに同調する様に
最後の長文を公開して
1日も経たないうちに
全ての投稿は削除されました。
今では、
あれほど謝罪の言葉を書いて応援して下さい。とお願いした文章は、
存在していません。

さて、
結論です。
HOW
どの様にしたかったのか?
何がしたかったのか?

この文章は、「謝罪文」だったのか 「お願い文」だったのか?

ワタシの答えは、
もうお判りだと思いますが、
「お願い文」です。

理由は、
やはり、書き手の意思を一番感じる文章
「僕、ハナ 応援して下さい。」が、
その文章の一番の目的だと思うからです。
「5W」についても
その方が理解し易い。
無理なくシンプルに理解出来ます。
自然なことの様に納得できます。
物事の辻褄が簡単に合ってきます。
なるほどね。、、と。

しかし、
これは、ファンとしては、、
かなり、、悲しい、残念な結果です。

最初は期待して読んでいましたが。。。
謝罪したい気持ちはあるのでしょう。。
それは、分かりました。
しかし、
最後の最後に。。。。。コレとはね。。
がっかりです。


もちろん、

この文章について、ワタシとは全然違う考えをお持の方もいるでしょう。。

当然だと思います。

人は、同じものを見ても
自分の思いたい様に
物事を理解して解釈します。
解釈が違えば意味も変わるでしょう。

「ユチョンがファンにあんなに謝罪したのに、それ以上何を望むの?」

そう思う人もいるでしょう。。
それは、その人にとっての真実なんでしょう。
だから、
それで良いのだと思います。

ただ、、、
この一件で感じた事があります。

ユチョンと思われる人。。。
いや、、
ユチョン、、、

もっと正直に自分の心を見せてくれたら良かったのに、、、、

もっとファンを信じてくれたら良かったのに、、、、、

途中までは、、

正直に話してくれていた部分もあったと思う。。

でも、肝心なところでは、

素直に自分の気持ちを伝えられなかった。


例えば、、、

「報告が遅くなりましたが、
ハナさんと結婚して幸せになりたいと思っています。
未熟なところや不足するところがある二人ですが、
暖かく見守ってください。
僕とハナを応援して下さい。」


パク・ユチョンとして
正々堂々と公式に
こんな結婚発表をすれば良かったのにね。。。


ユチョンがファンに対して
今まで、ずっと
ダンマリで無視する態度でいても
どうしても気に入らない女性を
結婚相手として選んでいても、、

それでも、

ファンは、

ユチョンの幸せを望んでいます。

願っています。

もう、

そんな事も分からなくなったのかな。。。。

自分のファンも信頼出来ないのかなぁ。。。




このインスタで、文章を公開したが、、

結局は、

ファンに真意を伝える事も出来ず、

世間的には良い評価も受けれず、

ハナさんを助ける事も出来なかった。

これが、

今回の騒動の顛末だと思いました。

残念な結果でした。




それでも

ワタシは、

自分で決めたケジメの日まで

ユチョンの兵役解除の日。

その日までは、

ユチョンを待っています。



何をしたのか、何をしなかったのか

その気持ちの動きも

自分なりに考えながら、

待ちたいです。

未だ、

ワタシは、

ユチョンの今の気持ちが知りたいと思う様です。


今までは、

そんな事は知る必要がなかったけれど。。。



一緒に同じ方向を向いて、同じ夢をみて歩いて来たから


同じ夢。

JYJとしての芸能界での成功。

ちゃんと立って行ける様にと

JYJとファンは共に手を取り合って一緒に歩いて来たね。

特に日本人ファンは、

JYJを韓流スターにするために

とても、みんな頑張ったと思う。

JYJを支えるために。

ファンもJYJも同じ夢を見て来た。

これからも

ずっと一緒に歩いていけると思ってた。

でも、

今は、ユチョンの心が見えない。

JYJの心も見えない。。。

遠いなあ。。。

何処にある?



まあ、

だからこそ、

避けずに

ちゃんと見ていようと思っています。

そして、

今回のこの文章が、

身分がはっきりと分からない非公式の文章で、

寧ろ、良かったと思います。

正直、助かったね。




さて、

もう、

今日から8月になりました。

イヨイヨ、決戦の日が来る




どうか、、

兵役解除になったその日には、

公式にファンに対して挨拶して下さい。

芸能人として、


それが、

ワタシの

ユチョンに対する

最後の望みであり、最後の期待です。





******

またまた
長い文章を最後まで
お読み頂きありがとうございました。

さて、
次は、
初めて参加した懐かしのブラスミサイン会の事を
書いておきたいと思っています。

2012年7月26日の事でした。

ああ、もう、あれから、、、5年も経つのか。。。
と、
当時書き留めていたメモを
久しぶりに読み返してみたら、、
書いておきたくなりました。
そこには確かに
素敵なユチョンがいました。


暑い夏の日でした。



2017073122215832f.jpg

20170731222632c07.jpg


それでは、また!










COMMENT 4

Tue
2017.08.01
13:55

yuu

URL

ユチョンのそばに大人のカウンセラーがほしい

れおなさん、3度目の(たぶん)コメです。

まずはお仕事ご苦労様です。
私も似たような分野の仕事をしているので仕事の進め具合はわかります。
順調で何よりです。

みなさんの多くが感じたように最初「謝罪文」らしきものを読んだとき、本当にユチョン?と思いました。あまりに稚拙で感情的で、これが1年間待っていた彼からの肉声かと思うと「情けない」の一言でした。違う人ではとの期待もむなしく、否定文が出ていないところを見ると、ほぼ彼でしょう。

れおなさんの分析で私もこれは「謝罪文」ではなく「お願い文」であると確信しました。前後の流れからしてもそうですね。インスタに集まる罵詈雑言から彼女を守るための行為でしょう。「僕、、ハナ」の最後の文字が決定的です。

ますます、大きなため息が出ます。
今のユチョンは結局、インスタの世界がすべての彼女によってしか外界(ファンや一般人)とつながっていないのでしょう。
そうなると、一般社会から痛めつけられたユチョンを守る(というのが使命と勘違いしている)彼女が今、一般社会から痛めつけられていて、それは自分のせいであるから、だから表面に出てきた。という流れで、結局のところ2人だけの慰めあう世界が露出してきただけのことでしょう。

あの想像を絶する報道合戦(事件発覚後の)から今までの間、誰かユチョンのそばに精神的安定性をコントロールしてくれる大人(カウンセラーのような専門的な人)はつかなかったのでしょうか。
事務所や家族は何か手立てを考えていなかったのでしょうか。
いつのまにか、特異といえる性格を持つ女性がユチョンの前に現れ、ユチョンは彼女をがいしてしか外の様子を見れなくなっている気がします。

だからあんな中途半端なメッセージを不意に世の中に送ってしまう。
まったく俯瞰的に世の中を見れなくなっている。
仕方のないことだと思います。ポータルサイトを見るのも怖かったでしょう。
だからなおさら事務所が、周りの良識ある大人が彼を徐々に立ち直らせるべきでした。

あの謝罪文とその直後に出た彼女の長文に対して、どこかの記者の記事に
「何でも他人のせいにする前にパクユチョンとファンハナは知っておくべきことがある。《何もしなければ、何も起こらなかった》」
こういうのがありましたが、そんなことも当の2人にはわかっていないのが現状なんでしょうね。

私ももうユチョンに対してのときめきの感情はありません。
でも公益解除の日まではれおなさんと同様、ユチョンからのきちんとした声明文が発表されることを期待して待とうと思っています。



Edit | Reply | 
Tue
2017.08.01
20:32

みるきー

URL

驚きと疑問と虚しさと

れおなさん、こんばんは♪
とうとう8月に入りましたね。
あんなに待ち望んていたユチョンの公益解除~まさかこんな気持ちで迎えることになるなんて2年前も今年の3月までもそれぞれ違うものになってしまいましたね。

あの突然の謝罪文。。。イヤお願い文でしたねw
私も感想聞いてもらいたくて出てきました。
とにかくあのカラオケでふざけてた直後のタイミング、インスタという手段、なんだかな~という内容。。。
私には「驚きと疑問と虚しさ」が正直な感想でした。

死にたいくらい申し訳ないわりには最後に応援してってなんじゃそりゃ?って思ったんですが、れおなさんの解説で納得しました(*´ω`*)
私が一番ビックリだったのはユチョンに復帰したいという気持ちがあったことでした。
私は前回のコメにも書いたように完全に引退するか、もしくは無期限活動休止としておいて芸能界に復帰する気は彼女と出会ってからは無いものと思い込んでいましたので。
そして次に驚いたのはファンを無視してダンマリ~が実は怖くて自信がなくて謝罪出来なかったということでした。
復帰を考えていたのなら、なんで女性を紹介してもらったの? なんで結婚を急いだの?
なんで謝罪から逃げてたのにデートはインスタやメディアで人目に晒し続けたの?
なんで復帰の相談が事務所やメンバーじゃないの?
なんで瘡蓋だらけの体にTATOO入れるの?
なんで事件のことだけに謝って結婚に逃げたことに対しては謝らないの?
なんで謝罪しながら自分だけじゃなく彼女も応援してなんて言えるの?
とにかく全部「なんで?」だらけでした。

あのインスタでユチョンのことを「心が病んでる証拠だ」とか「復帰する気があってよかった」とか擁護してるユチョペンさんも居ますが私にはとてもそんな気持ちにはなれませんでしたね。
本気で復帰したいなら、しっかり反省・自粛してる姿を世間に見せないでどうやって世論が許してくれるでしょう?
事件は法的には無嫌疑でも無実ではないのです。
兵役中に恥ずかしいことをしてた事実は事実であってやはり反省するべきで、去年の7月の公式にも「残りの期間自粛します」とありました。
それなのにこの最悪の展開はとても復帰なんて到底無理だと思います。
少なくともこの結婚は相手も時期も動機も全部違うでしょう。

今月末~ユチョン本人から何か言葉があるのか。。。事務所ともいい加減話し合って何か答えを出さないといけないでしょうね。
「応援してください」はユチョンが彼女から離れて一人になって真剣に現実と向き合う気持ちになった時に言ってほしかったな。
やっぱり今のユチョンはとても応援出来ないと改めて思いました。
辛口&長々~失礼しましたm(_ _)m

Edit | Reply | 
Wed
2017.08.02
20:08

URL

To yuuさん

yuuさん
こんばんは
早速のコメントありがとうございます。
いつも記事を読んでいただいて、コメントも3度目で嬉しいです。
ありがとうございます。
仕事も、似たような分野のお仕事されているんですねーーおお!
ハイ!この分野の仕事はモチベーションで勝負が決まったりするので、、
正直、、ここ数ヶ月はちょっと苦しかったです。
今はお陰様で、順調を継続出来てます。
ジヨンの歌とジヨン本人からも癒して貰っています。有り難いです。
考えれば、
あのユチョンとJYJを追いかけていて目が回る程忙しかった2014年が
仕事の結果を一番出せた時で、、、
ワタシにしたら、たくさん稼ぎました。
彼等にたくさん会いに行かないといけなかったから。頑張りました。
ワタシの金字塔です。
ホントに気持ち次第の仕事です。
この2年は停滞してたわ。。。
これから盛り返します‼️
仕事の話しが長くなり、すいません。
さて、、
今回の「謝罪文擬きの文章」ですが、、、
ワタシも最初に読んだ時は
確かに、えええ?ユチョン??って疑いました。
文章が稚拙過ぎて、、、嘘っぽい文章で、、
ユチョンっていつも詩的で
どこか心に残る文章が一つはある様な美しい文章を書く人なのに。。。
ユチョンの匂いがどこにも感じられない、、、、、
アタマのよくないワガママな性格の人が泣き言を綴った様な文章で、、、
私の周りユチョペンさんは、
マジで「ハナさん成りすまし代筆」と思ってる人もいますよ。
まあ、その方が、納得出来るかも?ですね。。。
この文章、誰が書いたかもホントに分からない文章です。
インスタで公開されたタイミングや、
前後の状況から考えてみてら、考えれば、考える程
ファンへの「謝罪文」よりは
「僕、、ハナ、応援して下さい。」の「お願い文」の方が
スンナリ納得出来るなあと思いました。
そうなんですよね。
ユチョンの側には、
今は、
大人のカウンセラーの役目をする人は、、
いない様ですね。。。
仰るように、、、
今ユチョンの周りには、
ハナさん以外の人は居ない様に思われますね。
ちゃんとした大人のアドバイスをしてくれる方も
ジケンの最初の頃は
側にいてくれたと思いますよ。
ユチョンの俳優としての才能を大切に思い
ユチョンのために動いてくれてた人たも
存在していたと思います。
しかし、
ユチョン本人が
大人のちゃんとした人からは
逃げているのではないですか?
耳に痛い言葉は聞きたくなかったのかな?
JYJのメンバーとも疎遠なのかな?
ファンや、メンバーのこと、復帰後の仕事のこと。
考えないといけないことを
先伸ばしにして
ただ、
逃げて
気楽なハナさんといつも一緒にいて
楽しい事しかしない。。。
その究極が「結婚」と云う選択だったのかなあ。。
無嫌疑の結果が出てからも
更に何も考えずに
彼女の望み通りに好き放題し放題してきた様に
ワタシには見えます。
自分たちの調子に乗り過ぎた行為で、
世間から非難されても、
ユチョン本人が、非公式でも
「謝罪文擬き」をSNSで出せば許して貰えて、
少しは、ハナさんへの非難が収まると踏んで
この文章を出したんでしょうね。。。
でも、
世間はそんなに甘くないと
今回初めて思い知ったんでしょう。。
それで、、、、
静かにしてるのかな?
今は、ハナさんもインスタは公開していない様ですね。
そんな記事があったんですね。
知りませんでした。
引用させて貰ます。
「何でも他人のせいにする前にパクユチョンとファンハナは知っておくべきことがある。《何もしなければ、何も起こらなかった》」
そんなことも当の2人にはわかっていないのが現状なんでしょうね。
ですね。。
yuuさんの仰る通り、
当の二人は、自分たちがしてきた事の意味を理解していないのでしょうね。
今回、何故、こんなことになったのか
振り返って考えてくれたらいいんですけど。。。
自分たちで気づいて貰いたいですね。
残念ながら、何も考えないなら、
根本的に変わらないから
また同じ事を繰り返すでしょうね。
そうなると、
兵役解除になってからの方が
ハナさんのインスタはパワーアップしてそうです。
この先もずっと、、、悩まされ続けるのかな?
ユチョペンさんたち。。。。
そのうちJYJペンもトバッチリ喰らいそうです。
ハイ。
ワタシもケジメだから
兵役解除の日までは、待ってます。
ユチョンには、
堂々と顔上げて、
気合い入れてスターのカッコイイ姿で、
挨拶して貰いたいです。
一緒に期待して待っていましょう。
最後の最後ですから。
れおな

Edit | Reply | 
Wed
2017.08.02
22:11

URL

To みるきーさん

みるきーさん
こんばんはー
早速のコメントありがとうございます。
ですよねー
あの「お願い文」ねええ。。。
「驚きと疑問と虚しさ」
確かにそうですね。
ワタシには、追加で「怒り」💢もございました。
コレが一番大きかったかなあ。。
今まで散々ファンを蔑ろにしておいて、
その上
本来なら真摯な気持ちでファンに
謝罪する必要があったのに。
ファンへの謝罪を
ハナさんのために
簡単に何度、何度も、何度も軽く謝罪しましたね。。。
謝り過ぎた。。。
もう、ホンマ嘘っぽいわ。。。
よくも道具に出来たなあ。。。
と、思いました。失礼極りない。。。
ハイ。
そうですよ‼️
ワタシもユチョン本人が
芸能界に復帰したい気持ちがある
ってことにビックリしました。
はあああああ?????
そう言ってるだけ?????
パフォーマンスかな?
とも思いました。
言葉は便利やから。。
でも、
屋根部屋へ電話で話した下りが、
とても具体的で、、、、
真実味を感じます。
確かに気持ちはあるんでしょう。。。(強い意志はないけど。。。)
自分の態度が、芸能界に復帰する気持ちがないと世間から思われてる態度だ
と、分かってないことにも驚きましたが、、、(鈍い?考えてない?)
ここで、、、
こんな具体的にハンドル名も出して話しするのも、、、、、
緊張感がないですね。。。
(こんな所に名前だされたら、相手が困るとか、、、配慮もできず。。。)
本当にユチョン本人なら、感覚鈍ってますね。
本来は、アタマの良い賢い人の筈なのに。。。
やること為すこと「幼稚」です。
ホントに仰る通りです。
ワタシもこの文章には、「なんで?」の連発でした。

ホンマに復帰する気があれば、、、
芸能人として
一番大切にしないといけないのは、、
ファンでしょう?
そのファンに対する謝罪文が
コレですから。。。

今してる事と言ってる事が
今、既に矛盾してると気がついていないのか?

「何も考えず、楽しい事だけしてきました。
気持ちのシンドイ事は、先伸ばしにして、放置して来ました。
僕は、体もボロボロで、泣きたいぐらい辛い気持ちだけど、
みんなには、本当に死にたいぐらい申し訳ないと思っています。
一日一日、一生懸命耐えてるから、
僕のお願いは聞いて欲しいなあ。僕とハナ 応援して下さい」

って云う文章ですね。。。
自分たちの事しかアタマにない様です。
本気で復帰を考えているなら、
ファンに対して
お願いする事が他にあると思います。

「心が病んでる証拠だ」
「復帰する気持ちがあって良かった」

人は、それぞれ自分の思いたいように思うから。。

「心が病んでる証拠」だからと
こんな文章を書いた事を許したいんでしょう。。
ユチョン本人に罪がないと思いたい人はそう考える。

「復帰する気持ちがあって良かった」
気持ちだけでは、復帰出来ないと本人が言って諦めてるけど。。。
気持ちがあればいつかユチョンに会えると期待したいのでしょう。。

全ては、本人次第です。
この文章が出てから
以前と変化があったのは、
ハナさんのインスタが静かになった事です。
コレは、今の所、偽りない事実です。
二人の考えが、今現在進行形で、
今までとは変化してることを
期待したいです。

そうですね。。
結局 は、避けて通れない。
あのジケンの事も
今までの二人の所業も
ユチョン自身も、
自分たち二人でも、
考える時間を持つ必要があると
云うことだと思います。

今の時間を振り返る時間に出来ていたら良いけど、
インスタに写真をアップしてないだけで、、
公開にしていないだけど、相変わらず、
何も考えず、今までと同じ様に
向き合うべき問題から逃げて
遊び呆けていたら、、、、、
根本は、何も変わらないですね。
どう過ごしているのかな?
兵役解除の日が
とても重要な
結果が出る日のように思います。

みるきーさん
今まで待っているんですから、
あともう少し、一緒に
期待して待っていましょうよ。
辛口・長文、大いに歓迎ですよ。
いつも正直で素直な気持ちのコメントをありがとうございます。
れおな

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?